2013 / 05
<< 2013 / 04  - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2013 / 06 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

フード・インク、やっと観ました。

 前に書いた食品についての映画「フード・インク」のDVDがとうとう手元に戻ってきました。
フードインク

 勤め先の気丈な女子に先に観てもらったところ大変評判が良くて、「私も私も・・・・」となってなかなか戻ってこなかったんですけど「クロさんも是非観てください。」ってことで鑑賞の許可がでました。

 いや~、観るまでは「なんかグロいんじゃないか?」とか「精神衛生上に良くないんじゃないか?」「押しつけがましいんじゃないか?」な~んて先入観があったんですが、さすがアカデミー賞にノミネートされただけのことはありますね。

 別に「肉を食うな!」と言う訳ではなく、もっと社会的な視点というか労働問題も含めた企業のありかたや、私たちが見えなくさせられている地球規模の構造に光を当てた力作でした。

資本主義の総本山:アメリカが行き着いた先は大企業が弱い人々につけ込んで暴利を貪り、衛生面や安全性などお構いなしに食物を売りまくり公害が発生すれば役人を抱き込み抑えにかかっていく。
種の保存を許さない企業は徹底的に農家を監視して訴える。
とにかく金・金・金・・・という世界。(日本も安全性などお構いなしに外国に原発を売りつけるなど、かなりアメリカナイズされて来ましたね。)

 また、本編ではなく特典映像に入っていたものにも大変印象に残るものが多く、なかでも巨大食品会社に労働組合が出来た時の教会での映像にはビックリしました。
危険な作業を改善しようと立ち上がった労働者たちがやっとのことで労働組合を結成するという「蟹工船」の世界。
組合を結成した労働者たちのほとんどが黒人だったことには「あ~今でもそうなんだ。」と。
リーダーが煽って皆が唄いだす、っていう昔ながらのゴスペルがそっくりそのまま残っていることにも驚きました。

 NAFTA以降はトウモロコシ農家が壊滅的な打撃を受けたメキシコからの不法就労者を積極的に雇い入れ、まさに牛や馬のごとく低賃金でこき使い危険な作業をさせる。
時には警察とつるんで不法就労で逮捕しては労働者を脅す企業も・・・。
そこまでして金儲けしていったい何が幸せなのか?

しかし、なんとか歯止めを掛けようとする取り組みも紹介されていました。


ビデオニュース・ドットコム:「橋下氏の声は世界に響いたのか。」

 橋下大阪市長の海外特派員協会会見を読み解く。


単なる橋下市長への批判に終わらない建設的な考察ですね。


帯状疱疹?

 先週の木曜日頃に風邪の症状がやっと治まって薬をやめましたが、同時に周りから「顔が赤いけど日焼けしたの?」なんて言われて、よく見ると確かに日に焼けたように顔が赤くなっていました。
「おかしいなぁ、そんなに焼けた覚えないけどなぁ。」などと思っていると、翌日には顔がヒリヒリと痛みます。
最初は「顔をゴシゴシ洗いすぎたかな?」くらいに考えていたけど、だんだん痛くなってきます。

 それでも風邪が治った嬉しさでスポーツ・クラブに行って汗をかいた後、風呂で顔を洗うと触れるのもためらうほど痛くなってきました。風呂から上がってよく見ると、眼の周りや額にニキビの跡のように点々と皮膚が削れた部分があり、血こそ出ていないものの僅かに体液が滲んでいます。
風邪の薬を4日間ほど延長して飲んでいたこともあって「薬の副作用か?」と思ってネットで調べてみました。
医者にもらった抗生物質のレボプロキサシンを見てみると、副作用のところに中毒性表皮壊死症・皮膚粘膜眼症候群・日光過敏症などとそれらしい症状が書かれています。こりゃ副作用に違いない、と思っても土日で病院も休み。

 「まあ土日、休んで養生してたら治るかな。」と思って、とりあえず軟膏を塗って辛抱することにしましたが、顔を洗う度に激痛が走るのでほとんど撫でるようにしか洗えません。
幸いこの土日も特に用事は無かったので、この際外に出ず顔を洗うのを止めておきましたが、今日になっても治る気配がありません。(ちなみに今日は出勤したので洗いましたよ。でも、かなり痛かったです。)

 出勤した後、病院に行って診てもらったところ「おそらく帯状疱疹ですね。」とのこと。「よっぽどストレスや疲れが溜まったりしてませんか?」と言われ、てっきり薬の副作用かと思っていましたが、「そう言われてみると確かにどっちも溜まってるな~。」なんて改めて実感しました。
帯状疱疹って「弱ってきたオジサンが罹る病気」っていうイメージがあったので「ついにスッカリおじさんの仲間入りか~!」なんて弱気になったりね。もう後は下り坂。勾配をなんとか緩くするくらいなもんでしょうね。

 なので今日も早々と帰宅して、薬を飲んでおとなしくしていますが、ここ数週間ずっと何もできません。顔も痛いし何も出来ないしかなり辛いですね。


防衛庁の資料にねえ・・・

毎日放送:報道するラジオ


しかし、産経新聞なんかは全く逆の方向ですね。


PC遠隔操作事件、続報「本件はまさに、見込起訴である。」

 いや~佐藤弁護士、またまた怒っていますねえ~。


福島かのら避難、複雑ですね。

 ここのところ体調もスッキリしないので、部屋でネットをよく観ています。
東京電力の事故から2年以上経ちますが、苦悩は深まっているようですね。
気になる方はどうぞ。

 MBS
「福島は遠く~県外避難者の日々」

いろいろな想いが交錯します。
最期は住み慣れた土地で・・・との気持ちも解ります。


 OurPlanet-TV
「ふくしまの声」第3回 悩みながら、揺れながら

放射線被ばくの影響についても、避難できないのなら「忘れてしまいたい。」と思うでしょうね。
このお母さん、辛そうですが番組の最後には「子供は希望」だなと思わせるハプニングも・・・


風邪

 先週の木曜日あたりから調子が悪くなって、金曜日は喉も痛いしフラフラするしで仕事を定時に切り上げスイミングも中止にしました。
そこで真っ直ぐ帰ればよかったんですけど、せっかくだったので「一杯だけ・・・」と思って「ボンバー長谷川」に寄ったのが失敗。
土日はずっとしんどくて身体がだるいし動くと息苦しくて咳をすると緑の痰もでます。

 ところがこの土日は、以前から家主が「共用部の階段の棚を改修するので私物とそうでない物を分けてくれ。」ということでフラフラしながら私物と以前の住人のモノ等を分けて、屋上の踊場から1階に持って降りたりして疲れたためか回復せず。

 月曜の朝になっても少しフラつきと熱があったので、久しぶりに会社を休んで昼前まで寝てから、勤め先の近くの東洞院四条上ルの辻医院に行ってきました。
症状を伝えると「最近そういう症状でインフルエンザのケースがあるので検査してみましょう。」と言われ、鼻の奥に綿棒みたいなものを突っ込まれてグリグリされて涙が出てきました。
「10分ほどで結果がでます。」というこで待っていると、結局インフルエンザではなく普通の風邪のようでした。ちょっと安心。
帰ってから薬を飲んで少し寝たらマシになってきました。

 しかし「インフルエンザかも・・・」と言われるとドキッとしてあせりましたが、考えてみれば感染力は強いらしいので他人に染さないように用心はしないといけないかも知れませんが、昔はどうってことない風邪の一種みたな感じだったのに最近は法定伝染病並みの嫌がられ方ですね。

 そういえば、以前に読んだ「インフルエンザワクチンは打たないで」という本では、インフルワクチンは全く効果が無い上に危険性も高く、インフルの怖さを煽って製薬会社の在庫処分に利用されている、みたいなことが書いてありましたが、どうなんでしょうか?

巨大資本の宣伝力=洗脳力は原発の安全神話でもそうですが想像以上に強力です。
インフルワクチンが効くというのは製薬資本の流すでたらめなんでしょうか、それとも・・・・。

この本のクチコミにも「よくぞ書いてくれた。」というのと「でたらめ書くんじゃねえ。」というものに真っ二つに分かれています。


いずれにしても、ともかく明日には出社できそうです。


茨木音楽祭 リポート③

 茨木神社で少し演奏を観てから、2時過ぎになっていたのでボチボチ春日商店街方面に戻ることに。

時代屋 ガードをくぐって春日商店街を通っていると「cafe りょく」に行くまでに「時代屋」というお店がありました。
いったんは「cafe りょく」に行ってみましたが、ちょうど演奏中で入れなかったので、しばらく「時代屋」で時間を潰そうと戻ってみると看板には昭和音楽処と書いてあります。
イバオンのポスターも貼ってあるので中に入ってみると、やはりライヴハスのようです。ビールを頼んで飲んでいると、隣に座ってカレーを食べていたお姉さんがトイレに行って戻ってくるとイバオンTシャツに着替えていました。驚いて「着替えたんですね。」と言うと「今から演奏するのでよかったら聴いていってください。」とのこと。

北山真美さん
 それまで僕達の他は彼女ともう1組だけでしたが、演奏が始まった途端に彼女の追っかけみたいなお客さんがドンドン増えてビックリ。「北山真美」さんという方でオリジナルのポップスを演奏されCDも2枚ほど出されているそうで、なるほど良い曲もありましたね。帰ってからネットで見てみると結構頑張って活動されているようです。

つづく。



茨木音楽祭 リポート②

 「りょく」を出て今通ってきた春日商店街を戻りJRのガードをくぐって阪急方面に向かうと、途中右手のグランドがメイン会場です。
いばおん メイン会場
大きなグランドに特設ステージを組んでいて、ポップス系の女の子が歌っていました。全体的にオリジナルソング中心のポップスやフォークが多いようですね。


いばおん ポスターポスターもあちこちに貼ってあります。






茨木神社さらに阪急の駅の方に進むと、左側に茨木神社というのが見えてきました。
結構大きな神社でここも会場になっているようです。


阪急本通 入口茨木神社を通り過ぎて阪急の駅前まで行くと阪急本通という商店街があり、ここも会場のようでピアニカの女の子二人が通りで踊り狂いながら「情熱大陸」を演奏していました。 

 阪急本通を通って神社会場に戻るとサウンドチェック中のバンドがあり、覗いてみると何とギターの人がguppyさんの知人のようでした。
神社会場スティーヴィー・ワンダーの曲や西岡恭蔵の「アフリカの月」なんかを演っていていい感じです。



茨木音楽祭 リポート①

 昨日、5月5日は「黒山」で茨木音楽祭というのに出演してきました。

 主催者から「12時から始まるのでなるべく早めに来て下さい。」ってことで、出演は1回目が17:00~でしたが、guppyさんと京都駅で12時に待ち合わせてJRで茨木へ。茨木って大阪に行く途中で通過するだけで今まで一度も降りたことがないけど、どんな街かな~っ?

 JR茨木駅に着いて、とりあえず最初の会場「Cafe りょく」のある春日商店街に向かいます。
西口を出て線路沿いを京都方面に歩いて行くとJRのガード下に春日商店街の案内表示が。
春日商店街 案内 春日商店街 看板

春日商店街 通り
なんか、つげ義春の漫画に出てきそうな商店街です。

「ホントにここでいいのかな~。」などと思いながら進んで行くと、商店街を抜けて左に曲がったところに「cafe りょく」がありました。チョットお洒落なお店です。
cafe りょく 外観 cafe りょく 出演者
よく見ると出演スケジュールが書いてあり「17:00~黒山」となっていて、その後18:00~がラストのようです。
中に入って挨拶をすると、司会の方が「楽器などの荷物はお店に置いても構わないですよ。1時間前くらいまでに戻ってきてください。」とのこと。

いばおん Tシャツメイン会場で飲食できるお食事券を頂いたので、渡されたIBAONのTシャツに着替えてメイン会場や他の会場をウロつくことにしました。よく見るとTシャツは2012のものでした。予算が厳しいのでしょう。


パソコンがまだ届きません。

 今日は5月1日ですが、4月22日にパソコンを注文して約2日ほどで届く予定だったハズのパソコンがまだ届きません。
それもそのハズ、まだ代金を払っていないからなんですが、デルとのやり取りで何回かの行き違いや間違いが重なって、払う気満々なのにまだ払えていない状態です。

 そもそも最初、ネットで購入ボタンを押したときに「コンビニ払い」を選択したところ、払い込みの番号らしき表示が消えてしまって、どこに振り込んだらよいのか判らなくなりました。

仕方なく翌日デルに電話したところ、どうもこちらが間違えていたようで、対応してくれたお姉さんから「現金振込みを選択していますよ。」と言われました。
「早く払ったら早く届くかな。」と思って現金振込みでもいいけどな、と思っていると「コンビニ払いなら手数料が掛かりませんよ。」とのこと。
「じゃあ、今からコンビニ払いに変更できますか?」と尋ねると「出来ますよ。コンビニの払い込み用紙を送るので、現金振込み用の請求書は破棄してください。」ということになりました。

 2日ほどして現金振込みの請求書が届きましたが、間違えるといけないと思ってコンビニの振込み用紙が届いてから破棄しようと思ってとっておきました。

 ところが、それから2~3日ほど待ってもコンビニの払い込み用紙が届きません。

 そうこうしているうちに連休初日の27日になってしまいました。
その日は昼過ぎまで仕事で、そのあと長浜に行く予定でしたが、お昼ごろ掛かってきた電話に出られず後で留守電を聞くとデルの担当者からで「支払いの件でお電話しました。また後ほど掛けます。」とのこと。訛りから外人女性であることが解りました。
早く払ってしまいたかったので着信番号に掛けてみましたが、こちらからは掛からないようになっていて仕方なく再度掛かってくるのを待っていましたが一向に掛かってきません。

 あきらめて長浜に向かい、4月29日の晩に帰宅したところ27日の日付で担当者からメールが来ていました。
読んでみると「コンビニの払い込み用紙と間違えて現金振込みの請求書を送ってしまったので連絡ください。」とのこと。
間違えて送ったのが解っているのなら連絡など待たずにサッサとコンビニ用紙を送ってくれたらよさそうなもんですけど、そこは外国人なので仕方ないかと思って「コンビニ用紙を待っているので送ってください。」と返信したところ、翌30日に「送ります。」とのメールがありました。

 今日はまだ届いていませんが、おそらく明日5月2日にはコンビニ用紙が届くと思います。もともと早く届くかと思って商品の配送先を会社にしていたため、2日に払い込んでも入金を確認してからの発送になるので連休中に会社に配送されても困ります。なので5月7日以降に届けてください、とメールせざるを得ませんでした。

長いな~!


ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR