2012 / 08
<< 2012 / 07  - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2012 / 09 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
2012-08-の記事一覧

平智之衆議院議員IWJのインタヴュー再掲

 6月にアップしたIWJのオリジナルは無料視聴期間が過ぎて閉鎖されましたが、YouTubeにダイジェストがありましたので再掲します。(5:02)


 一部重複しますが、枝野大臣のほか京都選出国会議員の前原誠司さんの言動についての岩上氏の報告も重要な気がします。(4:50)


これも重複する部分がありますが貼っておきます。(3:39)


おなじ京都選出の国会議員として、前原氏と平氏の対照的な行動原理には驚きを感じずにはいられません。
IWJさん、すみません。


電気も食料も自給自足?

 う~ん、一昔前だったらコミューンとか宗教的な集団か?などと相当怪しまれたに違いありませんが、事ここに至ってはあながち全否定は出来ない気がするから不思議です。



 こんなの観ると、全部はとても無理でも少しくらい自分でも何か出来ないか工夫したくなってきますね。


「会員制ボンバー長谷川」2012.8.28

 8月28日もボンバー長谷川、会員制にてオープン。
本日は常連客の中でも信頼あるA氏の会社関連の皆さんが集っておられました。
A氏の集い①
集まった方の承諾を得るまでもなく公開してしまいますが、交通事故に遭ったと思って諦めてください。


 このあと何曲か一緒に演奏して盛り上がりましたが、本日初めてご来店というSご夫妻の持参していただいたお料理が素晴らしく、すき家で晩飯を食べて行ったことが悔やまれます。

 いや~、いつもの雑多で適当でなんでもアリなボンバー長谷川のいい感じですねぇ。


マスコミで国境付近が取沙汰されているようですが

 僕はテレビを観ないので、もう一つよく分りませんが、ここのところ竹島や尖閣諸島の問題がクローズアップされているようですね。ちょうどオリンピックもあったのでナショナリズムが刺激されて熱くなっている人も結構いるようです。

 でも外交問題は、よ~く考えて意思を表明しないと足元をすくわれることがあります。カッとなってワッ~と言ったことが取り返しのつかない損失を生むことがあります。

ラジオでは田中康夫さんはこう言っています。


 戦国時代の「賤ヶ岳の戦い」を例に採ると、秀吉は相手が拳を振り上げることを待っていて、柴田勝家が、秀吉の実力を過小評価して退却しなかった佐久間盛政を制御できなかったことが敗因となったことは有名ですね。

 先日、買った孫崎享さんの「戦後史の正体」は4章まで読みましたが、タイムリーにIWJで「孫崎享インタヴュー」があったので載せておきます。全部が全部でないにしても、このような側面があったことはあったんでしょうね。本を読むのが苦手な人はどうぞ。


Video streaming by Ustream

 ほか、ビデオニュース・ドットコムでは尖閣状況に関して中国国内問題の政争の具にされているとの論考がありましたので、ついでに載せておきます。

 私の勤務先ですら、表だって争っている対立する2者がいても、実は原因は他の人にあったりして現実は意外に複雑なものです。まして国際関係がそうそう単純な図式では無いような気がするんですけどねぇ。


「ボンバー長谷川」会員制にて臨時カンパ営業

 7月はじめ頃から休業が続いている「ボンバー長谷川」ですが、都雅都雅でのイベント「おじさんの夏」の直後から手術のため現在入院されています。

 そこで「数名の常連客が交代で時々お店を開けてカンパ代わりにしよう。」ってことになったようで、スパンキーさんから「本日営業」との連絡があったので覗いてきました。

臨時休業1すると看板の灯りは消えているのに店内には灯りが点っています。

    ドアには休業の貼り紙が・・・
    臨時休業2

ガラっと開けて覗いてみると・・・
会員制1
既にこのお二人がくつろいでいました。

早速、買ってきた缶ビールを飲みながら話をしていると、いつもの皆さんが・・・
会員制2
私は野暮用があったのでこれで退散しましたが、この後もお客が次々と来るようでしたね。

 システムはチャージが1000円で飲み物・おつまみは各自持ち込みとのことです。
大家さんには、信頼ある方が鍵を預かって時々店を開けるとは言ってあるようですが、一見さんはお断りで常連さんのご紹介者のみ入店OKとのこと。
都合がつくときだけの営業ですのでお間違えなく。

 どうも私にも当番が回ってきそうな気配です。


お好み焼き「一休」

 昨夜は会社の同僚と一緒に久しぶりに天神川高辻にあるお好み焼き「一休」に行ってきました。
『お母さん!僕は来る日も来る日も修行なんです!』

 さんざん飲み食いしてグチを言って帰ってきました。
お母さん、ありがとう。身体大事にしてね。


「ボンバー長谷川」情報?

 ということで、ジュンクの後で四富会館に寄ってみましたが、やはり「ボンバー長谷川」はお休みでした。
で、「たすく」に寄ってママに様子を尋ねてみましたが、ママも詳しいことは知らないようで逆に具合を尋ねられました。

 首の神経が圧迫されているとかで、けっこう大変な手術だと聞いていたので、具合が悪いといけないと思って連絡してませんでしたが、手術からだいぶ日にちも経ったので「そろそろいいかな?」と思ってメールをしてみたところ返信があって「今はリハビリ中で、手術の後は順調で退屈してます。」とのこと。

ちょっと、ホッとしました。


「戦後史の正体」孫崎享

 今日は久しぶりに、会社の帰りにジュンク堂に寄って本を買ってきました。

今度の休みに読もうかと思っているのが、今話題の本「戦後史の正体」です。
孫崎享
 昔、勤めた会社の経営者から言われたことが原因で「これじゃ、竹槍で戦闘機を叩き落とせ、と言っていた戦時中と同じだな。」と感じたことがあって、どうして日本ではいつまでたっても戦時中のような非論理的なことが平気でまかり通るのかと思って、当時の思想に興味を持ったことから、時々昭和史についての本を読んだりすることがあります。
 以前読んだ、松本清張の「昭和史発掘」では戦前から戦争に突入して戦後までが清張節で語られていて読み応えありました。

この「戦後史の正体」はまだ読んでいませんが、さすがに話題の本だけあって帰りの地下鉄でたまたま前に立っていたオジサンがなんとこの本を読んでいました。


桃屋のきざみしょうが

 最近ハマっているのがこれ。

桃屋のきざみしょうが。
桃屋のきざみしょうが

 ここのところ毎日のように、冷奴にこれをのせて醤油をかけて食べています。
元々しょうがは好きなほうで、うどんにも生姜があれば生姜を入れる人なんですが、これは菜種油が入っているのでピリッとしたなかにもコクがあり冷奴に合わせるとクセになります。


NHK、ETV特集「ルポ原発作業員」

これを観ると大変失礼な言い方ですが、私の会社での労働もまだまだマシだな~と思わずにはいられません。


 奥さんの不安な表情が堪りません。
給料は安いけど、少なくとも私の会社でこれほど健康への危険を感じることはありませんから。


メガバンクにお金を預けていませんか?

 ネットの報道をみていると、いくら原発に反対していても「みずほ」や「三菱UFJ」「三井住友」にお金を預けていると意味ないよ、という趣旨のコメントがありました。
理由は、メガバンクはこれまで原発は国策だから必ず回収できると野放図に融資していたが電力会社が潰れては回収できなくなるために今まで以上に原発を推進していて、だから原発再稼働を条件に更に巨額の融資をしたりもしているそうです。

 実は、私「みずほ」に全財産(と言ってもたかがしれていますが)を預けています。
これが本当なら預け先を変えようかな?とも考えていますが、毎日のように通勤のバスで一緒になる美人のお姉さんが、知らなかったんですけど「みずほ」にお勤めで、先日バイクの税金を払いに行った時に偶然顔を合わせて「あら~、いつもバスで一緒の方ですねぇ。」などと話掛かられたこともあり解約し難い雰囲気ではあります。(我ながら、男って何てアホな生き物なんでしょうか?)

それはともかく、メガバンクにお勤めの方は例えば「事実と違う。」とかの反論はあるのでしょうか?

と言っても関東の城南信用金庫のように脱原発を明確に打ち出している金融機関は京都では知りません。
どこかに良い預け先はあるのかなぁ?


藻から石油?

 暑い日が続いていますが、皆さん大丈夫でしょうか?
何もしなくても、グッタリ疲れてしまいます。

そんな毎日ですが、3.11以後の日本は今後の私たちの行く末を決定するような大問題が噴出しているように感じます。
半径1m以内の出来事に一喜一憂している自分が情けなくも感じます。

そんななか、藻から石油が採れるというニュースがあったのでお知らせします。

いや~ビックリしますねぇ!


YouTubeからのお知らせ

 「あなたの動画の一つが現在YouTubeで人気を集めています。そこで、クリエイターとしての成功を後押しすべく、このたび動画の収益受け取りプログラムにご招待します。」とのメールがYouTubuから来ました。

 動画の再生記録を見るとかなりの回数が再生されているものがありますが、いづれも自分の演奏でもないし、カバー曲だしどうなんでしょうね。
オリジナル中心で活動されている方にとってはこういうのはありがたい話なんでしょうか?


自由に持帰て下さい。

数日前から近所のゴミ捨て場に登山靴が置いてありますが、誰か持ち帰る人がいるでしょうか?
自由に持帰てください。
かなり古びていて湿気てそうです。


坂本龍一インタヴュー(IWJ)

いや~、こんなの今だけでもタダで観れてスゴイですね。IWJ。


Video streaming by Ustream


そんなアホな!?

 市内中心部にある取引先のビルでチョットしたトラブルがありました。

 そのビルは地下道にも通り抜けできるため一般の方もどんどん出入りされますが、1Fがロビーになっていてロビーの一角にはガラス張りのテナントがあります。
気がつくとロビー内のテナントの前(もちろん建物内ですよ。)にバイクが駐輪してあったため、テナントからクレームが来ないように当社の係員がバイクを表の歩道(公道)に移動させておきました。

 すると後刻、警察が来てそのバイクに駐禁の紙を貼っていたようで、戻ってきた持ち主が張り紙を見て警察へ行ったようです。
駐輪していたのはそのビルに用事があって来ていたオッサンで、警察と以下のようなヤリトリがあったそうです。

警察   「バイクを表に停めたのはあなたですか?」
オッサン 「いえ、私は館内に停めました。」
警察   「停めてはいけない場所だったのではありません       か?」
オッサン 「いえ、知りません。」
警察   「じゃあ、あなたが表に移動したのではないのです      か?」
オッサン 「私は一切動かしていません。」
警察   「この駐禁の違反の対象者は1番目がバイクを移       動させた人で、2番目がバイクの所有者であるあ       なたです。誰が動かしたか分りますか?」
オッサン 「分かりませんが、おそらくビルの従業員だと思い      ます。」
警察   「それが分かれば、その人が違反金と点数を引か      れることになります。」

 と言われた、と言ってビルに来て当社の係員に「誰が動かしたか分りますか?」と尋ねてきたそうです。

 とっさに「いや、今すぐは分かりません。確認して分かれば今日か明日にでも連絡します。」と返答して連絡先と氏名を聞いて、とりあえず帰って頂きました。その後係員が管轄の警察に確認したところ、法律上は上記の通りの処理になるとの返答だったと言われ、私にどう対処したらよいかを尋ねてきました。

 私は「一警察官の言っていることだし、間違いもあるかもしれないので府警本部に電話で確認するように。またオーナーの担当者にも状況報告をするように。」と指示したところ、府警本部からは「本日は担当官がお休みなので所轄署で聞いてくれ。」と言われ、オーナーからは「オタクの会社とバイクの所有者と警察の3者で話をしてください。」と言われたそうです。

 所轄署は先ほどの警察署で答えは同じだし、オーナーも他人事です。
一体、当社の係員は罰金を払って点数まで引かれることになるのでしょうか?もし、ロビーのバイクをほっておいたら確実にテナントからクレームがきて、オーナーからも叱責されたに違いありません。

他人様の建物の中にまで入って非常識な場所に勝手にバイクを止めた人が何のお咎めもなくて、それは困るから仕方なく表に移動したら取り締まられるなんて!

そんなアホな!?



京都のデモはユルくて自由でオシャレどすなぁ!

 8/11に京都でこんなデモがあったんですね。
 学生の主催で最低限のルールはあるようですが、ユルくてシュプレヒコールもなくてシャボン玉を飛ばすなんて他府県のデモと比べても野暮ったさがありません。


Video streaming by Ustream
ブラスバンドはやはり華やかでいいですねぇ。


近況報告

 いや~皆さん、オリンピックで盛り上がってますかぁ!
僕はテレビを観ていないので、選手の話とかされても全くなんのことやら解りません。スミマセン。

 ここのところブログも更新しないで毎日何をしているかというと、体調不良でグッタリしている、というのが実情です。先日、久しぶりに医者に行って薬をもらったので少しはマシになりましたが、チョット疲れたり身体が冷えたりすると、やたら鼻水が出て困っていました。

 どうもこのブログを見ていると、僕の生活が毎日楽しいことばかりのように思えるようですが、先日のエアコンの件も然り。現実は毎日ロクでもないことが多いんですよねぇ。

 昨日は会社業務の監督官庁から呼び出され2時間も小部屋に閉じ込められて、取り調べのごとく質問を受けてきました。
あまり詳しくは書けないですけど私の担当業務は官庁の認可事業であり、こちらにも不備があったことは事実なので仕方ありませんが全て言いなりです。
お代官様~って感じです。

 その他、会社での意味不明の人事異動などがあり、自分のことではありませんが会社勤めの悲しさも感じたりしました。
いろんな立場や考え方の人がそれぞれ自己主張をするので「船頭多くして船山に上る」ということもあれば、リーダーが特定の人の言うことを真に受けて変な方向の判断をするといったことも多々あるわけで、組織が物事を判断するのって意外とむずかしいなぁ、と感じています。

そんなこんなでボンバー長谷川「おじさんの夏」にも行けず、つまらない日常を過ごしているというワケですね。


パブリック・コメント?

 エネルギーに関する意見聴取会っていうのがあって、原発依存について「0%」「15%」「25%」を選んで意見を聴く集まりが全国11箇所であったそうで、ネット上ではかなり話題になっていますが、70%以上が「0%」を支持していたそうですね。

主催者側は「15%」を落としどころに考えていたようですが、この結果をみるとやはり圧倒的に脱原発が国民の意見のようです。

 しかし、その他にこんなのもあったんですね?
全く知りませんでした。
内閣府の「エネルギー・環境に関する選択肢」に対する御意見の募集(パブリック・コメント)

 締切は8月12日だそうです。御意見のある方は内閣府のやっていることですからお気軽に遠慮なくどうぞ!


ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR