2015 / 07
<< 2015 / 06  - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2015 / 08 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
2015-07-の記事一覧

山本太郎さん、国会質問 7/29

 先日の辻本清美さんの国会質問も評判になっていましたが、今回の山本太郎さんの質問もかなり評判になっています。

きっと、どう答えるかを予測して準備したんでしょうね。




それにしても恐ろしい想定です。

確かに・・・攻撃を想定しているのに対策を全く想定していないことも恐ろしい。
なのに、どんどん進めることも恐ろしい。


「自衛官募集」中学生宅へ直接郵送 住民台帳基に

琉球新報
「自衛官募集」中学生宅へ直接郵送 住民台帳基に

2015年7月29日
男子中学3年生がいる家庭に届けられた陸上自衛隊高等工科学校や自衛官募集のチラシやパンフレット(画像は一部加工しています)
 自衛官の募集業務で自衛隊沖縄地方協力本部はことしから、県内の男子中学3年生のいる家庭に自衛官募集の案内封書を郵送などで直接届ける取り組みを始めた。安全保障関連法案が国会で議論され「徴兵制につながる」との不安も募る中、保護者から「働き掛けを強化する動きに見える。違和感がある」と疑問や懸念の声が上がった。

 自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所によると、従来は陸上自衛隊高等工科学校に進める男子中学3年生の人数分の案内封書を、各中学校に送って保護者に渡るようにしていたが、住民基本台帳から対象者の住所を調べることができることが分かったとして、ことしから郵送したり郵便受けに直接投函(とうかん)したりすることにしたという。

 封書が届いた石垣市内の保護者は「どこで個人情報を得たのか。家庭を回って届けるのも勧誘のよう。その他の公務員でこのような募集はないはずだ。看板掲示や広告だけで十分。高校生だけでなく中学生も直接呼び込むのは疑問だ」と指摘し「安保法制成立に向けた準備のように感じる。不安が強くなった」と話した。

 石垣出張所は住民基本台帳法に基づき、16~17歳の男性が対象の陸自高等工科学校を案内するためとして住民基本台帳を閲覧し、個人情報を入手した。
 自衛隊沖縄地方協力本部は「沖縄は他府県に比べ高等工科への認知が低い。他府県では自衛隊の説明会の依頼も来るが、沖縄はないため広報活動に力を入れることにした」と説明した。その上で「安保法制との関係はない」と話した。郵送は保護者宛てで、直接対象者宅に訪れ届けることにも「問題はない」(石垣出張所)としている。

「戦場ぬ止み」舞台挨拶

マガジン9より
三上智恵の沖縄〈辺野古・高江〉撮影日記-第27回

 7月11日、桜坂劇場の公開日は、先行上映に続いて再び300人のホールが満員になった。それもそのはず、ゲストに来て下さったのは、全県民的人気の稲嶺進名護市長と、初代ネーネーズのメンバーで、ソロになってから世界を舞台に活躍する歌姫、古謝美佐子さん!
 

不支持が50%を超えたのか。

サンデー毎日
自民「造反」潰しで安倍が仕掛ける「9月解散」の威嚇
2015年8月 9日号
 メディアの世論調査では、安倍内閣の「不支持率」が50%を超えるようになった。まさに危険信号だろう。そうした中、自民党内で安保法制に「造反」する動きが出てきたのだ。その対抗手段として、「9月解散」の威嚇も――。「安倍1強」は内部から崩壊しつつある。

 都市部で自民党はソッポを向かれ始めている。

 東京選挙区の自民党3回生衆院議員はいま、危機感を抱きながら朝の駅頭に立つ。昨年7月に集団的自衛権の行使容認が閣議決定された後、後援会の年配者からかなりの批判を受けた。その経験から今回、安保関連法案が国会に提出される前のゴールデンウイーク明けから街頭でビラを配り、法案の必要性を訴えている。
 ところがである。

 潮目が変わったのは、6月25日の「報道威圧発言」。首相応援団の勉強会で「マスコミを懲らしめろ」などと若手議員らが発言した問題のことだ。
これで道行く人の反応は一変したという。

「まったくビラがはけなくなった。30分くらい立っていても一枚もはけなかった。頻繁に駅に立っていますから、世論の動きがよく見えます。批判がある時は、最初は罵声、次は無視。衆議院での強行採決後、通行人は完全無視に変わった」

う~ん、これはヤバイですよ。

公明党の行方



少し前から創価学会と公明党の関係がギクシャクしてきているとの報道が増えてきていますね。

朝日新聞デジタル
「平和の党の看板、洗い直して」 公明離党し町議3選
斉藤太郎2015年7月9日18時00分

 愛知県武豊町議の本村強さん(62)は創価学会員だが、与党として安倍政権を支える公明党には属さない。安全保障関連法案の国会審議で、違憲との指摘がやまないことに意を強くしている。

 「戦争ほど、残酷なものはない」。池田大作名誉会長の著書の言葉を肝に銘じる。自公政権は自衛隊の海外での活動を広げてきたが、学会員が支える公明党は「ブレーキ役だ」と思うように努めた。

 だが、他国の戦いに加わる集団的自衛権の行使容認は「いくら何でも違憲だ」と考えた。昨年6月、反対の意見書を共産町議らと議会に出し可決。会派の同僚と亀裂が深まった。昨秋に党を離れた。

 無所属で臨んだ今春の町議選。「あなた個人の票は得票の2%」と学会関係者からは言われたが、3選された。得票は党公認だった前回の9割を超えた。

 「集団的自衛権 断固反対」ののぼりを掲げた本村さんを陰で応援する学会員や、新たな支援者がいたからだと思う。古巣を恨まず、願う。「平和の党の看板を洗い直してほしい」(斉藤太郎)


2015/07/22
公明党が凍てつく『政党支持率の結果』、創価学会員による 「公明党バイバイ」のデモは何を予兆するのか。

リュウマの独り言

 大きく流れが変わった 「戦争法案反対デモ」。 自民党は 議席減で抑えられようが、 支持母体を失いつつある 公明党はどうなるのか。 創価学会が 『自由投票』を宣言すれば、 議席0 も現実になる。 まさに『仏罰』
6af7a2b8.jpg
                                                   盛田隆二 @product1954
創価学会員による「公明党決別宣言」デモ。すばらしい!

政党別支持率で 「共産党」が 「公明党」の2倍以上の支持を集めた。 民主党も10%を超えた。 無名の国民が「おかしい」と 考え込んだ結果である。 皆が 「意見を言える」自由主義、そして戦争法案反対の声


2015.07.20 リュウマの独り言

 世論調査での 『支持政党』の変化が面白い。 特に『共産党』の伸びと 『公明党』の凹みに目を奪われる。 劇的な変化が始まろうとしている。 

「共産党」は 主張がはっきりしている。 民主党の場合、 下手をすると 一部に 『自民党応援団』のような言動をはくものがいる。 民主が 野党第一党としての座を守りたいのであれば、 彼らと縁を切って 『はっきりした政党』に生まれ変わったほうがよい。 

それも面白いことだが、 共産党が 「野党第一党」になる可能性すらある。 こうなると、 経団連や右翼団体も 「これ以上の伸び」を抑えるために 国民の意見を聞くようになるだろう。 

 本当に 共産党との 立政権ができるような事態になれば、 自分たちの存立の危機、 言い換えると今まで 「共産党に対して行った数々の (違法行為を含めた) 行為」が 白日の下にさらされるのだから … まあ、 それは面白いことでもある。

        7/13NHK    7/18共同
      自民   34.7     31.9%
      民主    7.7    11.2
      共産    3.3     7.3
      維新    2.5     3.6
      公明    4.2     2.9
      社民    0.7     2.1
      生活    0.4     0.7
      次世    0.1     0.4
      無党    39.3    36.8
                                                          nakas @nakas16
 支持率急減のうえに、その残った数少ない支持者ですら「説明は十分」ゼロなのですから、要するに元々の公明支持層は戦争法案に関しては100%離反したということです。公明党というより、創価学会の存立基盤を脅かしかねない、衝撃的数字ですよ。

盛田隆二のツイートから

いや~、もう凄い展開になってきましたね。
この先、いったいどうなるんでしょうか?


映画「戦場ぬ止み」

 今日は時間があったので、6月に「みんなの学校」を観に行った十三の第七芸術劇場に辺野古の基地建設反対運動を描いたドキュメンタリー「戦場ぬ止み」を観に行ってきました。

img_header3_2015072700104252a.jpg

三上智恵監督の初監督作品の前作「標的の村」も観ましたが、今回の「戦場ぬ止み」では編集もかなり洗練されていて混乱した現場の映像も観やすく仕上がっています。
観やすいだけでなく迫力も損なわれておらず、喜怒哀楽をストレートに表現する県民の魂が伝わってくるような映像を、日常生活でのふとした会話や沖縄戦当時の記憶としての映像を織り交ぜながら効果的にまとめてあります。 

 さらに反対派賛成派にキッチリ2分化できない複雑な人間関係や、それぞれの立場での思いもあるようです。
国からお金をもらって建設に協力している住民の想いも少しは解るような気がしました。
 知事選以後はオール沖縄として、県民が翁長知事に託す思いまでを解りやすく提示してくれています。

現場の映像はIWJの配信等でも時々確認していたので概ね解ってはいましたが、さすがにプロの撮る映像は凄みがあって、音声も含めて「こんな映像がよく撮れたな~。」と驚くばかりです。

 8月には京都シネマでも上映予定みたいなので、お盆以後にお時間のある方はお勧めですね。


ゴキブリ

昨夜、生まれて初めてゴキブリの交尾を目撃しました。

ゴキブリが好きな人は少ないでしょうね。

目が悪いので、壁になんか大きな虫がいるなと思って近寄って見たら、大きなゴキブリが2匹180度反対を向いてお尻とお尻をくっつけていました。1匹が5cmほどあろうかという大きなゴキブリが2匹くっついて9~10cmもある大きな虫に見えたのでビックリしました。

このまま繁殖を許せば爆発的に増えるため見逃すわけにはいかず殺虫剤をスプレーしたところ、すぐに左右に別れて逃げるだろうと予想していたにも関わらずかなりスプレーしてもつながったまま離れず20~30秒もしてやっと離れて、床に落ちてしばらくもがいた後に死亡しました。

本当に交尾だったのか気になったのでネットで調べたところ間違いなく交尾でしたが、グロい画像がいっぱい出てきて気持ち悪くなりました。


クーデター論

 以前にも少し書きましたが、さすがにクーデターだという人がちらほら出てきています。
違憲法案が通った時点で法の支配を逸脱しているでしょうね。
法治国家では無くなったということです。
ただ、厳密にクーデターかといえば、いまだに支持している人が30%以上もいるということで安倍さんや麻生さんのような金持ちは無法でも構わないという人達、あるいはこれが無法だということに気が付かない人達ですから、そういう人達の方が多い以上はクーデターとは言い切れないような気もします。




参院審議で政府と対峙する野党議員もスピーチ 「これはクーデターだ
 国会前ステージでは、参議院で安保法制の委員として審議に加わる、社民党の福島みずほ議員と、民主党の小西洋之議員が駆け付け、スピーチした。

 福島議員は冒頭、安倍政権について「集団的自衛権の行使を初めて合憲とした内閣。戦後最悪の内閣です」と痛烈に批判。「安倍総理、あなたの上に憲法があるのであって、あなたの下に憲法があるのではない。憲法が、憲法だと分からない総理には退陣してもらいたい」と強い口調で訴えた。

 続いてマイクを握った小西議員も、「安保法制はもう政治なんかじゃない。国民のみなさんの憲法を、安倍総理と一部の官僚が取り上げて、みなさんの憲法を蹂躙して、できるはずのなかった戦争を解禁する、クーデターなんです」と批判。政府が、「歴代内閣が集団的自衛権行使を合憲としていた証拠」としている「昭和47年見解」の嘘(※)を指摘したうえで、「安倍総理のやっていることは頭の先からつま先までインチキだ」と厳しく断じた。


高相君のお店。

 少し前に、むかし一緒にバンドをやっていた高相君がネガポジを辞めたあと、カフェを始めるということで連絡を頂きました。


【塔の下】2015年6月9日グランドオープン!!!
って、おいおい。もう一カ月経ってるやん!のご案内!

やっとお店できましたー!

元ネガポジ店長、高相です。
皆様、梅雨の最中、体調など崩さずにお元気にされていますでしょうか?
ネガポジ時代にはお世話になりました。
m(_ _)m

私、高相は三月いっぱいでネガポジを辞めて北欧カフェをやるぞっ!ということで準備を進めてきまして、なんとなく無理矢理!6月にこっそりオープンしました!

店名:塔の下
http://tohnoshita.com/

所在地:〒605-0853
京都府‎京都市東山区星野町88-10
営業時間:11:00〜18:00
電話番号:工事中

お恥ずかしいながらもオープンしたのに電話番号もまだ決まっていない状態で、準備に準備を重ねてきたつもりがこれまた七転八倒!でもやっと、本当にやっと、皆様に案内を送れるようになりました!

ということで。
満を持して、皆様にランチを食べに、そしてお店を見に来ていただきたい!とメールをさせてもらっています。

【塔の下】はその名の通り八坂の塔(五重の塔)のすぐ近く。食事に力を入れているカフェレストランという感じのお店です。
座り心地の良い椅子とゆったりとした空間でお寛ぎ頂けると思います。
土日は少々混雑する場合があり私もテンパっていますが、平日はのんびりとやっていますので是非ご来店を、そして、お声掛けください。
14:30以降もカフェタイムとしてご利用ご来店ください。バターも砂糖も使っていないパンケーキで有名にならないかなと悪だくみしているので、皆さんのご協力をちょっぴり、よろしくお願い致します!
m(_ _)m



p.s.不躾ながらも皆さんのご協力を是非ともお願いしたく、最後にもう少しだけ。

皆さんのお知り合いの方々にこんなお店ができたと宣伝していただけるととても嬉しいです。
①油と砂糖を極力控えた(未使用ではありません)健康的な食事が食べられます。
②北欧の食器(現行品には無いもの)を使用、そして販売もしています。
③BGMがマニアックなレコードです(笑。

興味を持ってもらえそうなお友達がおられたら是非お店の情報を発信お願いします。
http://tohnoshita.com/
m(_ _)m

厚かましくも長いメールを最後までお付き合いありがとうございました。

これからは塔の下の店主高相としてお付き合いのほどよろしくお願い致します。
m(_ _)m

p.s.2.「塔の下の高相さん!ランチ食べに来ました!」の掛け声でランチタイム珈琲をサービス致します!

p.s.3.「ネガポジの高相さんですよねぇ?」の場合、ランチ代金が倍額に!
そしてなんと!一品減ります!

みんな来てねぇーー!!
*\(^o^)/*

僕も近々行ってみるつもりですが、お近くに行かれる方も是非寄ってあげてくださ~い。


いや、しっかりしてますな~!

IWJ【スピーチ全文掲載】
SEALDsKANSAIともかさん「安倍総理。民主主義が生きている限り、私たちはあなたを権力の座から引きずり下ろす権利がある。私たちは来年、戦後71年目を無事に迎えるでしょう」



■以下、ともかさんスピーチ全文書き起こし

「こんばんは、今日はわたし、本当に腹がたってここにきました。

 国民の過半数が反対しているなかで、これを無理やり通したという事実は、紛れもなく独裁です。

 だけど、わたし、今この景色に本当に希望を感じてます。

 大阪駅がこんなに人で埋め尽くされているのを見るのは、わたし、初めてです。この国が独裁を許すのか、民主主義を守りぬくのかは、今わたしたちの声にかかっています。

 先日、安倍首相は、インターネット番組の中で、こういう例を上げていました。『喧嘩が強くて、いつも自分を守ってくれている友達の麻生くんが、いきなり不良に殴りかかられた時には、一緒に反撃するのは当たり前ですよね』って。ぞーっとしました。
 この例えを用いるのであれば、この話の続きはどうなるのでしょう。友達が殴りかかられたからと、一緒に不良に反撃をすれば、不良はもっと多くの仲間を連れて攻撃をしてくるでしょう。そして暴力の連鎖が生まれ、不必要に周りを巻き込み、関係のない人まで命を落とすことになります。

 この例えを用いるのであれば、正解はこうではないでしょうか。

 なぜ彼らが不良にならなければならなかったのか。そして、なぜ友達の麻生くんに殴りかかるような真似をしたのか。その背景を知りたいと検証し、暴力の連鎖を防ぐために、国が壊れる社会の構造を変えること。これが国の果たすべき役割です。

 この法案を支持する人たち、あなたたちの言うとおり、テロの恐怖が高まっているのは本当です。テロリストたちは、子供は教育を受ける権利も、女性が気高く生きる自由も、そして命さえも奪い続けています。

 しかし彼らは生まれつきテロリストだった訳ではありません。なぜ彼らがテロリストになってしまったのか。その原因と責任は、国際社会にもあります。9.11で、3000人の命が奪われたからといって、アメリカはその後、正義の名のもとに、130万人もの人の命を奪いました。残酷なのはテロリストだけではありません。

 わけの分からない例えで国民を騙し、本質をごまかそうとしても、わたしたちは騙されないし、自分の頭でちゃんと考えて行動します。

 日本も守ってもらってばっかりではいけないんだと、戦う勇気を持たなければならないのだと、安倍さんは言っていました。だけどわたしは、海外で人を殺すことを肯定する勇気なんてありません。かけがえのない自衛隊員の命を、国防にすらならないことのために消費できるほど、わたしは心臓が強くありません。

 わたしは、戦争で奪った命を元に戻すことができない。空爆で破壊された街を建て直す力もない。日本の企業が作った武器で子供たちが傷ついても、その子たちの未来にわたしは責任を負えない。大切な家族を奪われた悲しみを、わたしはこれっぽっちも癒せない。自分の責任の取れないことを、あの首相のように『わたしが責任を持って』とか、『絶対に』とか、『必ずや』とか、威勢のいい言葉にごまかすことなんてできません。

 安倍首相、二度と戦争をしないと誓ったこの国の憲法は、あなたの独裁を認めはしない。国民主権も、基本的人権の尊重も、平和主義も守れないようであれば、あなたはもはやこの国の総理大臣ではありません。

 民主主義がここに、こうやって生きている限り、わたしたちはあなたを権力の座から引きずり下ろす権利があります。力があります。あなたはこの夏で辞めることになるし、わたしたちは、来年また戦後71年目を無事に迎えることになるでしょう。

 安倍首相、今日あなたは、偉大なことを成し遂げたという誇らしい気持ちでいっぱいかもしれません。けれど、そんな束の間の喜びは、この夜、国民の声によって吹き飛ばされることになります。

 今日テレビのニュースで、東京の日比谷音楽堂が戦争法案に反対する人でいっぱいになったと見ました。足腰が弱くなったおじいさんやおばあさんが、暑い中わざわざ外に出て、震える声で拳を突き上げて、戦争反対を叫んでいる姿を見ました。

 この70年間日本が戦争せずに済んだのは、こういう大人たちがいたからです。ずっとこうやって戦ってきてくれた人達がいたからです。

 そして、戦争の悲惨さを知っているあの人達が、ずっとこのようにやり続けてきたのは、紛れもなくわたしたちのためでした。ここで終わらせるわけにはいかないんです。わたしたちは抵抗を続けていくんです。

 武力では平和を保つことができなかったという歴史の反省の上に立ち、憲法9条という新しくて、最も賢明な安全保障のあり方を続けていくんです。わたしは、この国が武力を持たずに平和を保つ新しい国家としてのモデルを、国際社会に示し続けることを信じます。偽りの政治は長くは続きません。

 そろそろここで終わりにしましょう。新しい時代を始めましょう。

 2015年7月15日、わたしは戦争法案の強行採決に反対します。ありがとうございました」

安保法案、強行採決 前日の小林節

日刊ゲンダイ
2015.7.14
安保“強行採決ムード”も…小林節氏が宣言「安倍政権は倒せる」
(抜粋)

憲法学者の小林節氏はこう訴えている。
「だんだん強行採決が行われそうになってきましたね。結論を先に言いますと、強行採決は行われると思っていなければなりません」

 こう言う小林氏は、その根拠をこう説明した。
「安倍内閣はそういう体質だからです。『上御一人』ということです。子供の時からそういう育ちをした人は、何があっても、爺や婆やがその通りにしてくれました。周りには2種類の人間がいて、ひとつは、あの方と同じような先祖代々の世界、価値観の人たち。もうひとつは、秀才なのだけれども、その貴族集団にゴマすることで出世しようとする政治家・官僚たち。良心を売って新貴族階級に自分を入れてもらおうとする価値観しかない人たちです。ですから『殿、だいぶ風雲急になってきております。作戦を変えてはいかがでしょうか』とは言えない。言った途端、クビを切られるから。ですから暴走自動車は止まりません。彼らが衆議院で3分の2以上の多数を握っている以上、強行採決をやる。そう思っていないと、ガクッと来ちゃう。絶望します。その後、どうしてくれるのかということですね」

 小林氏は最後にこう力説した。
「今回、強行採決をされても、諦めないで下さい。予定通り、バカがバカをやっただけです。『やっぱり来たか! バカ野郎!』と言っていればいいのです。強行すれば、参院選はつまずく。いや、つまずかせる。違憲訴訟も準備しています。法律が成立してしまったら、その瞬間から我々の平和的生存権がシクシクと害され続けるのです。たくさんの人が集団訴訟を起こすでしょう。今日も弁護士会でお願いをしてきました。『何百人という話も出ていますが、1000人の弁護団を作りませんか』と。そうすると、地裁の裁判官も『違憲』の判決を出しやすくなる。私は死ぬまで諦めません」

なんば Garth イベント報告

 いや~Yantooさんのお声掛けで久しぶりに大阪に行ってきました。
 この日は一段と蒸し暑い日で、土地勘のないミナミ(なんばとか心斎橋のこの辺りをミナミと呼ぶんですよね?)をguppyさんと二人でフラフラになりながら彷徨いつつ会場のライブハウスGarthにたどり着きました。
判っていたら、なんばの駅から直ぐ近くの大変便利な場所でしたが、なんせ土地勘がないので結構迷いましたね。


戎橋のグリコの看板も新しくなっていました。
DSCN2996.jpg

心斎橋筋から宗右衛門町に入って約100m、三叉路を曲がって20mの左側にGarthがありました。
DSCN3001.jpg  DSCN2999.jpg

本日のイベントは出演者多数ということで、なんと4時開演。
時間通り、さっそくYantooさんの司会で始まりました。
DSCN3011.jpg
Yantooさんは、ウソが90%という司会で、この日ずっと楽しませてくれました。

トップバッターは主催の二人組「ごん&みゅー」さん。
DSCN3002.jpg

2番手はFOUのおふたり。
DSCN3014.jpg
Yantooさんによれば、このあと近くのクラブでお仕事に行かれるとのこと。
なんとなく上沼恵美子っぽいキャラでしたが、曲も昭和歌謡を感じさせる選曲でした。


3番手が黒山で、ま、それなりに演奏した後、高槻のナッシュビルウエストでご一緒したケイコさん。
DSCN3052.jpg
時代屋のママ、ジュディさんのキーボードと先程のFOUさんにもゲスト参加されていた関西フィドル協会の会長になりたくて成れないとYantooさんの紹介があった西田?さんをバックに熱唱。
久しぶりにお声が聴けました。

そして以前、黒山も出演させて頂いた茨木の時代屋のママ、ジュディさんのグループでYojo-half。
DSCN3071.jpg  

DSCN3076.jpg
四畳半フォークと言う訳ではありませんが、時代屋のコンセプト通りに懐かしい選曲。
ジュディさんのシンセのストリングスがまた昭和を感じさせます。

次はGGB。カントリー・ブルーグラスのバンドです。CCBではありません。
DSCN3085.jpg
この日は、というかこのお店Garthさん自体アメリカン・ミュージック・バーということですが、カントリー系のコネクションが多いようですね。
このジャンルもブルース・ロック系以上に高齢化が激しく、先日読んだ介護マンガのヘルプマンのことを思い出しつつ「でも皆さんお元気そうなので、音楽を続けていたら介護のお世話になる確率も低いかも・・・」などと考えながら聴いていました。

次は割と年代が近いひーろーさん。
DSCN3091.jpg
普段は長淵剛のカバーが多いそうですが、この日はYantooさんのリクエストでアリスでした。

休憩を挟んで再びカントリー・ブルーグラスのバンド、憩。
DSCN3110.jpg
ゲストの女性ヴォーカルとも息がぴったりで、年季を感じます。

その後、この日最年少?と思われるトンブクトゥーブラザース。
DSCN3115.jpg
なあんというんでしょう、ブルーグラス系オリジナルソングのグループですが、ごとうゆうぞうさんを思い出しました。

そして、いつもお世話になっているチコ・ロドリゲスさん。
DSCN3134.jpg
この日演奏された玉置浩二の曲は初めて聴きましたけど、チコさんによく合っていましたね。
僕もこの曲に挑戦してみようかな?

そしてラストはブルーグラス・ナッツさん。
DSCN3154.jpg
やはりブルーグラスの人達はもともと皆さんテクニカルな上に年季が入っているので太刀打ちできません。

今回、久しぶりに先輩方と一緒に出演していろいろ思うところもあったし、Yantooさんの司会もウソが炸裂して長丁場を飽きずに過ごさせて頂きました。ありがとうございました。
黒山としては、今後も独自の方向を模索していくしかなさそうですね。



新国立競技場

 ここのところ新国立競技場の建設についての批判がかなり多くなってきているようですね。

あんまり興味が無かったんですけど、建設費を聞くと確かに異常に高い。
東北の復興費用に回せ、というのも頷けます。


ブログ「くろねこの短語より抜粋
 新国立競技場については建設費以外でも、環境破壊だなんだと様々な問題があるんだが、案外知られていないのがサブトラックがないってこと。サブトラックは、陸上競技にとっては必要不可欠なもので、ここで競技前のアスリートはウォーミングアップをしたりして体調を整える。それがないってことは、仮に建設されたとしても、将来的にたとえば世界陸上などのイベントを開催することは不可能ってことです。なぜなら、世界陸上連盟はサブトラックは義務づけてるからなんだね。

 この点は、世界陸上のメダリスト・為末君もブログ「TAMESUE」で指摘している。ああ、それなのに、新国立競技場の利権に群がるオッサンたちには、そんなことはまったく眼中にないんだね。新国立競技場建設に深く関わっている河野談話の一郎君は、かつて陸上競技連盟会長も務めたことがあるってのに、いったい何考えてんだか。些細なことのようたげど、サブトラックがないという事実だけでも、新国立競技場がいかに無意味な代物で、アスリートのことなんか何も考慮されていないってことの証なんだね。


毎日新聞でも・・・
特集ワイド:なぜ見直せない「新国立」 核燃サイクルと同じ“国策の暴走” 
「復興五輪」の理念どこへ

毎日新聞 2015年07月06日 東京夕刊

<抜粋>
 新国立の建設予算に895億円の追加がポンと決まる2日前の6月27日、東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県石巻市で、震災後初の「復興マラソン」が開かれた。市は、壊す前の国立競技場から聖火台を借りており、市総合運動公園に設置。この日、初めて「復興の火」がともされた。聖火は1964年の東京五輪で戦後復興のシンボルとされた。その聖火に被災者を励まそうという願いを込めていた。同公園周辺に仮設住宅が建ち並び、市全体では1万人以上が仮設住宅で暮らす。

 主催者は当初、火を絶やさないことを検討したが、断念した。理由は予算不足。火をともし続けるには発火装置の修繕が必要で費用は約800万円。だが、地元企業や市民の寄付は260万円を集めるのがやっと。復興マラソンでは、仮設の簡易発火装置で除幕式とハーフマラソンの4時間だけ聖火を維持するのが精いっぱいだった。

 復興マラソンの事務局関係者は語る。「今後も修繕費を集め、聖火をともし続けられるようになったら、仮設住宅に聖火台を持って行きたい」

 800万円と895億円−−。被災地がコツコツと資金を集めている時、新国立の巨額の追加予算が決まった。どう考えても金銭感覚がずれていないか。思い出してほしい。安倍晋三首相は「なんとしても『復興五輪』にしたい」と訴えてきた。石巻市で建設中の復興公営住宅は4000戸に約1000億円かかる見通しだが、もし895億円が被災地に回れば、単純計算で住宅3580戸分の財源になる。

ちなみに総工費は2520億円。
そして核燃サイクルでは

国が音頭を取って始めた核燃料サイクル計画に基づく工場建設の予算は、93年の建設開始当初は7600億円だったが、現在は約3倍の2兆2000億円まで膨らんだ。
そうです。

ヘルプマン  読んでみました。

 先日、IWJで作者のくさか里樹さんのインタビューを観て知った介護マンガの「ヘルプマン」。割と大きめの書店を数件まわったんですが見当たらなかったのでアマゾンで購入して読んでみました。

 元々、イブニングに連載されていたのが打切りになって、最近週刊朝日が引き継いだみたいですが、10年以上前から連載していたんですね。なのでコミックスの第1巻は、まだ介護保険が始まる前の時代からスタートしていますが、それでも世界一の高齢化社会に向かう日本の現実を解りやすくプレゼンテーションしていてマンガの持つ力を再確認しました。
ヘルプマン (1)

ヘルプマン (2)

ヘルプマン (3)

ヘルプマン (4)

ヘルプマン (5)

ヘルプマン (6)


 週刊朝日に移ってからの第1巻は主人公が理想を追い求めるばかりに地域の介護施設から追い出されてしまい個人でヘルパーの仕事を続けようとする状況になっています。
そこまでに何があったのでしょうか?

ヘルプマン
ここでは「胃ろう」の問題を取り上げていますが、僕の父親は最期の方まで口から食事が摂れていたのでこんな問題全く知りませんでした。
口から食べれないって、こりゃ辛いな。


 イブニングのコミックスは第27巻まで出ているそうなので興味のある問題だけでも読んでみようかな。


まつ毛が伸びる薬?

 近々、メガネを買おうかなと思っていて、長い間視力を測ったことがなかったので今日は眼科に行ってきました。
検査の待ち時間に壁の貼紙を見ていると、こんなのが・・・
まつ毛

こんな薬があるんですね。


黒山 in Garth  7.11

久しぶりの黒山です。
7月11日に大阪なんばのライブハウスGarthでのイベントに出演します。


Garth.jpg

 前回の酒呑童子に出て頂いたデルタブルースのYantooさんに声を掛けて頂いたイベントで多数のバンドが出演されるみたいです。
黒山は16:50~というかなり早い時間帯ですが、チャージは無いそうですので大阪方面の方はお時間あればのぞいてみてください。


ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR