2017 / 06
<< 2017 / 05  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
健康の記事一覧

股間が・・・

 下の話ですみませんが、最近股間が痺れるように痛い時があります。
よく考えると、通勤定期が無くなったので自転車に乗り始めたことが原因のようです。

普通のママチャリなのでサドルの座面は結構広く、サドル後部の下にはスプリングもついているんですけど、材質自体は結構硬く、前側の細くなっているところの上部がちょうどタマタマの後ろ辺りを圧迫して、30分くらい乗っているとジ~ンと痺れて、しばらく経っても痛みが残っているときがあるようです。

 サドルを買い換えようかとアマゾンを見てみるとイロイロな物が売っています。
これは・・・、という物を2~3個に絞って口コミを読んでみると、やはり多くの人(特に男性)がお尻の痛みに苦労しているようで、人によっては前立腺炎になったりもするみたいです。

 そういえば自転車によく乗っていた高校生の頃にも同じような痛みがあったことを思い出しました。
当時は自転車が原因とは気付かず、同じ痛みのある友人と「あるある」と言ってお終いでしたが、排尿の際などにもかなり痛い時があったので前立腺炎になっていたのかも知れません。
きっと自転車のせいに違いなさそうです。

 交換を検討しているサドルは全て中央に溝のあるデザインです。
街中でたまに見かけて「何で溝があるのかなあ?」「通気が良いのかな?」と思っていましたが、どうも主目的は前立腺への圧迫を軽減するためのデザインみたいですね。

サドル (1) 
これが一番安価で2000円。材質も柔らかいらしく口コミでも好評。ただし、中央の溝の幅は少し狭いような気がします。
 
サドル (2) 
これは3087円+送料。 座面も広く溝の幅もまあまあかな?材質は①よりはすこし硬そうな感じ。

サドル (3) 
これはちょうど3000円。若干スポーツタイプ寄りのデザインで座面は少し小さく、材質も①②よりは硬そう。でも溝の幅は結構広いので前立腺への圧迫は一番少なそう。

というラインナップで考え中です。

私の症状からすると③が良いのかも知れませんが、座面が少し硬そうなのと面積も少し狭いのでママチャリに付けて垂直に体重が掛かるとお尻が痛くなるかも。

それにしても高校生の時には、あんなに痛かったのに何で原因に気付かなかったのかなあ?


逆ぶらさがり健康器

1~2年前から、ずっと買うべきかどうか悩んでいた商品を、年明けについに購入しました。

それは「逆ぶらさがり健康器」
逆ぶらさがり健康器

感想は「めっちゃ気持ちええ!」の一言です。

20代の頃からジンワリとした腰痛があり、3年ほど前にはギックリ腰も発症しているので、腰には不安を抱えていたこともあり今回購入に踏み切りましたが、「もっと早く買えば良かった。」とも思います。

購入したものは、同種の製品では最安値のものですが、要するに逆さまにぶら下がるだけなので性能や効果はどれも大きな違いは無いように思われます。
90度のまっさかさまにも出来るんですが、初めてなので易しめの80度くらいの設定で試してみましたが、それでも十分腰・背中・首が伸びて日ごろ重力で上から押し潰されている椎間板が楽になったような感じがあります。
それに内臓も上にあがって楽な感じがします。
心配していた固定している足首もそれほど痛くはなく、頭に血が昇るのもたいしたことなくて5分は軽くぶら下がっていられます。
10分くらいでも平気かも。

ただ、場所を取るのでそれだけが辛いところです。


激ヤセ?

 最近「痩せたね~。」とか「どっか悪いの?」とか「病気かと思った。」とか言われることが多いんですけど、体重は58~59kg前後で安定しています。

この前のノロ症状の時に丸2日間飲まず食わずだったので確かに少し痩せましたが、筋トレの効果か判らないけど筋肉も少しは付いてきているので体重自体は年末の頃より少し増えているくらいです。

 僕の場合、若い頃はお酒を飲む習慣が全くなかったんですけど40歳頃から飲むようになって、その頃からはほぼ毎晩寝酒を飲んでいました。最近では酒量も増えてきていたり飲まないと寝られないようになってきていたので、完全にクセになっていて「まずいなあ。」とは思っていたんですけどなかなか止めれなくて、「今日こそ飲まんとこ。」と思っていてもついつい飲んでしまうような状態でした。健康診断で特に肝臓の数値が悪いようなことはなかったんですけど、ノロ症状で飲めなかったのを機会にそれまで毎晩欠かさず寝酒をしていたのを止めて、原則自宅では飲まないことにしました。飲んで帰った時は飲んでもいいけど、そうでないときは飲まないというくらいの軽い規制ですが、外で飲むのって多くて週に3日程度なので飲まない日が大幅に増えたためかムクミがとれたのかもしれませんね。

 体調の方はすこぶる良好ですのでご心配なく。


ギックリ腰

 昨夜、ちょっと物を持ち上げようとしたところ、腰がギクッとなって「あ~、こりゃマズいな。」「明日、起きれるかな?」と思っていたところ、案の定、朝から腰が痛くてまともに動けません。

 今日は朝一で近所の整形外科に行って、湿布と飲み薬をもらって一日中横になっていました。
4年ほど前に同様の状態になったことがあったため、ある程度予測は出来ていたので動揺はなかったけど、やっとノロから回復したと思った途端これです。

齢の変わり目かな~?


ノロ?に感染。

 1月26日(日)の夜中12時頃から突然激しい嘔吐下痢に襲われて、ちょっとウトウトしてはすぐにトイレに起きるような状態で27日(月)の朝を迎えました。

 とても仕事が出来る状態ではなかったので会社に電話して、ノロかもしれないので休んで病院に行く旨を伝えましたが、その後も症状が激しすぎてなかなか外に出る気になれず、お昼前になってやっと近くに病院に行くことにしました。500m先の病院に歩いて行く体力がなくてバスに乗って行きました。
病院で診察してもらったところ「症状を聞いているとノロみたいやな。」と言われたきり特定の病名は言われませんでしたが、ウィルス性の胃腸炎ということでしょう。日曜の晩飯の後は飲まず食わずで(晩飯も全部戻してしまったし。)、熱もあるのでフラフラしていたこともあり栄養剤を点滴してもらったら少し楽になりました。
 しかし帰っても症状は収まらず横になっていたところ、夜中になってやっと嘔吐が無くなりました。でも、まだ何も食べる気になれず、脱水症状になるといけないからというので温めたポカリをチビチビ飲むのがやっと、という状態が続いていました。

 28日(火)の朝になっても吐き気は収まらず、その日もほぼ1日中ポカリを飲んでいました。
夕方頃からは吐き気も収まってきたので豆乳と青汁を混ぜたものを飲んでみましたが、これはすぐに下してしまいました。
吐き気はなかったので夜中になって少しお粥を食べてみたところ、こちらは下すこともなく何とか持ちこたえているようで朝まで大丈夫でした。

 29日(水)の朝にもお粥を食べて、やっと病院でもらった食後に飲む胃腸薬を飲めるようになり、お昼には温めた「わらびもち」を食べて薬を飲んだ後しはらく休んで今このブログを書いている訳ですが、下痢も完全に収まったようで落ち着いてきました。

 いや~、世間で流行っている流行っていると評判のノロ?ロタ?か判りませんが、これほど辛いとは思いませんでした。
医師によると、僅かな量のウィルスでも非常に感染力が強いとのことで、こりゃ高齢者が死んでもおかしくありませんね。

どうか皆さんもお気を付け下さい。


鼻が詰まっています。

 二十歳の頃から花粉症を発症して毎年3月~5月は辛い思いをしていますが、それ以外の季節でもどうも鼻が詰まっていて気が付いたら口呼吸になりがちです。

鼻の穴を覗いて観察してみると、左の鼻の粘膜が赤く腫れていて塞がり気味になっています。
数年前からこういう状態が続いていて気になっていましたが、どこかで「鼻の穴から水を吸って口に出すといいよ。」と聞いたので、ここ1週間程それを実行していますが、これが辛い!
頭がツーンとして、しばらく不快感が続きます。

なんとなくスッキリする気もしますが、今のところ目立った効果は感じないし、辛いのでこのまま続けるべきか迷っています。


あけましてトレーニング

 本年も宜しくお願い致します。

 昨日、4日に今年初めてのスポーツジムに行ってきました。
週2回、月8回を目標にしていますが、急なお付き合いなどで月8回行けないときも多いですね。

 2年ほど前から体力の衰えを感じて通い始めたスポーツクラブでしたが、当初は水泳メインで約1年ほど通いました。
1時間で1000~1500m程を休みながらのんびり泳いでいたところ、1年後には息切れや肩こりも少し改善して63~64Kgあった体重が61~62Kgくらいに。

 体調は良くなったものの、あまりにも休み休み泳いでいたためか体重はさほど落ちなかったので「筋肉が足りなくて基礎代謝が低いんだな。」と考えて1時間ほど筋トレをすることにしました。また、水泳では汗をかくくらい泳いでもどうしても体が冷えて風邪をひきそうになったためエアロバイクという自転車漕ぎ運動に切り替えました。
これで更に1年ほど通ったところ昨年10月頃には筋肉も少し付いてきたのか階段の上がり降りも楽になってきて、当初は運動後に疲労困憊していたのが「いい汗かいたな。」と思えるようになってきました。体重は60~61Kgと2年かけて3Kgほどの減。

 それまでもスタッフからはランニングを勧められていたんですけど膝が少し痛かったこともあって、ずっとエアロバイクで運動していましたが昨年11月頃から膝の痛みも薄れてきたのでエアロバイクからウォーキングに切り替えて、6.0Km/hと歩きにしては結構な早歩きで1時間歩いたところ、足の裏の皮が弱っていたのか直ぐに水ぶくれになって痛くて困っていました。そこで1ヶ月後に、走るにしてはかなりゆっくりな6.5Km/hのジョギングに切り替えたところ水ぶくれも出来なくなり、その後は快調に走っています。
ジョギングに切り替えてからは体重がどんどん落ちて忘年会などで結構食べていたにも関わらず年末までに58~59Kgに、そして昨日ついに運動後には57Kgを切っていました。

 一時はウエスト82cmのズボンでもキツくなりかけていたのに79cmのズボンがゆるゆるになったので正月には76cmのを買いましたが、それでも結構余裕があるのでジャストサイズは74cmくらいかと思います。73cmだとキッチリ過ぎる感じだったので、学生時代に履いていた73cmが履けるようあと少しだけ搾ろうかと思っています。


爪が痛い!

 10日ほど前に、気が付いたら左手の人差し指の爪が先端から生え際に向かって半分くらいまで剥がれていました。
爪2
たいして痛みも感じなかったんですけど、更に剥がれてきそうで、剥がれかけると少し痛いので皮膚科に行って軟膏をもらって塗っていますが、一向に良くなりません。
これも齢でカルシウムが足りないんでしょうか?

この後、9月1日は酒呑童子。9月中旬には「こぶしの里」があるので心配です。


あなたの会社はブラックですか?

IWJ 「本当のことを言って何か不都合でも?」ー山本太郎が学んじゃうよー

「ブラック企業」って最近よく聞きますね。あなたの会社はどうでしょうか?



今度は首が!

 帯状疱疹が山を越え、顔の痛みがほぼ無くなってきたので「やっと普通に顔が洗える。」と喜んで、タオルを顔に押し付けた途端、頸椎がグキッと後ろにズレるような感じがして痛みが走りました。
その後、大したことはありませんが寝違えたときのような痛みが続いて首が回りにくくて憂鬱です。

不調が回復しかけたらまた次の不調に襲われて、50歳を目前に40の坂を転げ落ちているようです。


帯状疱疹?

 先週の木曜日頃に風邪の症状がやっと治まって薬をやめましたが、同時に周りから「顔が赤いけど日焼けしたの?」なんて言われて、よく見ると確かに日に焼けたように顔が赤くなっていました。
「おかしいなぁ、そんなに焼けた覚えないけどなぁ。」などと思っていると、翌日には顔がヒリヒリと痛みます。
最初は「顔をゴシゴシ洗いすぎたかな?」くらいに考えていたけど、だんだん痛くなってきます。

 それでも風邪が治った嬉しさでスポーツ・クラブに行って汗をかいた後、風呂で顔を洗うと触れるのもためらうほど痛くなってきました。風呂から上がってよく見ると、眼の周りや額にニキビの跡のように点々と皮膚が削れた部分があり、血こそ出ていないものの僅かに体液が滲んでいます。
風邪の薬を4日間ほど延長して飲んでいたこともあって「薬の副作用か?」と思ってネットで調べてみました。
医者にもらった抗生物質のレボプロキサシンを見てみると、副作用のところに中毒性表皮壊死症・皮膚粘膜眼症候群・日光過敏症などとそれらしい症状が書かれています。こりゃ副作用に違いない、と思っても土日で病院も休み。

 「まあ土日、休んで養生してたら治るかな。」と思って、とりあえず軟膏を塗って辛抱することにしましたが、顔を洗う度に激痛が走るのでほとんど撫でるようにしか洗えません。
幸いこの土日も特に用事は無かったので、この際外に出ず顔を洗うのを止めておきましたが、今日になっても治る気配がありません。(ちなみに今日は出勤したので洗いましたよ。でも、かなり痛かったです。)

 出勤した後、病院に行って診てもらったところ「おそらく帯状疱疹ですね。」とのこと。「よっぽどストレスや疲れが溜まったりしてませんか?」と言われ、てっきり薬の副作用かと思っていましたが、「そう言われてみると確かにどっちも溜まってるな~。」なんて改めて実感しました。
帯状疱疹って「弱ってきたオジサンが罹る病気」っていうイメージがあったので「ついにスッカリおじさんの仲間入りか~!」なんて弱気になったりね。もう後は下り坂。勾配をなんとか緩くするくらいなもんでしょうね。

 なので今日も早々と帰宅して、薬を飲んでおとなしくしていますが、ここ数週間ずっと何もできません。顔も痛いし何も出来ないしかなり辛いですね。


風邪

 先週の木曜日あたりから調子が悪くなって、金曜日は喉も痛いしフラフラするしで仕事を定時に切り上げスイミングも中止にしました。
そこで真っ直ぐ帰ればよかったんですけど、せっかくだったので「一杯だけ・・・」と思って「ボンバー長谷川」に寄ったのが失敗。
土日はずっとしんどくて身体がだるいし動くと息苦しくて咳をすると緑の痰もでます。

 ところがこの土日は、以前から家主が「共用部の階段の棚を改修するので私物とそうでない物を分けてくれ。」ということでフラフラしながら私物と以前の住人のモノ等を分けて、屋上の踊場から1階に持って降りたりして疲れたためか回復せず。

 月曜の朝になっても少しフラつきと熱があったので、久しぶりに会社を休んで昼前まで寝てから、勤め先の近くの東洞院四条上ルの辻医院に行ってきました。
症状を伝えると「最近そういう症状でインフルエンザのケースがあるので検査してみましょう。」と言われ、鼻の奥に綿棒みたいなものを突っ込まれてグリグリされて涙が出てきました。
「10分ほどで結果がでます。」というこで待っていると、結局インフルエンザではなく普通の風邪のようでした。ちょっと安心。
帰ってから薬を飲んで少し寝たらマシになってきました。

 しかし「インフルエンザかも・・・」と言われるとドキッとしてあせりましたが、考えてみれば感染力は強いらしいので他人に染さないように用心はしないといけないかも知れませんが、昔はどうってことない風邪の一種みたな感じだったのに最近は法定伝染病並みの嫌がられ方ですね。

 そういえば、以前に読んだ「インフルエンザワクチンは打たないで」という本では、インフルワクチンは全く効果が無い上に危険性も高く、インフルの怖さを煽って製薬会社の在庫処分に利用されている、みたいなことが書いてありましたが、どうなんでしょうか?

巨大資本の宣伝力=洗脳力は原発の安全神話でもそうですが想像以上に強力です。
インフルワクチンが効くというのは製薬資本の流すでたらめなんでしょうか、それとも・・・・。

この本のクチコミにも「よくぞ書いてくれた。」というのと「でたらめ書くんじゃねえ。」というものに真っ二つに分かれています。


いずれにしても、ともかく明日には出社できそうです。


集音器を購入してみました。

 ここ数年、母親の耳が遠くなって、何か言っても「はあ?」ばっかりの返事だったり、聞こえていないのに適当な返事をしたりして会話もうまくできないことが増えてきました。
まだ散髪屋を営んでいるのに、いくらお客さんもお年寄りが多いといっても、さすがに会話が成り立たないような気がして気になっていました。

 何か良い補聴器が無いかと思っていたところ、先日の酒呑童子のイベントの際に来ていただいた方に補聴器のことを尋ねたら、ある機種をご紹介していただきました。けれども、受話器のように手で持って耳に当てるという機種でしたので散髪しながらは使えません。

少しネットで調べたら、意外と安い物も売っていたので試しに購入してみました。
集音器

価格はなんと2990円。送料無料でした。
実際に使用してみたところ、これが意外と使える感じ。
装着しても違和感もないし、小さすぎないので扱い易いです。電池の消耗が速そうなのが難点ですが、それ以外は十分な感じです。

これを母親が継続的に使用するかどうかは判りませんが、とりあえず使ってもらおうかと思って送ってみます。




風邪が長引いています。

 もう3週間ほど前から風邪を引いていて、一時はかなり回復していましたがまた調子が悪くなってきて、ちょっと身体が冷えるとやたら鼻水が出て止まりません。
熱とか痛みとかはありませんが、鼻の奥がツーンとなるのと鼻をかみ過ぎてヒリヒリします。
早くスッキリさせて欲しいものです。


体力の衰え。

 先日、我ながら体力の衰えを感じることがありまして、久しぶりにここのところサボっていたスポーツクラブに行ってきました。

 冬は寒くて行く気がしなかったのと3月~4月は仕事のプレッシャーで年明けからずっと行ってませんでしたが、夏に向けて少しダイエットしたいのと体力の回復のため、これからまた頑張って行くつもりです。

 今日は休日だったので、僕のいつもの休日のメニューでサイクル・マシンと水泳をしてきましたが、サイクル・マシンは前は40分していたのが今日は30分、水泳も1時間で1500mだったのが今日は1100mとスローペースでしたが4ヶ月も休んでいたので息があがってしんどかったですねぇ。
 でも終わった後は心地よい疲労感で、風呂に入った後マッサージ・チェアに横になってスポーツドリンクを飲んでいるとかなりリラックス出来ます。

 ただ、ここのプールは泳いでいると1階のお好み焼き屋から香ばしい匂いが漂ってきて、それでなくてもすきっ腹で泳いでいるので帰りに食べたくなるのを我慢するのが大変です。

 泳いだ後に、お好み焼きを食いながらビールでも飲んだら最高なんだけどな~!



コンタック鼻炎スプレー

 「花粉なう」によれば、ここ数日は花粉の飛散が「非常に多い」日が続いています。
市販の内服薬を飲んでいて鼻はなんとか抑えられているようですが、目がヒリヒリして痛いです。

 眼は辛抱できても鼻は辛抱できません。今年はなんとか「あさわ医院」でステロイド注射を打たないよう頑張っていますが、3月の杉の時期でこれでは4月からヒノキが始まれば自信がもてません。

 そこで、前から探していたコンタックの鼻炎スプレーを購入しました。
コンタック鼻炎スプレー
 これにはベクロメタゾンプロピオン酸エステルというグラクソ・スミスクライン社の開発したステロイドが入っています。
この成分の入った点鼻薬は外国では13カ国で市販されているそうですが、日本では始めて市販されるそうです。
 だからなのかこの薬、昨年から噂では聞いていたけど10軒以上のドラッグ・ストアを探したのに、どこに行っても売っているのを見たことがありませんでした。
今回、ネットで調べてやっと指定の薬局に配送してもらうことになり明日にはその薬局に届くそうですが、果たしてどのくらい効果があるのでしょうか?

 同じステロイドでも鼻にスプレーするだけなので、注射で体内に入れるよりは副作用も少なそうな気がします。

とはいえ、やはり1ヶ月以上の長期連用はご法度とのこと。
4月まで待ってから使ってみます。


逆ぶら下がり健康器

 冬になるとあまり動かなくなりストレッチも回数が減ります。
すると腰がダルくなったり、痛くなったりしてきます。

 前から、逆さまにぶら下がったら気持ちいいだろうなぁって思っていましたが、こんなものを売っていたんですね。
逆ぶら下がり健康器。
逆ぶら下がり健康器具
足首を固定して逆さまにぶら下がる。
う~ん、股関節に腰や背筋、肩から頚椎まで伸びて気持ち良さそうですねぇ!
1万6~7千円という事ですが買ってしまいそうでコワいです。
ネット通販はオソロシイ。



花粉症の季節

 4~5日前から鼻がムズムズするなと思っていたら、やはり既にかなりな量の花粉が飛散しているようです。

 ボクの場合、例年だと杉にはそれほど反応しないんですけど、今年は量が多いのか体調が弱っているのか判りませんがさっきから急に鼻水とクシャミ、それにナミダ目の症状が出てきました。
少し前から予兆があったので薬を準備しておいて良かったです。

 ここ数年は長岡のアサワ医院に行ってステロイド注射を打ってもらっていますが、効果は約1ヶ月なので今から打つとヒノキの終わる5月上旬までは持ちません。それにステロイドはやはり副作用も怖いのでなるべくなら打ちたくありません。

最近はよく効く市販薬も出てきているようなので、合う薬があるかいくつか試してみようかと思っています。


爪オイル。

 年のせいか、ここ数年、特に冬になって乾燥するのか爪が割れやすくなってきました。
ギターを引くので右手の爪は少し伸ばしていますが、上下二枚に剥がれたり横から亀裂が入ったりして困ります。

保湿が大切と聞いたのでネット通販で爪用のオイルを買ってみました。
爪クリーム
左がOPI AVOPLEXオイル 1430円。 
右がBurt's Beesレモンバター キューティクル・クリーム 1050円です。

ここ一週間ほど毎日朝晩塗っています。




胃カメラ

 9月の健康診断で精密検査要と言われていたので、先日胃カメラの検査を受けてきました。

 以前、口からの胃カメラ検査を受けたときにかなり苦しかったので、鼻からの検査をしてもらえる近くの医院に行ったんですが、前の病院の検診でのバリウム検査のカルテに「胃粘膜収縮」と書いてあることを読まれたとたん先生の顔色がサッと変わって「鼻からを希望されてるけど、口からは苦しかった?」「鼻からよりも口からの方が直径が太くて画素数も多いのでハッキリ見えるよ?」と言われ、サンプル写真を見せられて「ほら、ガンなんかでもこんな風に写りが違うんですよ。」と比較して説得されたので急に不安になりました。

 もし、ガンとかの疑いがあるのなら苦しくても早く発見して欲しいと思ったので口からの検査をお願いしました。
 
 結果は、苦しいのは苦しかったけど、その先生が上手なのか以前の病院ほどは苦しくなくて、胃の中の写真を沢山撮ってもらって一部を頂きました。

 細胞検査の結果はまだですがポリープが沢山あって、先生が言うには「ピロリ菌がいない胃にできるポリープなので、全く心配要らないよ。ほっておいても全然構いません。」とのこと。

 ひと安心しましたがピロリ菌が何なのか解らなかったのでネットで調べてみると、胃ガンや胃炎などの原因になる菌だそうで、ごく稀にピロリ菌がいなくても胃ガンになることがあるけれど、ほとんど無いそうでピロリ菌がいなければ胃ガンにはならないと言っても過言ではないとのこと。
 それにピロリ菌がいても胃ガンになる確率は0.4%程度らしいのでピロリ菌がいるからといって必ずしも胃ガンや胃炎を発症するわけではないようです。


ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR