2011 / 12
<< 2011 / 11  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2012 / 01 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
2011-12-の記事一覧

12月25日、嵐山は熱かったか? その3

 18:00少し前に、やっと「音や」のライヴ「女王様のX'mas」にたどり着きました。

 まず、トップは「うさみみスタウト」です。
うさみみスタウト
これまでSATOMIさんは何度か他のバンドでの対バンやB7のセッションでもご一緒したことがありましたが、このバンドは初めて生で観ました。

guppyさんのブログからリンクで飛んでSATOMIさんのブログも何度か拝見させて頂いていましたが、実はうっちぃさんのことをてっきり女性だとばかり思い込んでいて最初声を聞いても男性のような声の女性だな、な~んて思っていましたが途中でほんとに男性だったことに気がつきました。
失礼しました。この日はかぶりものをされていたこともあったのでお許し下さい。

うさみみスタウト   SATOMI観るたびに感じますが、SATOMIさんは話をしていると優しい柔らかな感じですが、唄いだすと急に迫力が出てきて力強い情熱的な印象に変わります。

情熱の女って感じです。


 続いて2番目が「風花」です。
こちらも、ボンバー長谷川のイベントなどで何度もご一緒したりしています。
風花いつもイベントなので3~4曲程度でしたが、今回はたっぷり聞かせて頂きました。どの曲も羽衣さんらしい絵が浮かぶような歌詞で曲調は甘いメロウなイメージです。
ピアノ&ヴォーカルの羽衣さんのブログはリンクさせて頂いているので、またご覧ください。
ブログをご覧になると解ると思いますが、羽衣さんは音楽だけでなく写真や文章もかなりアーティスティックなセンスを感じます。
僕にとってはこれまでピアノのイメージが強い羽衣さんだけに、今回はカリンバでの弾き語りが特に印象に残りました。

アートの女って感じでしょうか。(一言で言い過ぎですね。すみません。)

 そしてラストは「みやこもり」です。
オカムラさんいつも綺麗なオカムラさんですが、この日は特に衣装もバッチリお似合いで可愛らしい感じです。
腰にあてた手が女王様ぽくっていいですね。
「女子大生みたい」と言うとスミマセン言い過ぎですが、こういう可愛い衣装が似合うならメイド服のコスプレもきっと似合いそうで見てみたいですねぇ。
音やのママからは宝塚の男役みたいなこと言われていましたが、そんなのもありかも。
なんせ華があるってことです。
この日はずいぶんリラックスされていたのか、演奏の方もいつも以上に楽しい気持ちが伝わって、こちらもウキウキしてきます。

今後はコスプレの女、でどうでしょうか?


 今回の「音や」企画、「女王様のX'mas」は3人の女性の花が競い合うのではなく咲き乱れている感じで、大変結構なものを観せていただきました。

演奏が終了しても皆さん残っていろいろお話に花が咲き、僕も22:30頃までいましたが翌日は仕事なのでお先に失礼することに。

僕の方はこのあと26日・27日・29日と3回の忘年会があってバタバタしているのと、盛り沢山な1日でしたので、動画はおそらく年明けになりそうです。しばらくお待ちください。


ひとまず、終わり。


12月25日、嵐山は熱かったか? その2

 ブラブラしていて見かけました。
こんなものもあったんですね。
嵐山水力発電所。
嵐山水力発電
今、話題の自家発電です。ご存知でしたでしょうか?

音や 焼酎片手に土手沿いを歩いて3時過ぎくらいに「音や」に着いてみると、その日は昼間にピアノの発表会を開催していたみたいで、いいとこのお嬢ちゃん達が沢山いて貸切のようでした。




 仕方なく入るのを諦めて、今度は嵯峨駅方面から歩いて嵐山駅まで戻ることにしました。
するとこんな看板が。
鮮魚のとりとめこれで「とり留」と読むようです。









 鳥肉屋かと思って中を覗いてみると、そこにはこんなフレーズが。
鮮魚の鳥留「鮮魚わ鳥留」


なんかシュールです。
店頭のショウケースには魚が並んでいました。


 そこからまた少し歩くと、今度はこんな張り紙が。
じっちゃん、ばっちゃん
いい感じを醸し出しています。





 次はこんなのも。
防火「焼いて泣くより笑って防火」


ウマい、座布団3枚!
って感じですね。



更にしばらく歩くと、この寒空の下で爺ちゃんがソフトクリームを食っていました。 ビックリしました。
ゆばソフト

ゆばソフト①見ると近くで「ゆばソフト」っていうのを売っていて結構売れているようでしたが、寒くて全く買う気になれません。

この頃になると焼酎を飲みながら歩いていたせいで、かなり酔いがまわってきて頭がクラクラしてきましたが体は冷え切って寒くて堪りません。


 ふと思い出したのが嵐山駅の足湯。150円でタオル付。
これで少し温まって行こうと早速駅の売店でチケットを購入。
足湯看板

足湯お客改札を入ると今まで気づかなかったのが不思議ですが、駅のホームの片隅に足湯がありました。
なんと僕以外は全員若い男女のカップルで、混ざって入るのは相当勇気が要りました。

中に入るとこんな感じ。
足湯中から
16:30から約1時間、ゆっくり17:30頃まで入っていました。
寒さのせいか、他のお客も皆さん長湯でしたね。

 これで酔いも少し醒めて身体も温まったところで、再び土手沿いを歩いて「音や」に。
日暮れの嵐山
とっぷりと日も暮れて、いい感じになってきました。


つづく。


12月25日、嵐山は熱かったか?

 日付が変わったので、もう昨日のことになりますが25日は午後から嵐山でずっとうろついていました。
ちょっと、あまりにも盛り沢山だったのでとりあえず簡単に流れを説明します。

まず、
14:45から嵐電の嵐山駅前チャリティ・ライヴで中井大ちゃん達の演奏を観る。
   ↓
15:30頃には終わったので一度「音や」まで行ってみたものの、ピアノの発表会をやっていて入れずブラブラしながら嵐山駅まで戻る。
   ↓
16:30から17:30頃まで嵐山駅の足湯に入る。
   ↓
17:50から22:30頃まで「音や」で「うさみみスタウト」「風花」「みやこもり」のライヴを観る。

というような流れですが、盛りだくさんで1回では書ききれないので少しずつ追記していきます。また動画も準備でき次第一部アップする予定ですのでしばらくお待ち下さい。


 というわけで・・・・
昼に高校駅伝を観たあと白梅町から嵐電に乗って嵐山へ。
嵐電車内広告
車内で何気なく広告を見ているとキャッチーなデザインの広告がありました。
「コツコツ丈夫な骨づくり」というコピーが観る人の心を鷲掴みにします。

嵐山の駅に着くと休日のため観光客でごった返していました。
嵐山駅前駅前をうろついていると直ぐに大ちゃんが声を掛けてくれて「今日は寒くてヤバイ。」とか「この前、音やママが大ちゃんのライヴを観に来てくれていた。」というような話をしていると、なんとこのブログを見てくれたのかマサコちゃん夫婦が来ていたので、すかさず声を掛けて一緒に中井大ちゃんと河野沙羅ちゃん達の演奏を観ることに。

中井大介           嵐山駅前チャリティ今日は、あまりの寒さのためか二人とも妙にハイテンションでしたが演奏の方はさすがに余裕でクリスマス・ソングもやってくれました。

しかし、いかんせん演奏時間が短くやりづらかったと思いますが、寒さで聴く方もやる方もこのくらいが限界ですね。
僕は駅の売店で焼酎のお湯割りを買ってチビチビやりながら観ていたので少しはマシでした。

沙羅ちゃんはこの後どこかでライヴがあるってことで早々に帰り支度していたので大変です。
お二人も一緒に演奏していたリッキさんもお疲れさまでした。


 マサコちゃん夫婦も年末の買い物に行くってことでここで別れて、とりあえず寒いのでライヴ中に飲み干したお湯割りをおかわりして「音や」が開いていないかと思って焼酎を飲みながら行ってみることに。
焼酎お湯割り



つづく。


お歳暮?

 少し前に、以前お世話になった方にお歳暮でもないんですけど、例のカネ吉ヤマモトフーズの和牛カリーを贈ったところ、お礼に、と言って黒糖焼酎を戴きました。
黒糖焼酎
ずいぶん前に他の方から、奄美の黒糖焼酎で弥生ゴールドっていうのを頂いて大変美味しかった記憶がありますが、これはどうでしょうか。

[金作原]が40度、[六調原酒]が38度です。
これからの季節、お湯割りにはアルコール度数の高い方がいいかもしれないですね。
楽しみにチビチビやるつもりです。


奈良の忘年会

 奈良での忘年会が終わって帰ってきました。

今日は疲れたので500円プラスして、やまと西大寺の駅から特急で帰りました。
大和 西大寺の駅

なんか、特急券の売り場の窓口の横に「鳩のフンにご注意下さい。」と大きく赤字で書いてありました。


それだけです。


忘年会1/3消化

 長浜から帰ってきました。
子供歌舞伎ステンドグラス
新しい駅舎になってから、長浜子供歌舞伎の様子を描いたステンドグラスが飾られていますが、実際の上演はまだ観たことがありません。
たまに琵琶湖放送のTVニュースで見かけますが、やはり一度は生で見てみたいです。秀吉が始めた事だそうなので、さすがに豪勢なもののようですね。

 しかし、年末までに8~9回の食事会がありますが、これでやっと3回消化しました。
ピッコロ長浜店 以前は彦根プリンスホテルのガーデンレストランにもよく行ったものですが、プリンスが売却して他の資本のホテルになってからは全く行かなくなってしまいました。

 特にプリンスのガーデンレストランが無くなってからのここ5年くらいは、長浜に行った時には80~90%の確率でこのピッコロボスコに食べに行きます。

 ここのところの宴会では、毎回これ以上食えないってくらい食べて、翌日は夕方まで食べないような変則の摂食になっていますが、そろそろ胃腸の調子もおかしくなりかけてきました。
 
 明日もまた奈良で、仕事関係の忘年会です。


12月25日は嵐山へ

 かなり冷え込んでまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 さて年末も押し迫ったクリスマス当日の夜、19:00~嵐山のライヴ・スポット「音や」さんで「みやこもり」「うさみみスタウト」「風雅」の3バンドのイベントがあります。
3バンドとも、いろんなところでご縁がある、というかそのうち2つはこのブログにもリンクしているわけで「京都は狭い」って感じですけど、とにかく皆さん精力的に活動されていて羨ましい限りです。

 そんなことで、僕も突発事態さえなければ観に行こうと思っていたところ、なんと当日の昼間には嵐電のチャリティ・ライヴで中井大ちゃんやパイレーツ・カヌーの河野沙羅ちゃんが14:45から嵐山駅前で投げ銭ライヴを行うようです。

こりゃ、午後から嵐山で飲みっぱなしか~?


粗挽きトウガラシ O Hot!

 前にも黒七味について書きましたが、スパイシーな食べ物は結構好きな方なんです。

 今年のロビンさんのカリンバ・ピクニックの際には、ファイアーでお馴染みになってきたサルヴァドール・ヒロ君の作ったハバネロ味噌を入れたおにぎりを頂いて絶品でしたが、なかなか自分でハバネロ作れません。

 そこで最近ハマっているのがこれ。
粗引きトウガラシ表大きさの比較のため、缶コーヒーと一緒に写しました。

この粗挽きトウガラシOHotは近所のスーパーで売っていたんですが、生唐辛子を主原料に食塩・ニンニク・醸造酢・酒精などが入っています。
謳い文句のとおり乾燥唐辛子にはない香りと旨みが特徴です。

 ヒロ君の手作りハバネロ味噌には及びませんが、結構イケてます。


昨日は大阪で

 昨日の日曜日は寝屋川で用事があったため、その足で大ちゃんと飲んできました。

 天満の駅で待ち合わせて、近くの天神橋5丁目のお店に行きました。
天五横丁しかし、大阪はいつ行っても人がうじゃうじゃいてビックリします。電車もホントにすし詰め状態で押し合いへし合いなので、女性がオッサンとベタっと引っ付いていても気にしてたら乗れません。こういう環境で長年生活しているから大阪のオバちゃんは強くなるんでしょうか?


 1軒目は、どこをどう通ったのか判りませんが「肴や」というお店で、地元では名の知れたお店とのこと。
肴や①  肴や②

 ここで結構飲み食いしてから、2軒目の「かんちゃん」へ。
立ち飲み屋かんちゃん
なかなか気難しい大将とのことでしたが、この日は終始平穏無事でした。カキのガーリック・バター焼きが美味しかったです。

 お店も腐るほど沢山あるのに経営が成り立つのはやっぱり人が多いから、何でもありでマニアックなお店でもコアなファンが少しでもいれば、割合としては少なくてもそれなりの人数になるからでしょうか?

京都と大阪の環境の違いをかなり感じた1日でした。


師走に愚痴る。

 12月になって急に寒くなってきましたね。
ここ数年は仕事がらみで忘年会や新年会にやたら出席せざるを得ない状況になっていて、この後何かと気ぜわしい時期を迎えます。

 そこにもってきて仕事のクレームや嫌な上司の嫌な面をこれでもかと見せ付けられたりして気持ちが萎えがちですが、自分の勤め先だけが特に嫌な人が揃っているという訳でもないんでしょうね。

取引先の某社でも、私の勤め先以上に嫌な雰囲気の漂っている会社もありますし、以前働いた会社では犯罪スレスレではなく犯罪を指示されるような会社もあったので(すぐに辞めましたが。)、今の勤め先はまだマシな方なのかと自分を慰めてみたりします。

そんな気持ちになること、ありませんか?


ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR