2012 / 09
<< 2012 / 08  - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2012 / 10 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
2012-09-の記事一覧

Cafe Reims

 今日は、ほぼお休みだったので三条の十字屋に弦を買いに行ってきましたが、その前にランチを食べようと烏丸三条のCafe Reimsに寄ってきました。
Cafe Reims1

 ここは、いつもアートフリーマーケットの業務中に休憩で利用させて頂いていますが、チョットお洒落なお店なので仕事着で入るのは申し訳ない感じです。
烏丸三条を東に入った南側の半地下部分にあって、階段を下りて店内に入ると予想以上に広くてゆったりしています。
Cafe Reims2

 ニンニクを炒めた香りが食欲をそそりますが、いつもは仕事中なのでゆっくり食事できません。今日はパスタのコース・万願寺のトマトソース(1000円)を頂きました。
パスタも美味しかったけど、デザートの梅酒のゼリー&アイスがイケてました。
お店のスタッフもキビキビとしていて、なんか気持ち良いんですよね。


ナンクル食堂

  先日の会員制「はせ川」でマサコちゃん夫婦に教えてもらった梅津の沖縄料理屋「ナンクル食堂」に行ってきました。
四条烏丸から市バスの3番に乗って梅津西浦町で下車。
徒歩3分ほどのところにあって、辺は暗かったけどスグに判りました。
ナンクル食堂外

 今日はなんの集まりだったのか、お店に着くとマサコちゃん夫婦の他にキンベさんとマダムちゃんが既にスタンバっていて、とりあえずはオリオンビールで乾杯!
マサコちゃん夫婦    キンベさん

マダム

 僕の知り合いで「付き合っている男性が自分の前でオナラをしたらゾクッとするほど嬉しい。」という女性がいるけど、皆さんはどうなのかを確認したりしてバカな話で盛り上がりつつ料理をパクつきました。

 先に出ていた、野菜のお浸しみたいなのも結構イケましたが、後で注文した沖縄ではよくある卵とハム?の焼いたやつも美味しかったし、特に「焼豚と筍とニンニクの芽の炒め物」が抜群でしたね。
焼豚と筍とニンニク芽
ほとんど食べてしまってから写真を撮るのを思い出したので、あまり美味しそうに見えませんが、かなり旨かったですね。

泡盛 その後、珍しいという泡盛を頂きましたがこれもイケました。





いや~また寄りたいものです。





アメリカ国内も酷そうですね。

 イラクから帰還した日本の自衛隊員の自殺率も相当に高いようですが、アメリカでは更に強烈みたいです。

 クリック→帰還後に自殺する若き米兵の叫び(ニューズウィーク)
 貧富の格差のなかで、同じ国民なのに軍隊を就職先として選ばざるを得ない若者たちが、除隊後にも大変な目に遭わされるアメリカという国は、いったいどんな国なんでしょうか?


# 福島の子供たちは大丈夫なのか?

 クリック→「福島県発表の資料」によると4万2千人の子供たちのうち。女子の小中学生の54~55%にのう胞や結節が見つかったそうです。

もちろん全員がガンになるわけではないでしょうけど、こんな記事を読むと大変心配になりますね。

 NHKのETV特集ではチェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告「第2回 ウクライナは訴える」のダイジェスト(10:36)がありました。

現実を見た現場の医師の認識と「科学的」と言われる国際社会の認識の違いが、国力の差で決定されているようにしか思えません。
いったい「科学的」とは誰のためのモノナノデショウカ?


会員制ボンバーはせ川、4回目の参加。

 今日9/26はguppyさんと次回の酒呑童子のイベント、衣笠ナイトの打ち合わせに「はせ川」を使わさせて頂きました。

  打ち合わせだったので他の常連さん達には声を掛けず、ひっそりとオッサン二人で7時から11時過ぎまでお邪魔した甲斐があって、結構実のある打ち合わせができました。

 不安だった鍵もすんなりと開けられて良かったんですけど、水道代の請求が4980円だったかな?来ていました。
  今日は二人でチャージ2000円だったので、賄えずにそのままにしてあります。


う~ん、やはりアメリカですか!


 東京新聞の記事で「原発ゼロ、変更余地残せ、米が要求」との記事がありました。
 こういう記事を読むと、先日読んだ「戦後史の正体」や、昔読んだ松本清張の「日本の黒い霧」などの記述に信憑性を感じざるを得ません。

 毎年々々アメリカから年次要望書という名目で内政干渉されているということは聞いていましたが、私たち国民に見えないような形で、アメリカが我国に相当な圧力をかけていることは何となく解ってはいたものの、これは露骨ですねぇ。

 「日本の黒い霧」で記述されていたような、日本の統治者がGHQ内部での闘争にいかに翻弄されていたかという描写は、まさに現在の日本の政治状況と符号することを考えるとゾッとします。

 アメリカと中国というスーパーパワーとお付き合いをせざるを得ない我国が、双方から都合よく利用されずに国益を確保しながらも生き残るためにはどうすればよいのでしょうか?

 僕は個人的に両国の友人は一人もいませんが、たまに接触する旅行者などから受ける印象は「どちらの国民も自己主張が強力過ぎて、あまりお付き合いしたくないな。」という感じです。
貿易の状況を考えると、お付き合いしない訳にはいかないんでしょうけどね。

 まあ、日本人にも付き合い難い人達は沢山いるので、僕の接触した両国の人がたまたまそういう人だっただけかもしれません。
なかには良い人もいるんでしょうけど偏見でしょうか?


会員制ボンバーはせ川、3回目の参加。

 9月21日(金)はマサコちゃん夫婦が「はせ川」を開けるとのことで、22時頃から参加してきました。

この日は、僕とご夫婦の3人だけでしたが、奄美旅行の話や梅津方面の呑み屋情報など色々教えて頂きました。
僕も今後、梅津方面に出没するかも・・・

 それと、時間があれば僕も「はせ川」を開けますので、連絡があればまた覗いてくださいね!


おもしろ看板ファンの皆様に・・・

 「今日は仕事で嫌なことがあった・・・」とか「人生ロクでもない事ばかりだ・・・」「生まれてこなけりゃ良かった・・・」等々、私たちの日常は気の滅入るようなことばかり。

そんな日にはこれ。
クリック→「おもしろ標識、看板、貼り紙まとめ

いくつかページをめくってみると、必ずやご満足頂ける看板に出会えるものと思います。GO!


明日からの3連休はズッと仕事です。

 明日から3日間は仕事で「京都アートフリーマーケット 2012秋」の裏方をやります。
事故の無いように身体はキツイし神経も遣いますが、楽しい仕事でもあります。
京都アートフリーマーケット2012秋
天気が良いといいんですけどねぇ。

 まあ、そのおかげで老人介護施設での演奏依頼は「黒山」のかわりに「みやこもり」に出演して頂くことになりました。
助かりました。


子供はやっぱりいいですね。

 ニュースなどを観ていると「文科省や教育委員会はどうなってるんだ?」って思いますが、中にはこんな先生方もいるんですね。
クリック→アワプラネットTV 「移動教室」で教育を変える!~伊達市の挑戦


「黒山」酒呑童子 衣笠ナイト 10/7決定

 いや~久しぶりに酒呑童子のイベント、衣笠ナイトの主演が決まりました。

 8月にあったボンバー長谷川「おじさんの夏」も、このあと9月中旬に予定されている老人介護施設の「敬老会」も、どちらも仕事の都合で参加できず、せっかく声を掛けて頂きましたが残念ながらお断りせざるを得ませんでした。
「敬老会」の方は代わりに「みやこもり」にお願いして出演して頂けることになりました。

 衣笠ナイトでは以前も共演した才文くんと、美咲ちゃんがそれぞれ演奏することになりました。

  日時:10月7日 日曜日 夕刻
  場所:西大路平野神社の信号1筋下がる西側B1
     居酒屋 酒呑童子

 楽しみにしていますのでお時間のある方は是非寄って飲んで騒いでいって下さい。
また介護施設のお姉さんや近所のおっちゃん達も来るかも・・・




その後、大ちゃんと飲んできました。

  たね蒔きジャーナルの件で大阪に行ったので、そのあと大ちゃんと待ち合わせて福島で飲みました。
大阪福島占い商店街 











  この辺りに八方がウロつくことがある、という裏情報も教えてもらいました。

  最初に行ったお店は満席で入れず、いつ行っても空いていると評判のお店に行ってみると、やはり空いていたのでそこにしました。


マスコミかジャーナリズムか~「たね蒔きジャーナル」存続のお願い。

 このブログでもYouTubeから引用したことがあるMBSのラジオ番組「たね蒔きジャーナル」が打ち切りになるという噂があって、マスコミの中に極わずかに残る健全なジャーナリズムを守って欲しい、と願う人たちがカンパを募って毎日放送に寄付をして番組の存続をお願いをしよう、という動きがあります。
すきすきたねまきの会」というブログでも呼びかけていました。

 僕は8月中旬に初めて噂を聞きましたが、先日8/27に呼びかけ人の湯浅誠さんや小出裕章さん、今西憲之さん達が第一回の申し入れをしたようで、その後も呼び掛けを継続していました。
 昨日9/7の19:00~から第2回のお願いに伺うということで僕も行くつもりにしていましたが、仕事の都合で19:00には間に合わず20:00~の報告会だけでも行ってみようと思って、阪急に乗って行ってきました。

 梅田から地図を片手に慣れない大阪でしたが、直ぐに毎日放送の本社に着きました。
既に200人ほどの人達がたむろしていて、中には有名なブロガーの「ざまあみやがれい」さんの姿があったり、西宮の出版社「鹿砦社」の社員さんが発禁になった本を売っていたりして、皆さん呼びかけ人の人たちが戻ってくるのを待っていました。

 しばらく待っていると湯浅さんをはじめ呼びかけ人の人達が戻ってこられて申し入れの様子などを報告して頂きました。
この時の様子は僕自身も動画に撮りましたがIWJも中継していたようで、IWJのほうが映像も音声も数段ハッキリわかるので、またまた申し訳ありませんが貼り付けておきます。長いので48分頃からで十分かと思います。


Video streaming by Ustream
 なんと山本太郎さんも関電前で抗議活動をした後で急遽駆けつけてこられていました。(元気ですねえ~!)

なお、カンパは昨日で一旦打ち切りとのことですので念のため。


ちあきなおみ

 前回ご紹介した森達也さんの本、「ぼくの歌・みんなの歌」から「喝采」の章で「ちあきなおみ」の「夜に急ぐ人」という歌についての記述があり、歌った後で司会者が「何とも気落ちの悪い歌ですねぇ」と言ったり、ナンシー関が「ちあきなおみが気が狂ったと思った。」なんていうコメントが載ってたりして気になったので、ネットで探したところ出てきました。

 いや~ビックリしました。
青江三奈や森進一なんかもそうですが、この頃の歌手は、一線を越えている人が多いですねぇ。


「ぼくの歌・みんなの歌」 森達也

 最初、長谷川さんのお見舞いに行った時に退屈そうだったので、たまたま持っていた「戦後史の正体」を置いてきましたが、入院中に読むにはちょっと堅すぎたかな?と思ったので、この前行った時はもう少し柔らかい本を何冊か持って行きました。
そのうちの一冊がこれです。
森達也 
  内容はヒット曲にまつわる自分の想い出を綴ったものです。

 洋楽では確か「ホテル・カリホルニア」や「ライク・ア・ハリケーン」「ボヘミアン・ラプソディ」「ライク・ア・ローリングストーン」「イマジン」「ボーン・イン・ザ・USA」なんかだったと思います。

 邦楽では井上陽水の「傘がない」とか、あがた森魚の「赤色エレジー」、ちあきなおみの「喝采」、ピンク・レディの「ペッパー警部」、あと曲名は忘れましたが六文銭や岡林信康、忌野清志郎、サザン・オール・スターズ、ソウルフラワー・モノノケサミット、ポルノグラフティなんかの曲にまつわる想い出が綴られていました。
 年齢的には僕自身よりチョットだけ上なので重なる部分も結構あります。(ポルノグラフティについてはお嬢さんの影響です。)
 
 確かに、ヒット曲というのは特にファンだった訳ではなくても、その時何をしていたか、どんなことを感じていたかなどの記憶と密接に結びついていて、曲を思い出した途端に当時の印象的な情景が浮かび上がってきたりしますね。


「ハンセン病療養所が福島の家族を招待」藍原寛子さんの福島報告

ビデオニュース・ドットコムの藍原寛子さんの福島報告

クリック→「ハンセン病療養所が福島の家族を招待

 ・・・もう言葉もありません。


長谷川さんお見舞い~観光名所

 今日は昼過ぎまで仕事の後、千本北大路から市バス59番で長谷川さんを見舞いに宇多野病院に行ってきました。
宇多野病院 
  この前、行った時に退屈そうだったので本を何冊か差し入れて、30分ほど話をして帰りました。退院しても自宅療養であと1ヶ月くらいはかかりそうとのことです。
宇多野病院は長谷川さんの入院で今回初めて入りましたが、かなり広くてビックリしました。

 それにバスのルートも京都有数の観光名所を通って行きます。千本北大路から西大路に入ると先ず左大文字が見えてきます。
左大文字 
  ここはすぐ近くから大文字の送り火が見れるので迫力ありますね。




 このあと直ぐに金閣寺前を通って竜安寺ですが、さすがに下車する人が多いです。 

 そして御室仁和寺。
仁和寺① 仁和寺②

 福王寺を越え宇多野を過ぎると広沢ノ池や大覚寺があり、その西は嵯峨・嵐山です。
 
 そうそうたる観光名所ですが30年も京都にいて、この中で金閣寺に一度行ったのと嵐山に何度か行ったくらいで他はまだ訪れたことがありません。
そのうち一度くらい行っておこうかな?



「はまちの旅」

 ベルギー在住の友人「はまち」からマッターホルンに登ったとの映像が届きました。先っぽがトンガっていてホントに登れるの?って感じです。

山好きな方も、そうでない方も観てみて下さい。

*クリック→「はまちの旅

 過去にはトボけた味わいの、バカバカしい映像もあって笑えます。


ガレキもまだまだモメています。

 尼崎と泉大津はがれき受入れ中止だそうです。


 しかし、ずいぶん沈静化してきたと思っていたけど大阪市では大変なことになっていますね。
それにしても、こんなのテレビで放送されたんでしょうか?

 橋下さん、後でずいぶん怒っていたようですけど、どうするんでしょうね?


ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR