2014 / 01
<< 2013 / 12  - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2014 / 02 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

世田谷区長の保坂展人さんインタビュー

マガ9に保坂さんのインタビューが載っていたので転載してみます。


2014年1月22日up
保坂展人(ほさか のぶと) 東京都世田谷区長。1955年宮城県生まれ。1980年代から90年代にかけてジャーナリストとして活躍し、1996年に衆議院議員初当選。2009年までに3期11年を務める。その後、総務省顧問をへて現職。
2011年4月、自治体からのエネルギー転換を公約に掲げ、国会議員から世田谷区長に転身した保坂展人さん。1月23日告示、2月9日投開票の東京都知事選を前に、区長就任後から脱東電と再生可能エネルギーの普及に取り組んでいる保坂さんに、お話を伺いました。

電力の巨大消費地・東京で原発を問う
――今度の東京都知事選では、脱原発政策が注目を集めています。与党などからは「エネルギー問題は国策だから、地方選挙で問うべきではない」という声がさかんに聞こえてきますが、保坂さんは、原発政策が都知事選の争点になったことについてどのように考えますか?

 2011年に「脱原発」を掲げて、世田谷区長選挙に出馬したときも、「基礎自治体の政策と関係ないんじゃないの?」という疑問が、メディアからも支持してくれる人たちからも投げかけられました。
 区長選の投開票は2011年の4月24日。まさに選挙期間中、福島第一原発事故のシビアな状況が連日報道されていたさなかですら、そうでしたから。今は事故から3年近くが経過しているので、有権者からも「いまさら原発政策と都知事選が結びつくの?」という声が出てくるのかもしれませんが、選挙で脱原発が争点になること自体、むしろ遅すぎたくらいだと思います。
 あれだけの重大事故が起きたにもかかわらず、その間の衆議院選挙でも参議院選挙でも、原発政策そのものが議論しにくい状態でしたよね。脱原発勢力がひとつにまとまるわけではなく、民主党も「段階的に脱原発をめざす」と訴えていたけれど、何か曖昧な感じだった。自民党は「脱原発なんてナンセンスだ」と焦点化することを避けました。
 そういう意味では、今回の都知事選は、2011年3月11日の原発事故以来、初めて大きな選挙でエネルギー政策をめぐる論戦が繰り広げられる機会になるかもしれない。都民のレベルで議論ができるという点では、脱原発が争点になるのは大変いいことだと思います。
 福島第一原発事故は収束どころか、いまなお現在進行中です。なのに、経済産業省は昨年12月に策定したエネルギー基本計画案の中で、原発を「基盤となる重要なベース電源」と位置付けました。そして、その原案をもとに閣議決定を行い、停止している原発をどんどん再稼働させていこうとしていた。ところが都知事選で脱原発を公約にかかげる候補者が出てきて注目を集めると、閣議決定を先延ばしにした。

――政権与党の自民党側は、またしても原発是非論の国民的議論をぼやかそうとしている――。

 そう。ただ、現実はぼやかせないんですよ。今は福島第一原発事故はなかったかのように扱われていますね。だけど現実には、15万人近くの方が今も自宅を離れて避難していて、世田谷区にも400人前後の方が住んでいます。福島県内にとどまっている方たちだってストレスがあるので、夏休み、冬休み、春休みに、福島の親子を世田谷区に招く「リフレッシュインin世田谷」という企画をボランティアの人たちがやっているんです。そういう身近なところで声を聞くと、福島県がまるごと日本の地図から切り離されているような感じさえします。
 いまだ福島第一原発事故の本当の原因だってわかっていないし、原子炉の内部がどうなっているのかも把握できていません。除染をするといっても、消しゴムで消すようにはいかない。オリンピック招致活動での「汚染水はコントロール下にある」という首相の発言がありましたが、コントロールどころではなく、汚染水の処理は先が見えない。これだけの犠牲を出しながら、国内で最大の電力消費地である東京が、原発問題に無関係であるはずがないんです。

エネルギー革命の流れを止めてはいけない
――都知事選で原発が争点になることへの批判のなかには、「東京は原発の立地自治体でもないのに何ができるんだ」という意見があります。ところが世田谷区は一地方自治体でありながら、いろいろなエネルギー政策を実現していますね。そうした試みについてお聞かせください。

 世田谷区は2012年3月から、区の施設で使う電気をPPS(特定規模電力事業者)から購入しています。この選択によって、東京電力と契約するよりも経費削減が実現できる、脱原発を望む人もそうではない人もうなずく仕組みですよね。2013年度は、区内の施設の大口使用電力の7割はPPSと契約して、約6500万円の削減効果がありました。そういった試みは、小さな地方自治体でもできるわけですね。
 太陽光発電設備の普及促進事業としては、住宅の屋根に太陽光発電を設置する「せたがやソーラーさんさんプラン(世田谷ヤネルギー)」や、神奈川県三浦市で太陽光発電所の建設をおこなっています。そのほかデンマークへの自然エネルギーに関する視察、集合住宅でも簡単に設置できる簡易型の太陽光発電装置の開発などにも取り組んでいます。

――区民の反応はどうですか?

 面白かったのは、去年3月に開かれた「世田谷発 電力を選べる社会へ」というシンポジウムで活発な意見が交わされたんですよ。主催したのは「新電力研究会」という、私も参加している地域の勉強会です。その勉強会は、生協、NPO、研究者、事業者などが参画していて、そこが電力供給システムについて議論するシンポジウムを開催したわけです。
 当日は約350人が来場してくれました。東京都生活協同組合連合会の都内の組合員を対象とした調査の報告もあったのですが、それによると「東京電力より価格が高くても、グリーン電力を買いたい」という人が約44%。「同じ価格なら、グリーン電力を買う」という回答を含めると、50%を超える。ということは、グリーン電力の市場の裾野は着実に広がっていて、事業が成り立つんです。
 このシンポジウムが盛況だったので、4月には「世田谷発 電力を選べる社会へ ビジネス編」というセミナーも開いています。こちらも定員を超える70社が参加しました。それもエネルギー関連のベンチャー事業者だけではなく、大手の金融、商社、シンクタンク、自治体からの参加者も目立ちました。

――ここにビジネスチャンスがある、と自ずと敏感な会社などが集まってくるんですね。

 再生可能エネルギーを利用した事業では、自治体と企業が協力しての実証実験もあちこちで始まっているんです。例えば、CO2を排出しない燃料電池車(※)がいよいよ来年から市販されますが、その燃料電池車に水素を充填する「ソーラー水素ステーション」の実験を、環境省の委託で埼玉県とホンダが共同でおこなっています。私は埼玉県庁を訪れて、現場を見てきました。

水素と酸素を化学反応させて発電する燃料電池を動力源とする自動車。化石燃料を使用せずCO2を排出しないため、環境負荷が低い。複数の自動車メーカーが2015年に市販を開始すると発表している。搭載する燃料電池の小型化や発電エネルギーの蓄電、エネルギー効率化など、研究開発が飛躍的に進んでいる。

 埼玉県はすでに燃料電池車を公用車として使用しています。また、可搬式の充電器も開発されていて、一般家庭の6日分くらいの電力がまかなえる。これも量産されれば、一般家庭でも太陽光発電によって自宅で水素がつくれて、燃料電池車に充填できるようになるのも夢ではないんですね。
 また川崎市では、市内の石油プラントでできる廃水素を資源化するプロジェクトを企業と一緒に進めています。そういうプランは今、自治体でもどんどん動いているんです。だから既得権益に縛られている政治家や経済界のトップらが「原発がないと国富が失われる」と言おうと、流れは止まらない。自治体も、消費者も、ビジネスの世界でも、エネルギー革命の引き金は、もうすでに引かれているんですよ。そこで行政が本気を出すと、一気にスピードアップしますよ。

――東京で脱原発を主張する知事が誕生したら、何が起こるのでしょうか?

 国でも都でも大きな壁になっているのは、電力自由化のイニシアティブの問題なんです。民主党政権のときに、私もずいぶん働きかけたのですが、経産省も電力自由化の必要性は認めるけれど、なかなか具体的には動かない。電力自由化は国の法律で決まっているのに、じゃあどういうシステムをつくるかということは、官僚と電力会社と大手企業が相談してやっているんです。
 だけど、生活に密着した電力改革は、本来は国の政策ではないわけですね。「エネルギー問題は国政の課題で、地方自治体のやることではない」といわれてきましたが、各自治体こそがそれぞれの現場から変えていくべきなんです。東京だって、知事がイニシアティブをとって都が出資する電力会社をつくってもいい。そこで電力先物市場ができれば、産業も新たに生まれるし、イノベーションのチャンスは無限に広がりますよ。

東京から新たな社会モデルをつくる
――2020年に東京オリンピックが開催されますが、オリンピックでは膨大な電力が消費されますね。先頃、森元首相が「原発即ゼロなら、電気が足りなくなるので、五輪を返上しなくてはならない」と後ろ向きな発言をされていましたが、五輪こそ、東京のエネルギーにしてもライフスタイルにしても、新しい取り組みを世界にアピールできるチャンスではないかと思います。

 東京オリンピックには、まず湾岸の土地の再利用という目的がありますね。オリンピックが終わったら、跡地を住宅や商業施設にして経済の活性化をはかるという。しかし、それが風力や太陽を活かした、自然と共生する設計思想による都市モデルになるかどうかは、はなはだ心もとないところがあるような気がします。
 世界の街づくりと比べると、日本には都市再生の哲学がないんですね。だって、いまだに大量の資金を投下して大規模再開発で、高層ビルを建てて儲けるという発想しかないでしょう。
 であれば、オリンピックまで6年かけて持続可能なエネルギーを導入する目標を決める。「2020年にはこれだけエネルギー転換をはかるよ」と。そしてオリンピック施設のエネルギー効率を高めて、その後の街づくりも計画することができればいいですね。
 都知事選のなかでもうひとつ注目してほしいのは、人口減少の問題です。2009年から人口が減少して、今年からオリンピック開催予定の2020年までに日本全体で330万人減るといわれています。ところが、この間も東京の人口は増えるんです。
 これをどう読み解くかというと、東京の独り勝ちで、地方は持続できなくなる。6年の間には医療や福祉などの機能が瓦解して自治体消滅というところも出てくるかもしれません。だけど、ならば東京は安泰かといったら、東京の消費を支えてきたのは、地方から供給される食糧などの産物です。その地方が疲弊して、東京ばかりが化け物のように肥大化していったときに、どうして「豊か」だと言えるのか。そこで「絆」なんてものは、成立しようがありません。
 都知事には強大な権限があるので、地方とのつながりも視野に入れて、社会モデルをつくり替えてほしいですね。自治体から国へのボトムアップ型で、東京から希望ある社会像をつくる。それが便利な生活を享受してきた電力消費地としての、福島第一原発事故に対する償いにもなるのではないかなと思います。

取材・構成・写真/マガジン9

 最近は小泉さんも、細川さんの応援演説で燃料電池や水素ステーションの実現性について言及しているようですが、上の記事時を読むと埼玉県もかなり力を入れているようですね。自宅で水素・・なんて・・・そうなればこれまでと全く違うエネルギー事情になりそうですね~。
ちなみに、我社の技術担当者はずっと前から水素・水素と言っていて岩谷の株を買え、と言っていますがどうなんでしょうか?


ノロ?に感染。

 1月26日(日)の夜中12時頃から突然激しい嘔吐下痢に襲われて、ちょっとウトウトしてはすぐにトイレに起きるような状態で27日(月)の朝を迎えました。

 とても仕事が出来る状態ではなかったので会社に電話して、ノロかもしれないので休んで病院に行く旨を伝えましたが、その後も症状が激しすぎてなかなか外に出る気になれず、お昼前になってやっと近くに病院に行くことにしました。500m先の病院に歩いて行く体力がなくてバスに乗って行きました。
病院で診察してもらったところ「症状を聞いているとノロみたいやな。」と言われたきり特定の病名は言われませんでしたが、ウィルス性の胃腸炎ということでしょう。日曜の晩飯の後は飲まず食わずで(晩飯も全部戻してしまったし。)、熱もあるのでフラフラしていたこともあり栄養剤を点滴してもらったら少し楽になりました。
 しかし帰っても症状は収まらず横になっていたところ、夜中になってやっと嘔吐が無くなりました。でも、まだ何も食べる気になれず、脱水症状になるといけないからというので温めたポカリをチビチビ飲むのがやっと、という状態が続いていました。

 28日(火)の朝になっても吐き気は収まらず、その日もほぼ1日中ポカリを飲んでいました。
夕方頃からは吐き気も収まってきたので豆乳と青汁を混ぜたものを飲んでみましたが、これはすぐに下してしまいました。
吐き気はなかったので夜中になって少しお粥を食べてみたところ、こちらは下すこともなく何とか持ちこたえているようで朝まで大丈夫でした。

 29日(水)の朝にもお粥を食べて、やっと病院でもらった食後に飲む胃腸薬を飲めるようになり、お昼には温めた「わらびもち」を食べて薬を飲んだ後しはらく休んで今このブログを書いている訳ですが、下痢も完全に収まったようで落ち着いてきました。

 いや~、世間で流行っている流行っていると評判のノロ?ロタ?か判りませんが、これほど辛いとは思いませんでした。
医師によると、僅かな量のウィルスでも非常に感染力が強いとのことで、こりゃ高齢者が死んでもおかしくありませんね。

どうか皆さんもお気を付け下さい。


鼻が詰まっています。

 二十歳の頃から花粉症を発症して毎年3月~5月は辛い思いをしていますが、それ以外の季節でもどうも鼻が詰まっていて気が付いたら口呼吸になりがちです。

鼻の穴を覗いて観察してみると、左の鼻の粘膜が赤く腫れていて塞がり気味になっています。
数年前からこういう状態が続いていて気になっていましたが、どこかで「鼻の穴から水を吸って口に出すといいよ。」と聞いたので、ここ1週間程それを実行していますが、これが辛い!
頭がツーンとして、しばらく不快感が続きます。

なんとなくスッキリする気もしますが、今のところ目立った効果は感じないし、辛いのでこのまま続けるべきか迷っています。


東京都知事選も面白くなってきました!

主な候補者は自・公が推す舛添さん。
最初に立候補した元日弁連会長の宇都宮さん。
元小泉首相の応援を得た元首相の細川さん。
石原元東京知事の応援を得た自衛隊元航空幕僚長の田母神さん。

このあたりが主な候補者でしょうか?
各候補者それぞれネガティブな側面も報じられていますが、出版社によってもかなり特色が出ているようです。

舛添さんへの批判としては、やはり元配偶者である片山さつきさんのものが強烈です。DV実態の報告はあまりにも生ナマしいですね。
宇都宮さんへの批判では、前回の選挙でブレーンを外されたという同業者の澤藤弁護士からの批判にはビックリしました。
この二人については反対陣営からというよりも、元身内からの方が厳しいという感じ。

細川さんへの主な批判はやはり佐川問題と思いますが、これはやはり自民からのような雰囲気ですね。
また宇都宮さんとの脱原発一本化断念と市民団体の細川支持問題もあります。

田母神さんへの批判は、まあいろいろありますね。

各メディアを使った情報戦も激しさを増してきているようですので、東京都民でなくてもそれぞれ思うところあるでしょうね。


以下は他の候補者です。
2014/01/17 【東京都知事選】「都民は石原猪瀬に騙されたんだ!」マック赤坂氏が引退撤回─政見放送の革命を起こすと予告

2014/01/08 【東京都知事選】「気さくな人間なので、都知事になったらおもしろいと思うよ」山口節生氏が都知事選出馬を表明

2014/01/08 【東京都知事選】少子化対策は「新発明ラブジェットで解決」 ドクター中松氏、7度目の都知事選出馬を表明


マスコミとは何だ?

 あるブログにこんなことが・・・
まるで戦時中のような報道統制ですねぇ。



(ブログ転載)もうすぐ北風が強くなる


強襲揚陸艦を輸送艦と呼び続ける奇怪なマスコミ
20140119114714e6f.jpg

2014011911471489a.jpg

 テレビも各新聞もみな同じなのだが、例えば共同通信。
海自輸送艦と釣り船衝突】 両船、同方向に航行か 往来危険容疑で海保が捜査 共同通信
 広島県大竹市沖の瀬戸内海で15日朝、海上自衛隊の輸送艦と衝突した釣り船が転覆した事故で、救助された寺岡章二(てらおか・しょうじ)さん(67)が15日夜、広島市の自宅で取材に応じ「釣り船の右側がぶつかってせり上がり、左側から浸水し転覆した」と証言した。
 (以下略)

 あやうくイメージを騙されるところだった。
 すべてのテレビとすべての新聞は「海上自衛隊の輸送艦」と報道している。赤旗までが「輸送艦」だ。
 私も貨物船のような「輸送艦」のイメージをもっていたが、これは違う。
 これはいわゆる「強襲揚陸艦」である。

 ミニ空母に揚陸ハッチがついている敵前上陸用の1万t近い戦闘艦である。
 これが外国の艦船なら当然「強襲揚陸艦」と報道する。
 あるいはミニ空母、ヘリ空母という言い方もあるだろう。
 「輸送艦」といったら誰でも貨物船のイメージを持つだろう。
 この国のマスコミも、外国艦船の「強襲揚陸艦」を「輸送艦」と呼ぶことは決してしない。

 恐るべきかアホらしくも、この国のマスコミはNHKから赤旗に至るすべてが自衛隊の「強襲揚陸艦」に限って「輸送艦」なのである。
 もちろん、「自衛隊は戦力ではない」とのカモフラージュが身に染み付いての報道姿勢だ。
 戦車隊を「特車隊」と呼んでいたようなものだ。

 まさしく、「木が曲がっている」と言われたら、「曲がっている」と言うのと同じ。
 自衛隊に「これは輸送艦だ」と言われたら、「輸送艦だ」と報道するのだ。
 官僚機構に「安全だ」と言われたら、「安全だ」と報道するマスコミ。

 
 どうりでマスコミは、この自衛隊艦船の大きな写真を載せないわけである。

豆屋源蔵

 まだまだ新年会が続いていますが、先日お世話になった木屋町二条下がる、「がんこ二条」の4軒ほど下にある「豆屋源蔵」さんは京都らしい趣があって素晴らしいお店でした。
豆屋源蔵 (1)

 
豆屋源蔵 (2) この時は13~14名でお世話になりましたが、別室にはお二人で来られているカップルもあり、私達が使っていた部屋にある掛け軸などを見学されていました。

窓の外は鴨川が流れていて、夏には床が出るそうです。


 こんな風情のある上品なお店にも関わらず飲み放題ということも手伝って、我々はベロンベロンになるまで飲んで立てなくなり雰囲気のある廊下を引きずられて帰る羽目になるメンバーも・・・
豆屋源蔵

皆さんも、お店に迷惑を掛けないよう気をつけてくださいね。


盛り上がってますね、名護市長選




IWJ:かりゆしグループCEO平良朝敬氏インタビュー


Video streaming by Ustream


アルジャジーラの伝えるフクシマ

 僕は英語が理解できないので何となく雰囲気しか解りませんが、アルジャシーラが伝えるフクシマはどんな内容なのでしょうか。

101EAST/アルジャジーラ2014/1/10


IWJ NIGHT 第4部「子宮頸がんワクチン副反応被害」

 う~ん、これはヒドイですね。
女の子には義務化されるんでしょうか?コワイ世の中です。

2014/1/9被害当事者からの声とIWJ記者による報告。


チャンネル桜 東京都知事選 田母神俊雄 出馬会見

 石原慎太郎さんについて、司会の女性が「お待ちかね、石原元都知事、維新共同代表」と紹介しているのが印象的です。
石原さんは田母神さんを「特攻隊だ。」と誉め、西村慎吾さんは「大統領候補と同じ閣下だ。」と言っています。

 質疑応答では、いきなり原発問題と歴史認識問題で明快に回答されていますね。最後に司会の方が賛同人を読み上げていますが、いつも名前が出る方々ばかりで微笑ましい気持ちさえします。


Video streaming by Ustream


仕事始め

 昨日は仕事始め。
あまり仕事のことは書きたくないけれど・・・堪りません。


詳しくは書けないけれど、昨日の仕事始めの終業時刻頃に招集が掛かって会議。
何かと思ったら我社の人事と経営方針について通告がありました。そう、会議ではなく通告です。

 人事については、京都のトップが1月1日付けでトップではなくなり、既にトップの代理になっていたそうです。
京都のトップは大阪のトップが兼任するそうです。
なんでトップの変更の知らせが後からやねん。
それも交替させられた本人が。
 また重要ポストの人が1月末で突然退職とのこと。
前からこの春くらいで退職勧告されるんじゃないかとの噂はありましたが、部門長が病気でもないのに突然過ぎます。
引き継ぎど~するんだよ。
 そして年末に本人が個人的に数名の人に退職の挨拶をして帰って行った男性従業員については、冗談かな?とも思っていたけれど、昨日は本当に朝から出社しておらず、にも関わらず役職者からは何の説明もありません。
何がどうなっているのやら・・・と思っていたら、その男性今日は昼ごろ出社してきて退職の話し合いがてら少し仕事をしていたようです。ど~なってんねん。


 また経営方針については、十分に利益が出ている部分について「もう止める。」というものでした。
どちらかといえば儲かっていない部分を残す、というような狂ったような内容です。

誰もが「何故?」と思ったようですが、社長が決めたこと。
我社では社長に楯突く者は葬り去られる運命にあるため、誰も止める人がいなかったんでしょう。
特に私達一般従業員は社長に会うことも稀なので、どのように決定されたか知るすべもありません。

まだ、どこまで本気なのか解りませんが、もし本気なら私の管轄する部門も無くなる可能性があるため、「単に取引先との契約を止めるくらいなら、私も含めて従業員ごと全部を売りに出してくれ。」と提案するつもりです。利益は出ているんだから必ず買う企業はあるハズです。

なんで社長の狂ったような気まぐれに我々従業員の人生が振り回されなくちゃならないのか解りませんが、我社は閉鎖会社。株式のすべてを一族が保有しているという、いわゆる同族会社です。
会社とは誰の物なんでしょうか?
株主だけの物なんでしょうか?

 中には『社長は「社長、馬鹿なことはやめてください!」と、自分を止めてくれるのは誰かを試しているんじゃないか?』という人もいます。
「お~、お前だけが俺を止めてくれたか!俺は俺を止められるような後継者を探していたんだ。お前に経営者の座を譲ろう。」な~んてね。
新喜劇じゃあるまいし・・・やめてくれよ。


そんなこんなで、今年は暗雲立ち込める危機的な状況でのスタートなりましたが、いったい今後どうなることやら。


あけましてトレーニング

 本年も宜しくお願い致します。

 昨日、4日に今年初めてのスポーツジムに行ってきました。
週2回、月8回を目標にしていますが、急なお付き合いなどで月8回行けないときも多いですね。

 2年ほど前から体力の衰えを感じて通い始めたスポーツクラブでしたが、当初は水泳メインで約1年ほど通いました。
1時間で1000~1500m程を休みながらのんびり泳いでいたところ、1年後には息切れや肩こりも少し改善して63~64Kgあった体重が61~62Kgくらいに。

 体調は良くなったものの、あまりにも休み休み泳いでいたためか体重はさほど落ちなかったので「筋肉が足りなくて基礎代謝が低いんだな。」と考えて1時間ほど筋トレをすることにしました。また、水泳では汗をかくくらい泳いでもどうしても体が冷えて風邪をひきそうになったためエアロバイクという自転車漕ぎ運動に切り替えました。
これで更に1年ほど通ったところ昨年10月頃には筋肉も少し付いてきたのか階段の上がり降りも楽になってきて、当初は運動後に疲労困憊していたのが「いい汗かいたな。」と思えるようになってきました。体重は60~61Kgと2年かけて3Kgほどの減。

 それまでもスタッフからはランニングを勧められていたんですけど膝が少し痛かったこともあって、ずっとエアロバイクで運動していましたが昨年11月頃から膝の痛みも薄れてきたのでエアロバイクからウォーキングに切り替えて、6.0Km/hと歩きにしては結構な早歩きで1時間歩いたところ、足の裏の皮が弱っていたのか直ぐに水ぶくれになって痛くて困っていました。そこで1ヶ月後に、走るにしてはかなりゆっくりな6.5Km/hのジョギングに切り替えたところ水ぶくれも出来なくなり、その後は快調に走っています。
ジョギングに切り替えてからは体重がどんどん落ちて忘年会などで結構食べていたにも関わらず年末までに58~59Kgに、そして昨日ついに運動後には57Kgを切っていました。

 一時はウエスト82cmのズボンでもキツくなりかけていたのに79cmのズボンがゆるゆるになったので正月には76cmのを買いましたが、それでも結構余裕があるのでジャストサイズは74cmくらいかと思います。73cmだとキッチリ過ぎる感じだったので、学生時代に履いていた73cmが履けるようあと少しだけ搾ろうかと思っています。


ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR