2017 / 10
<< 2017 / 09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こちらもなんだか・・・

他党攻撃も度が過ぎると・・・

今回の選挙、前原クーデターから、いや冒頭解散から始まって排除したり欲得で右往左往したりと、議員達の人間性をこれでもかと見せ付けられ毒気に当てられて身体に堪えます。




公明党の山口代表、神戸で演説の時「鉄人28号」の替え歌。

神戸出身の故 横山光輝氏の作品で、阪神・淡路大震災の復興を願って新長田駅、若松公園内にモニュメントが立ってる。

みんなのヒーローである。
こんな使い方は悪気は無くても気分が悪い。


どうにかしてるぜ!

300議席確実とかで、もう大丈夫!ってことなんでしょう。




自民・丸山氏
「相手候補に投票する人は脳がおかしい」

10/20(金) 11:06配信 河北新報


 自民党の丸山和也参院議員は19日夜、岩手県一関市であった衆院選立候補者の個人演説会で「相手候補に投票する人は脳がおかしい」などと発言した。

 応援弁士として演壇に立った丸山氏は相手候補に投票する有権者を「認知症と言ったら怒られるけど、判断力、脳がおかしいとしか言えない」と批判した。演説会後「言い過ぎたかもしれない」と釈明した。

 演説会には約250人の支持者が集まった。



第48回衆院選

昨日、期日前投票に行ってきました。

次から次へ投票に訪れる人たちで役所が大盛況。

今回、盛り上がっているようですね



なんか間違ってるよ。2

この方も予想では当選とのこと。


稲田朋美




党内でのポジションさえ固めれば、どんなに国益を損ねても国会議員であり続けられるということになりますね~。

やはり小選挙区比例代表制は早く変えないと、とんでもないことになりますよこれ。




なんか間違ってるよ。

こういう人物が南関東ブロックで維新の比例1位で国会議員になるのかと思うと選挙制度がおかしいとしか思えませんね。

長谷川豊


「デマに決っている。犯罪として被害届を出す」〜スピード違反で話題の日本維新・長谷川豊候補にIWJが直撃!

グライダーで遊んでいると

やたらと声を掛けられます。



この日も2時間で3人に声を掛けられましたが(この動画に入れていない一人は3輪車に乗った女の子です。)、これでだいたい平均的な人数です。

一回遊びに行くと遊んでいる時間は1~3時間ぐらいですけど散歩をしている通行人もけっこう居られるためか、これまで声を掛けられなかったことはありません。

よっぽど楽しそうに見えるんでしょうか?
声を掛けてこられる方も皆さん一様にやたらニコニコされてます。

まっ、楽しいんですけどね。


この日は3人とも割りと短時間でしたが、人によっては長々と話し込まれる方もおられます。

状況の良い日には、その時間がもったいない気もするんですけど、この遊びを続けるには地域の方々の理解も重要なので出来る限り
「危険性がないこと」
「騒音がないこと」
等を説明しています。

でも皆さん聞かれるのは、どうやって飛んでいるのかが一番多い質問です。



衆院選、盛り上がっているみたい。

前原さんが民進党の仲間を裏切って出来たのが立憲民主。
安倍さんはステルス作戦とかで、人のあまり居ないところを狙って演説しているそうですが、立憲民主は新宿で大勢の前でも演説しているようです。


聴衆の盛り上がりもスゴイです。


希望の党から出馬となった松原仁さんの応援に駆けつけた前原さんと小池さん。


この映像では聴衆の様子が判りにくいですね。どうだったんでしょうか。


しかし、小林よしのりさんが立憲民主の応援演説をするとは・・・・

リベラルを排除する希望の党を極右政党だと批判していますが、ご本人が極右だと批判されていたことから考えると、やはり極右村の中に入ってみて相当嫌気が差したんでしょうね。



極右だったよしりんが批判するほど、世の中がもっと右に振れている時代なんでしょうか。


裁判官を国民が選べるのか!

最高裁裁判官国民審査も忘れないでね。


http://muranoserena.blog

今話題の希望の党☆です。

お早めにどうぞ。



ハンドランチグライダー 自作  松尾でGo !

10.9は天気が良かったので松尾でSALです。




10月初旬でも日差しが強くて気温も30℃近く、2時間ほど遊んだら汗ダクでフラフフラです。
天気は良かったけど、なかなかサーマルに乗れず、二つ目の動画の最後8投目でやっとサーマルに乗りかけたものの結局乗り切れず、この日は大きなサーマルに乗ることは出来ませんでした。



静かな遊びです。


カリンバピクニック 2017

今日と明日はカリンバピクニック。
今年で22年目。

P_20171007_161748.jpg

P_20171007_161800.jpg P_20171007_161805.jpg

P_20171007_161733.jpg P_20171007_161711.jpg



前原さんと枝野さん






福山哲郎さんも大変苦しい決断だったと思います。


ハンドランチグライダー 自作

昨年末頃から再びハマっているハンドランチグライダーの自作ですが、スパン600mm程度のマイクロサイズの製作については主翼にダイソーで売っているカラーボードを使用することで総重量を34g、翼面荷重を6g/dm2未満に押さえることでメチャ浮きの良い機体が出来て一応の納得がいきました。

が、マイクロサイズの宿命でランチ高度がせいぜい20m程度とサーマルを拾うにはかなり厳しいことと、それに伴ってダイナミック感があまり無いので投げた時の爽快感に欠けるため、最近ではもっぱらスパン800mmがお気に入りです。

 とはいえスパン800mmでもランチ高度は25m~せいぜい30m程度なのですが、サーマルを拾える可能性もグンと高まるし、爽快感もそこそこあるのでお勧めです。
製作もマイクロサイズに比べて作りやすくて、作って楽しく遊んで楽しく、保管・運搬も割りと楽、ということで一応図面を貼っておきます。


sal84左-001sal84 右-001




前原誠司さん

怨まれますね。




えっ、非難決議しないの?

いや~ビックリ。
あんだけ北朝鮮が・・・ミサイルが・・・世界中が協力して・・・
な~んて言ってたのに?

衆院
北朝鮮非難決議見送りへ 与党が不信任案提出を警戒
毎日新聞2017年9月22日 21時12分(最終更新 9月23日 02時49分)


と驚いているのは日本人だけなのかも・・・

そういえば先日の国連での安倍さんの演説・・・ガラガラだったらしいし。
7030.jpg

Screenshot_20170923-212929.jpg

Screenshot_20170923-212914.jpg



誰からも相手にされていない感じがビシバシ伝わってきます。

他国に制裁を呼びかけておいて自国は非難決議すらしない、
という驚くべき行動。
でも、他国の人たちには安倍さんがそんな人だということが解っていたんですね。


久しぶりに安斎先生

ビデオニュース・ドットコムを観ていたら久しぶりに安斎先生をお見かけしたのでプレビューですが貼っておきます。

マル激トークオンデマンド・プラス
安斎郁郎氏



使命感に燃えておられるのか、以前にも増してお元気そうで何よりです。




Something 40th in 嵐のモダンタイムス

いや~、サイコー!

 昨夜は木屋町エンパイヤビルにてguppyさん率いるバンド、Somethingの40周年イベントでしたが、折から襲来していた台風18号が直撃か?
ということで開催が危ぶまれていましたが、決行のお知らせが14時に入ってきました。

台風の接近は夜半になるとのことで、お店のオープンの時点では空模様は全く問題なかったものの、大型の台風で交通機関の運行の心配もあったので、来場者ごどのくらいあるか心配しましたが、フタをあけてみると多数の方のご来場を頂き大盛況!
ご来場の皆さん、ありがとうございました。

IMG_2218_20170918171952a76.jpg
この写真、なんかコッソリ覗いているみたいな感じがいいですね。
提供は京都組2ndキヨミさんです。


P_20170917_184943.jpg
今回スマホで撮ったらボケボケですみません。
不惑天然堂:ユミさんの、お色気一人芝居が笑わせてくれます。


P_20170917_200007.jpg
京都組2ndは前田主任が唄い始めてグッと締ってきたところに山ちゃんの加入で厚みが出てきました。
それぞれに余裕が感じられます。


と、ここでサプライズ企画。
40thスペシャルバンドでロコモーションの替え歌です。
1505790731224.jpg
女性二人が誰だか判りませんが、意外と似合ってますね。
写真はシマダさんのお嬢さんが撮ってくれたそうです。ありがとうございます。


P_20170917_213654.jpg
今日のSomethingはいつも以上に気合が入っていたようで、来ていた中で最高齢と思われる86才の女性が演奏中にスクッと立ち上がって踊り始めたのにはビックリしました。

いや~音楽っていいですね。
それではまた来週、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。


Jアラ-トが鳴った後・・・・頭の上から爆弾が降ってきて初めて戦争を実感

昨今のミサイル騒ぎで思い出したのがこの言葉。

そうなるまで気付かないのが日本人ってことでしょうか?


敗戦でも懲りない日本人 [日本ジャーナリスト協会]
http://www.asyura2.com/0403/war55/msg/287.html
投稿者 なるほど 日時 2004 年 5 月 17 日 13:30:56:dfhdU2/i2Qkk2


~転載
●敗戦でも懲りない日本人
 戦前戦中のリベラルなジャーナリスト清沢洌(きよし)が「暗黒日記(1942-1945)」(岩波文庫)で述べている。

 「1945年元日。昨夜から今暁にかけ3回空襲(東京)、焼夷弾が投下された。配給の餅を食べれば新年らしい気分になる。…日本国民は今、初めて戦争を経験している。戦争は文化の母だとか100年戦争だとか言って戦争を賛美してきたのは長いことだった。僕が迫害されたのは反戦主義だからということだった。戦争は遊山に行くようなものなのか。戦争を彼らは今味わっている…」

 つまり頭の上から爆弾が降ってきて初めて戦争を実感したといい、続いて記している。

 「だが、それでも彼らが本当に戦争に懲りるかどうかは疑問だ。結果は反対だと思う。第一に彼らは戦争は不可避だと考えている。第二に彼らは戦争の英雄的であることに酔う。第三に彼らには国際的知識がない。(この3つの理由から日本人は戦争に懲りないのではないか。)当分は戦争を嫌う気持ちが起きようから、その間に正しい教育をすることが大切だ。婦人の地位を上げることも重要だ…」

 戦後日本の戦争意識は「被害者意識」だった。
もう二度と戦争はしたくないというアレルギー、これは重要なことだ。
戦争反対の基盤は「殺し殺されるのは嫌だ」という気持ち、これが必要だから。
そこで「正しい教育」はされただろうか。私たち自身が戦争の実態を本当に知って、伝えているのだろうか。

●独りよがりの日本
 清沢は言う。「日本最大の不幸は、国際問題について日本に自分の立場しかないことだ」。
この日本のユニラテラリズムは、戦後も小泉政権に至るまで続いている。アジア諸国に対してはユニラテラリズムでずっときている。
 清沢によって日本人は「懲りるかどうか疑問だ」と予見された。
彼は終戦前に亡くなった。日記には「戦後は戦争の廃絶に向けて努力したい」とも記していた。

清沢は最も暗黒の時代に「戦争をなくしたい」と考えていた。これを記憶にとどめたいと思う。

(文責=広島支部・太田武男

http://www.jcj.gr.jp/branch.html



ミサイル危ない、原発止めろ・・・と

「真の愛国者ならミサイル危機を案じ、原発停止を主張すべきだ」〜

北朝鮮のミサイル攻撃を想定し高浜原発運転停止を訴える!
IWJ岩上安身による河合弘之弁護士インタビュー 2017.9.15




ダイナマイトを身体に巻いて、ピストル持っている奴を挑発するのは・・・・


ま~た病気が・・・・

DJsIR3NUMAUkuVZ.jpg


ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR