2011 / 05
<< 2011 / 04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2011 / 06 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

「うたとギター」中井大介ライヴ!5.28

 久しぶりに中井大ちゃんのライヴを観に寺町五条のハライソに行ってきました。

 昨日は新村さんというお兄さんとのジョイントで、話をしているときは優しい感じですが、唄や演奏になると男っぽいワイルドな印象を受けました。
新村・中井
大ちゃんも新村さんと一緒に演奏するのが嬉しそうでした。

 大ちゃんのステージは抑え気味進行していって、最後にハジける感じでした。
中井・新村
いろいろ考えているのかいつも工夫しているようで飽きさせませんね。

大ちゃんサイコー!


美咲ちゃん・小春ちゃんと練習してきました。

 次回、衣笠にある居酒屋さんの酒呑童子で6月25日(土)にジョイントする予定の立命館大学の女の子、美咲ちゃんと小春ちゃんの二人と僕たち「黒山」で何か一緒に演奏しよう、ってことになりこの前の木曜日に打ち合わせと練習をしてきました。
美咲・小春

 二人とも、いい声しているので当日が楽しみです。


週刊現代が売れているようです。

 先日どこかの広告を見て、今週の週刊現代に安齋先生と小出裕章さんの記事が載っていることが判ったので購入しました。
週刊現代

 特集号のようで、原発や放射能に関する他の方の記事も多数載っていて、これまで原発を推進してきた人達でさえ現状の危険性を訴えるようになってきているみたいですが、中には自分たちの利権のために未だに原発を擁護している人達の宗教的とも言える信仰心が窺える記事もあり気味が悪い思いがします。
 しかし、NHKでも福島県の放射能汚染地図を作るという番組が視聴者のリクエストで直ぐに再放送になるなど、これまで無関心だった視聴者もここへきて相当な関心を持つようになってきているみたいで、私の話を聞いて週刊現代を買おうとした人も何件か回ってやっと買えたって言ってました。

 また増刷されているかも知れませんが結構売れているみたいですね。


シャボン玉ホリデー

 昨夜、5月22日はギターのエビス女子に教えてもらった「シャボン玉ホリデー」というバンドを観に、四条堀川交差点を西へすぐのライヴハウスRooter×2(ルータールーター)へ行ってきました。

 このバンドは、エビス女子からはソウルをやってるメンバーで昭和歌謡をやってるって聞いたので、興味があって行ってきました。
 編成はフォーリズム(ドラム・ベース・ギター・キーボード)とサックス、パーカッションに男女のヴォーカル・デュオというゴージャスなもので、ソウルというかStaffサウンド的な印象を受けました。特にキーボードはローズっぽい音で久しぶりにリチャード・ティーに出会ったような気持ちでした。(前日はハモンドのオルガンが聴けたし、永い間バンドをしないでアコギで弾き語りなどしていると、急にキーボードを聞くととっても新鮮です。)
シャボン玉ホリデー①

 曲は「恋のバカンス」や「ノーノーボーイ」「また逢う日まで」から「伊勢崎町ブルースまで」幅広く演奏されていて、やっぱバンドはいいな~なんて思いました。
シャボン玉ホリデー② シャボン玉ホリデー③

 ライヴ終了後は、メンバーとお客で来ていた知り会いの皆さんにエビス女子を交えて2階の談話室でお話させていただきましたが、僕が「ベースの人のプレイがいい感じでした。」っていう感想を言ったところ、ヴォーカルのお姉さんが、じゃあ紹介しようって直ぐにベースの方を紹介していただきました。
シャボン玉ホリデー④
後ろ頭がエビス女子。

すかさず、持っていた例の名刺をお渡ししておきました。
また連絡くださいね!


B7アコースティック・ジャム,2回目の参加

 昨夜、5月21日は初めてお邪魔して以来なかなかスケジュールが合わなくて参加できなかった、北山にあるライブハウス、B7のアコースティック・ジャムに行ってきました。

このイベントは「音楽はやりたいけど仲間がいなくて・・・とか、もっといろんな人と交流してみたい・・・、なんていう皆さんに来て頂いて楽しみながらセッションしようよ!」っていうマスターの思いからguppyさんのサポートで始まったイベントです。
B7のマスターです。B7のマスター

 19時半頃にお店に着いたら、既に「みやこもり」のお二人が来られていてオカムラさんが焼きうどんを食べていたので、私もピラフを頂きました。
実は、ここのマスターは以前私が産大に在学していた当時、学内で食堂を経営されていたそうで、私達がよくたむろしていた学生休憩室もご家族の方が切り盛りされていたそうです。京都は狭いですねぇ。

 このイベントも、もう何回か回を重ねてきているようですが昨日は「みやこもり」さんも来られるし、僕もやっと参加できるってことで楽しみにしていたところ、guppyさんから「仕事の都合でかなり遅れる。」との連絡が・・・・

どうなるのかな・・・って思っていましたが、とりあえず、せっかくなので私と「みやこもり」さんで何曲か合わせていたら、若い学生さんの男子二人が来て演奏を始めてくれました。いつも二人でギターを弾いて遊んでいるっていうことで、自分もこんなだったのかな~なんて懐かしく感じて観ていました。

 そのあとも次々とミュージシャンが来られて、まあだいたいオッサンばっかしなんですけど見知らぬ同士でも一緒に演奏できて楽しく過ごさせていただきました。

マジカルブルー(MB)というバンドです。
マジカルブルー

MBのサブリーダー。いい表情してますね。MBサブリーダー 

大阪は茨城市からこられた「ナマズ」っていうバンドのメンバーHさんです。土方さん1

ボラーレもビックリしましたが"ボインの唄"サイコーでしたね。



お名前が解りませんが、初めてお会いしたオッサン二人です。
見詰め合うオッサン
お二人どうしも初めて会ったようですね。        

見詰め合うオッサン。



笑顔のオッサン①笑顔のオッサン 

笑顔のオッサン②笑顔のオッサン2

この後「みやこもりさん」が帰られたのと入れ違いにguppyさん登場。この他にも4~5人で来られていたグループのメンバーの方にも演奏していただいたりして、なかなか盛況でした。

最後は残っていたメンバーでジャムって終わり。久しぶりにベースを弾いてみました。
オッサンばっかしなので '70の曲が多く、懐かしく楽しいひと時を過ごさせていただきました。
皆さん、ありがとうございました。

来月は18日に開催予定だそうですので、時間が合う方は是非参加してみてはいかがでしょうか?

<訂正>22日にguppyさんから、6月は流れそうだとの連絡がありましたので、またの機会に参加します。


安齋先生の本を読みました。

 「さあさ皆さん聞いとくれ。原発賛成音頭だよ。これなら問題ないだろう。みんな大好き原子力。・・・・怖がらなくても大丈夫ですよ。日本の原発は安全です!」  
な~んて、前回の記事に書いたキヨシローの(いやタイマーズなのでゼリーさんですか。)「原発賛成音頭」が耳についていて、何気なく鼻歌を唄っていたら周りの人から「こんな時期に不謹慎だ。」とたしなめられました。

なるほど、確かにこの歌はキヨシローしか唄えない気がしますね。
しかし、言っている内容は従来から政府や電力会社が繰り返してきた言葉そのままなんですけどねぇ。

 先日、本屋に言ったとき安齋先生の新刊がふと目につきました。
IMG_3267.jpg
前にUさんが教えてくれた安齋先生のコメントにもあったように「無闇に怖がることはやめて、ただしい情報によって科学的に怖がることが必要だ。」との事でしたので放射能の危険性ってどんなものか知りたいなっと思って購入しました。

詳しい内容はともかく、私にはあとがきに書いていたことが印象的でした。それは要約すれば「科学という以上、宗教的信念や政治的立場によって結論は変わらないものであり、それが科学の特徴です。しかし人々は、たとえ同じことを言っていても、それを誰が言うのかによって信じたり反発したりするものです。だから本書の内容を皆さんに信じてもらえるかどうかは安齋育郎の生き様が問われているということです。」という一文でした。

 例えばガリレオは地動説を唱え有罪になったのですから、その時代の常識と異なることを一般の人に信じてもらえるかどうかは大変なことです。

「プルトニウムは非常に危険な物質です。」という人と「仮に飲んでも問題ありません。」という人がいますが、これが両立することはあり得ないと思います。とすれば、どちらかが大嘘つきかよっぽどイカれた人間だということになります。
 3.11後の今となってはどちらが正しかったのかほとんどの人は判断できるかもしれませんが、実際に事故が起きるまでは専門家ではない私たちはどちらかを信じるしかない状況に置かれます。
当時でも同じ判断ができたでしょうか?


 ということで、大変重苦しい内容ですが5~6年前にTVの深夜番組で「東海村のJCOの臨界事故」のドキュメンタリー番組を観たことがあって非常に印象に残っていましたのでYouTubeにアップされているようですので貼っておきます。また、これを書籍化して文庫にもなっていたので、ついでにこれも購入しましたのでご紹介します。
IMG_3268.jpg





キヨシロー、さすがですね!

 反原発ソングといえば、最近では斉藤和義さんが「ずっとウソだった」って歌っているみたいですね。 
 特にファンではなかったけれど僕たちの世代ではやっぱりキヨシローのLove me tenderとかSummer time bluesが有名でしたねぇ。

 でも、youtubeで初めて知ったんですけど、キヨシローには「原発賛成音頭」っていうのがあったんですね。

初めて聞きましたが、あまりにも素晴らしすぎます!
必見です!
キヨシロー万歳!


墓石の準備

5月5日・6日と実家に帰省して、7月の父の一回忌に間に合うように墓石の準備をしてきました。
墓石の設置

墓石の方角や設置の位置などを幼馴染の石屋のカンちゃんと打ち合わせました。


 散髪屋のお店の看板の電球が切れていたり自宅の炊飯器が壊れていたりと、母一人では出来ないことが沢山あって修理や買い物その他諸々の雑用であっという間に2日間が過ぎました。
バーバー・クロズミ① バーバー・クロズミ②

 憶えている方もおられるかも知れませんが、右上の写真の奥に写っている岡山神召キリスト教会は、かつて「イエスの箱舟」の千石イエスさんが潜伏していたということで衝撃的に報道されたことのある教会です。
でもよくよく聞いてみたら、千石イエスさんって、ちょっと変わっているけどなかなかいい親父だったみたいですね。

 今は母一人で営業していますが、昨年まで両親ふたりでやってきたこのちっぽけな店も後1~2年で閉めるようです。今回は母の日も近いとあって、ちょっとしたプレゼントを渡してきました。


淡路島で釣!

5月4日は久しぶりに会社の仲間と明石海峡大橋を渡って淡路島に釣に行ってきました。
淡路島④ 淡路島①

 僕はこれまで、管理された釣り公園ってあまり行かなかったんですが、女性も一緒だったこともあり、今回は南あわじ市立海つり公園に行ってきました。淡路島②



釣り場からは、風力発電の大きな風車が見えていました。



 朝、2時30分に出発して現地に着いたのが6時前。
それから約4時間ほど3人で釣り糸を垂れましたが、この日は潮の加減も悪かったのかなんと坊主!

 今回は残念な結果に終わったなと、みんなガックリきて帰る相談をはじめかけたところ、やっと一人にサバがヒット。
淡路島③
30cm超えのそこそこのもので、なんとか形になりました。

たまには釣もいいですね!


奈良の仕事も峠を越えました。

 この1ヶ月間苦しめられた奈良の仕事が、漸く落ち着いてきつつあります。

 まだしばらくは奈良へ行くことが必要ですが、福島原発のようにメルトダウンしかけていた職場の状況が改善され、これまでのような緊急性は無くなり何とかコントロールできる状態になってきました。

 この間の奈良での写真をいくつか掲載してみます。

IMG_3076.jpg IMG_3189.jpg
IMG_3101.jpg IMG_3079.jpg
IMG_3111.jpg IMG_3113.jpg IMG_3202.jpg IMG_3210.jpg
IMG_3187.jpg IMG_3098.jpg


ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR