2011 / 09
<< 2011 / 08  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2011 / 10 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
2011-09-の記事一覧

月別アーカイブ

修正しました。
以前の記事が探しやすくなりました。

というか、今まで月ごとに1件しか出てこないのでおかしいな、とは思ってましたが、こんなものかと思ってました。


近江八幡のフレンチレストラン   「ル・ポワン・デュ・ヴュ」

 もう日付が変わったので一昨日になりますが、仕事が終わってから滋賀県は近江八幡のフレンチレストラン「ポワン・デュ・ヴュ」に行ってきました。

 実は以前記事に書いた和牛カリーを製造販売しているカネ吉ヤマモトフーズが経営しているレストランだそうで、オーナーが音楽好きなのか、Uさんを通じて黒山にそのレストランで演奏しないか?とのお話を頂き、既に日程も11月27日に決定したんですけど、音響設備や会場の広さなどが全く判らなかったためUさんと一緒に下見をさせていただきました。
 
 夜だったので周囲や外観の写真は無いんですが、僕自身は以前すぐ前まで行ったことがあり大体のロケーションは知っていました。
「ポワン・デュ・ヴュ」というのは景色の良い場所って意味だとのUさんの解説通り、夕刻には窓からの素晴らしい眺望が期待できそうです。

入り口からホールに向かってはこんな感じ。
ポアンデュヴュ①
店内は結構広くてシックな雰囲気です。
ポアンデュヴュ②
天井も高く、空間を贅沢に使った席の配置でゆったりと食事が出来そうですね。

またまた、楽しみな企画です。 Uさん、ありがとうございます。


カリンバ・ピクニック

 そういえば、今年もまたカリンバ・ピクニックの時期が近づいてきました。

 毎年10月の最初の土日に行われることが多いんですけど、ロビンさんのホームページを観るとやはり1日(土)・2日(日)にいつもの出町の三角州にて開催されるとのこと。

 カリンバをご存じない方もおられるかもしれませんが、アフリカの親指ピアノといわれる楽器で、小さいものはオルゴールに近い感じの音色ですが大きさによってもかなり変わります。

 ロビン・ロイドさんは、ご存知の方も多いと思いますがカリンバや尺八、パーカッションその他、いろんな楽器を演奏するマルチ・プレイヤーで、山田晴三さんとのカリンバ・デュオも有名ですね。

 10年ほど前に、今はベルギーに住んでいるはずのハマチに初めてカリンバ祭りに連れて行ってもらったことがきっかけで、それ以後ほぼ毎年参加させてもらっています。少し前にファイアーの動画をアップしたサルヴァドール・ヒロ君もこの集まりで知り合いましたが、ホントにいろんな人達が参加されていて毎回楽しみにしています。

今年は2日が黒山の酒呑童子ライヴなので行けませんが、1日には何とか行きたいな!


小椋さん夫婦。

 昨夜、23時過ぎに東京在住のブルース・ギタリストの小椋さんから電話があって「今、京都に来てゴマさんの店で飲んでる。」とのこと。
フリマの初日で疲れていたけど、これはもう行くしかありません。バスはもう無いのでタクシーを飛ばしてボール・アンド・チェインへ。

いつものように、奥さんと一緒に待っていてくれました。
その後少し飲んでから、またまたセッションに突入。
後から来たお客さんも巻き添えにして3時過ぎまで大騒ぎして楽しませて頂きました。


 小椋さんと最初に出会ったのは2年ほど前にボール・アンド・チェインで飲んでいたときで、やはりご夫婦で京都に旅行に来られていて、ゴマさんとは東京でのステージで知り合われた関係で飲みに来られたようです。

 最初は少しお話しただけでしたが、その後も偶然があって、京都に来られた時には連絡を頂くようになったんですが、前回くらいまではギタリストとはつゆ知りませんでした。

しかし、こんな歳になっても知り合って音楽を介して一緒に遊ぶことが出来るのってホントに嬉しいもんです。


京都アートフリーマケット

 皆さんは、京都アートフリーマーケットをご存知でしょうか?
毎年、春と秋に文化博物館と三条通りを中心に若手の作家が自分の作品を販売するという催し物が行われていて、私の会社でも仕事柄これまでも何度か関与がありました。
アートフリマ①

 昨年は他社に取られたんですけど、今年は再び当社が受契して今日からスタートです。
今日は天候にも恵まれ沢山の人出がありましたが、あと2日間トラブル無く終わることを祈ります。
アートフリマ② アートフリマ③

 常に通行車両や歩行者の動向に注意を払って立ちっ放しで大声を出すので大変疲れますが、出店者が皆さん若いので何ともいえないエネルギーを感じます。

 いつも出店している方も多いみたいで毎回見かける人もちらほらおられて、今回も顔なじみの人が憶えてくれていたりして嬉しいかったです。

 身体はしんどいけど、数少ない楽しい仕事の一つでもあります。


スパニッシュ・コネクション

 フラメンコ・ダンサーのトモちゃんが、懸賞でライヴのチケットが当たったとのことで久しぶり(おそらく15年振りくらい)にRAGに行ってきました。
なんと30周年だそうです。北山にあった時が懐かしい。

 出演は、僕は全然知らなかったんですけどスパニッシュ・コネクションというグループでメジャーから数枚CDを出しているフラメンコ系のインストバンドです。
スパコネ1

 ご存知の方も多いのかな?
NHKでやってた人形劇の新三銃士の音楽も担当されていたそうで、皆さん実力者揃いのメンバーでギター、バイオリン、Eベース、タブラ、カホンの5人編成で全国70箇所を回っていて京都は66箇所目とのこと。

それもあってか、かなりこなれた様子。
RAGも久しぶりだけど、インストバンドは久しぶりだったので少し飽きるかなって思ってたんですけど、これがなかなかどうして多彩な編曲やメンバー掛け合いの面白いMCなどで相当楽しませてくれました。トモちゃんのようなフラメンコ好きの人でなくても、きっと楽しめるのではないでしょうか?

トモちゃんは何故か懸賞のチケット・プレゼントがよく当たるみたいで、おすそ分けに預かって楽しませて頂いて光栄でした。


 おまけに次の日の出勤中に、地下鉄を降りようとしていたら同じ車両に昨夜観たスパニッシュ・コネクションのギタリストが乗っているのを発見。

が、機嫌が悪そうだったので声は掛けませんでした。


敬老週間祭り

 いや~、敬老週間の介護施設でのボランティア演奏から今帰ってきました。
今年はguppyさんの奥様にも手伝って頂き華のある良いステージになったと思いますが、お年寄りの皆さんにはどうだったでしょうか。

 童謡とか昭和の歌を中心に選曲してみましたが、一緒に歌ってくれる方もおられたり、帰りには花束を頂いたり、「また来てね。」と握手をしていただき、こちらが嬉しくなりました。
ふとしたご縁で昨年初めてここで演奏させていただき、今年もまた来ることが出来ました。

利用のお年寄りの皆さんも静かに聞いていただき、またスタッフの皆さんからもいろいろお気遣いいただき良い経験をさせていただいています。

 それにお年寄りの皆さんを見ていると、田舎の母親も似たような歳なので物忘れが激しくて一緒にいるとイライラしたりすることも多いけれど、もっと優しくしないとな~、って改めて思います。

また来年も来れるといいですね。

さあ~次は10月2日の酒呑童子ライヴです。
今日の打ち上げで、次回一緒に演奏するカルネヴァーレの皆さんと会ってきましたが、フランクな気持ちの良い学生さんたちでした。
またまた楽しみですねぇ!


黒山活動予定です。

① 昨年に引き続き、9月19日に老人介護施設での演奏をしてきます。
 
今年はかなりな曲数をguppyさんの奥様に唄っていただくことになりましたが,奥様の歌唱がsomethingの時とはまた全然違う感じで、特にこういう場では奥様が沢山唄ったほうが良いように思います。
  また17日は「みやこもり」さんも出演とのことで、今年のデイケアはguppyさん関連の出し物が多いですね。

② 10月2日は、またまた北区衣笠平野神社一筋下ル西入ルB1の酒呑童子でのライヴです。
(チャージ1000円おつまみ付き)
 酒呑童子3

 今回もゲストは立命館大学の学生さんで男女4人の「カルネヴァーレ」っていうバンドです。立命館の軽音所属とのことで、ヴォーカルの女の子はかなり元気が良さそうなので今から楽しみです。
皆さんも若い人から元気をもらって下さいね。

③ 10月16日は木屋町三条上がるエンパイアビルB1のモダンタイムスです。(チャージ1500円1ドリンク付き)
 
guppyさんが「something」「みやこもり」「黒山」と三つとも出ずっぱりです。
 他に以前B7でご一緒した「マジカル・ブルー」も出演とあってguppyさんも力が入っています。


*①の介護施設の入場は利用のご老人だけですが、②③はご老人でなくても構わないので都合がよければ是非覗いてみてください。


安齋先生のラジオ出演。

 ネットを観ていたら安齋先生が出演しているラジオ番組があったのでご紹介しておきます。
「吉田照美のソコダイジナトコ(週刊エンター)」

 思えば、震災前の「黒山」酒呑童子ライヴにはお店の関係で2回ともご来場いただき、またマジックも披露して頂き大いに会場を盛り上げてくださいましたが、震災以降は本業の放射線防護関係の出版や講演、それにメディアの取材などで多忙を極めておられるようです。

このラジオ番組でも大変解りやすくお話されています。


しょうざん

 先週の日曜日、8月28日の話ですが職場の親睦会で北区鷹ヶ峰の「しょうざん」に行ってきました。
しょうざんの前は何度も通ったことはありましたが、これまではボウリングくらいしか行ったことがありませんでした。
プールも有名ですが、渓涼床というのもやっていたそうで全然知りませんでしたが、現場のおじさんの提案でここに決まったようです。
渓涼床1

 川沿いに下りて行ってみるとベランダ状に床が作られていました。
渓涼床2  渓涼床3

 端から下を見ると紙屋川が流れ、鷹ヶ峰の森がなんとも涼しげです。
渓涼床4  渓涼床5

 約2時間、ゆっくりと食事を楽しんできましたが、私の職場は年配の方が多いこともあり「しょうざん」の由来などを話しておられました。
それによれば、元々「松山」という名前の織屋さんで大儲けをした会社だったそうで、ここの庭園も見学しましたが小川も流れる立派な庭園があり、維持管理費だけでも相当掛かっていることが判ります。
庭園1

私達の他にも2組ほどのお客さんで満席でした。送迎バスもあり気分転換には良かったですね。




台風でどんより。

 今日と明日は長浜に行く予定にしていましたが、昨夜から台風の影響もあり、今朝調べてみると琵琶湖線の野洲~米原間が運休となっていてどうしようもありません。

 ここのところ、ろくな物を食べていなかったためか妙に疲れていてやる気も出ず、今日は一日ゴロゴロしていました。


のどが痛くなってきました。

 まだムシ歯の治療に行っているんですが、左の奥歯で食物を噛むと仮詰めが取れるので出来るだけ右の奥歯で噛むようにしています。
でも、これがなかなかやり難いためついついあまり噛まずに飲み込むようにしていると、食物が喉に擦れて痛くなってきました。
唾を飲み込んでも痛くて飲み込み難いくらいで辛いです。

 また削った歯が鋭く尖っていて、舌がその窪みに入り込んでこれも痛くてしゃべり難いときもあり辛いです。

 5日には健康診断で胃カメラを希望していたんですが、この状態で口からカメラを飲み込むのは辛そうなのでキャンセルしました。


ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR