2011 / 10
<< 2011 / 09  - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2011 / 11 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

胃カメラ

 9月の健康診断で精密検査要と言われていたので、先日胃カメラの検査を受けてきました。

 以前、口からの胃カメラ検査を受けたときにかなり苦しかったので、鼻からの検査をしてもらえる近くの医院に行ったんですが、前の病院の検診でのバリウム検査のカルテに「胃粘膜収縮」と書いてあることを読まれたとたん先生の顔色がサッと変わって「鼻からを希望されてるけど、口からは苦しかった?」「鼻からよりも口からの方が直径が太くて画素数も多いのでハッキリ見えるよ?」と言われ、サンプル写真を見せられて「ほら、ガンなんかでもこんな風に写りが違うんですよ。」と比較して説得されたので急に不安になりました。

 もし、ガンとかの疑いがあるのなら苦しくても早く発見して欲しいと思ったので口からの検査をお願いしました。
 
 結果は、苦しいのは苦しかったけど、その先生が上手なのか以前の病院ほどは苦しくなくて、胃の中の写真を沢山撮ってもらって一部を頂きました。

 細胞検査の結果はまだですがポリープが沢山あって、先生が言うには「ピロリ菌がいない胃にできるポリープなので、全く心配要らないよ。ほっておいても全然構いません。」とのこと。

 ひと安心しましたがピロリ菌が何なのか解らなかったのでネットで調べてみると、胃ガンや胃炎などの原因になる菌だそうで、ごく稀にピロリ菌がいなくても胃ガンになることがあるけれど、ほとんど無いそうでピロリ菌がいなければ胃ガンにはならないと言っても過言ではないとのこと。
 それにピロリ菌がいても胃ガンになる確率は0.4%程度らしいのでピロリ菌がいるからといって必ずしも胃ガンや胃炎を発症するわけではないようです。


モダンタイムス 2011.10.16 リポート

 いや~、今モダンタイムスから帰ってきました。
ご来場の皆さんも出演者の皆さんもお疲れさまでした。
楽しかったです。

 今回は4バンド出演でメンバーも多くて客席が少し狭かったかもしれませんが、多数のご来場をいただきありがとうございました。今回も動画の準備をしていますので、また後日アップする予定です。

しかしguppyさんは、そのうち3Bandに出演されたので相当お疲れだとおもいます。ありがとうございました。

 先ず始めは「みやこもり」からです。
みやこもり            モダンタイムス①
 今回もハモが分厚く、3声とは思えない凝ったハモで楽しませてくれました。いつも日本語の曲のイメージが強いですが洋楽モノは初めて聴いたかもしれません。

Going out of my head,can't take my eyes of off you

 ノダマさんが東京へ転勤されるとのことで今後の活動が気になりましたが、ライヴ活動のため今後もしょっちゅう京都に戻ってこられるようなので安心しました。社会人バンドはどうしても仕事に制約される部分が多いため大変です。

 2番手が「黒山」。
黒山    モダンタイムス2011.10.16
 リハのときは返しの音質が気に入らなかったんですが、本番ではほぼバッチリでした。前回もそうでしたが、モダンタイムスはミキサーのオペレートがしっかりしているので演奏しやすいです。僕たちは決まったことばかりでなく、その時々のフレーズで次どう弾くかが変わってくるので、自分に聞こえてくる音質で演奏自体がかなり左右されます。客席の音はどうだったでしょうか?

 次はマジカル・ブルーです。
マジカル・ブルー     モダンタイムス①
 以前、B7でご一緒したときは選抜メンバーで4~5人でしたが、今回は総勢9名と大所帯で管も2本入ってゴージャスなサウンドです。軽妙なおしゃべりと熱い歌で楽しませてくれました。
永年活動されているだけあって落ち着いた演奏で安心して聴けますね。

流れ行く季節
色気のあるいい声で、バンドの演奏も盛り上げてくれます。


 そしていよいよとトリは「Something」。

Knockin' on heaven's door

 guppyさんの演奏はもちろんですが奥様の唄が非常に素晴らしく、デイケア施設での歌唱とはうって変わってドスの効いた歌声で久しぶりに聞かれた方も「昔と全然違う。」とビックリされて相当感激されているようでした。
個人的には綾戸チエのようなジャズっぽい曲なんかも合うような気がしましたがどうでしょうか?
 さすがに年季の入った演奏で聴かせどころ満載でした。しかし、夫婦揃って迫力のある歌声なので、これで夫婦喧嘩したらどうなるのかと考えると怖い気もしました。


今度の日曜日はモダンタイムスへ。

今度の日曜日、10月16日はモダンタイムスで演奏します。

 「黒山」だけでなく、guppyさんが中心になって「みやこもり」と「Something」のほか「マジカル・ブルー」の4バンドの出演となります。
お時間のある方は是非のぞいてみてください。

2011  モダンタイムス

 これが終わると次は11月27日の近江八幡「ポワン・デュ・ヴュ」での演奏になりますが、こちらはフレンチのコースのお店ですので一般的なライヴ・ハウスとは少し趣が異なっています。


夏の思い出[タコチャーハン]

 スッカリ秋らしくなってきました。
皆さん、この夏はいかがでした?
良い思い出ができたでしょうか?

 ハライソのさっこちゃんみたいに「後ろめたい」想い出があるといいんですけど、僕の場合は思い出すのは四条大宮の王将で売っていた[スパイシー・タコチャーハン]です。
王将1
 
 美味しいですよね「タコライス」。
それがチャーハンになったらどんな味がするんでしょうか?
注文して待っている間もワクワクしながら味を想像していました。

ところが出てきた一品を食べてみると、タコの切り身が入ったちょっとスパイシーなだけのただのチャーハンだったんです。
サルサ・ソースは全然入っていません。
ガッカリしました。

 いや決して不味かったわけじゃあないんです。
けど、どうしてもガックリきてしまいます。看板をよ~く観れば間違わなかったと思うんですけど、僕はこの看板を見て色からしてもてっきりサルサ・ソースの入った「タコライス」のチャーハンみたいな食べ物を想像してしまったんです。
看板見たときどれだけ盛り上がったことか!

 勝手に想像して、勝手に間違って、勝手に期待して、勝手にガッカリした夏の想い出です。

ま、恋愛もそんなものかも知れないですね。


酒呑童子ライヴ 2011.10.2    リポート

 いや~秋の酒呑童子ライヴ、終了しました。
多数の皆さんにご来場いただき、ありがとうございました。

 黒山としては先日の介護施設での演奏から近い日程だったので、スケジュール的に厳しい部分もありましたが楽しく演奏することが出来ました。
黒山2

 今回は久しぶりにハープの山ちゃんに3~4曲吹いてもらいましたが、かなり盛り上げてくれました。
(おまけに写真係までしてもらってスミマセン。)
黒山黒  黒山山

第2部は立命館大学 軽音楽部の「カルネヴァーレ」さんです。とっても元気な演奏で若さを分けてもらった感じです。
カルネヴァーレ1
アンコールも来て素晴らしいステージだったと思います。 
お疲れさまでした。

 そしてそして、ここでなんと「カネ吉ヤマモトフーズ」さんから、ご来場の皆さんに以前このブログにも書いた「和牛カリー」のプレゼントがありました。
じゃんけんで負けた3名さん以外にはほぼ全員お渡しできてよかったです。カネ吉の和牛カレー


この後、第3部ではguppyさんの奥さんに先日の介護施設での曲から3曲歌って頂きました。
黒山奥

そしてラストは「未来予想図Ⅱ」をカルネヴァーレとジョイントです。
ジョイント
 
 これが終わった時点で9時頃でしたが、ここからオフ・ステージで「みやこもり」をはじめ、ご来場いただいたプレイヤーの皆さんに演奏していただきました。

 若い10代のお客さんも多くいるなかで、どれだけ出来たかは判りませんが楽しく過ごさせていただきました。
これも来ていただいた皆さんと酒呑童子のマスターのお陰です。

ありがとうございました。


カリンバ・ピクニック 2011.10.1~2リポート

 今年も行ってまいりました、カリンバ・ピクニック。
なんと16回目とのことですが、僕が行き始めてからでももう7~8年になるのかな?

 ロビンさんの人柄なのか、相変わらずいつもの固定メンバーもいれば毎年新たに参加される方もあり出入り自由な感じがいいんでしょうね。

 今回もいろんな楽器がありましたが、カリンバを中心にいくつか紹介してみます。
先ずはオーソドックスなアフリカのカリンバです。
カリンバ1
大きさはいろいろあります。

こんなのもあります。
カリンバ2 カリンバ3

レギュラー・メンバーのMさんもカリンバを作っています。カリンバ4

カリンバ製作で有名な上杉さんの作品です。
カリンバ上杉1  カリンバ上 杉2
カリンバ上杉3  カリンバ上杉5

他にもいつもディジュリドュを演奏される方が持ってきていた似たような音のする楽器。
ディジュリデュ

名も知らぬ楽器や各種パーカッション。
名も知らぬ  パーカッション

そのほか、ムビラに口琴やブズーキ、尺八や三線にネイティブ・アメリカンの笛などもありました。
皆で合奏です。
合奏

踊っている人もいれば、風船細工を作っている人もいます。フーセン細工 チェコの人形                  チェコの操り人形。

 カリンバが好きな人がもちろん多いんですけど、他にもいろんな民族楽器奏者が来られたりカリンバを製作されている方や大道芸・ジャグリング関係の方や、何だか判らないけど面白そうなので寄ってみた、っていう通りすがりの人など多種多様なメンバーが来られていて、普段周りにいないような人が沢山いるので最初は目まいがするような感覚を覚えましたが、そのうち自分もその一人だってことに気付いてあまり気にならなくなりました。

 今年は10月1日・2日でしたが、初日は打ち上げにも参加して初めてお会いする方とも何人かお話できて楽しかったですねえ。
2日目は自分達「黒山」のライヴがあるのでお昼過ぎに失礼しましたが、ヒロ君の作ったハバネロ味噌のおにぎりが相当美味しかったです。
来年もまた参加したいですね!

それまでにも何かあれば、また声を掛けてください。


居酒屋 伏見

 先日、ギターのエビス女子と一緒に、人に聞いて前から気になっていた京阪三条近くの居酒屋伏見に行ってきました。
伏見 店前

まずは事前の情報で野菜天と秋刀魚の造りを注文。
伏見 野菜天  伏見 秋刀魚造り
野菜天はてんこ盛り300円だし秋刀魚は一尾丸ごとで新鮮!これをつまみながらエビス女子と話ていると、隣の女性客がいろいろお店の情報を教えてくれたりしてフレンドリーな雰囲気。
伏見 店内

 そうこうしていると事前の情報通り、女将がドンドンいろんなものを勧めてきます。これをどうさばくかも客の力量になるようですが、今回はお勧めのシホっていう魚の造りを注文ました。
伏見 シホこれがまたモチモチっとした歯ごたえで、お勧めどおりたしかに美味しかったです。
魚系が主体のメニューなので、魚好きにはたまらないと思いますね。
それからドボ漬けも美味しかったです。

伏見メニュー

 サバ寿司も有名みたいで持ち帰りのお客も沢山おられましたが、もうお腹いっぱいだったのでこの日はやめておきました。隣の女性客とも、お仕事のことを教えていただいたりエビス女子のライヴ情報を教えたり僕の名刺を渡したりと盛り上がって、大変楽しい時間を過ごさせて頂きました。かなりな常連さんのようだったので、この店に来ればまたお会いできるかも。

 ちなみにフジオカ・ガバメンツの次のライヴは10月9日の夕方から烏丸丸太町のネガポジにて実行ですので、お時間ある方は是非お立ち寄りください。いいモノ持ってます。


ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR