2017 / 07
<< 2017 / 06  - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
2017-07-の記事一覧

実家の理容店が閉店しました。

 七月の始め頃から母親が肩が痛くて自力で腕が持ち上がらないと言って店を休んでいました。
どうも五十肩のようですが、もう八十歳を越えているので治りも悪いため、しばらくお店を休んで治ってきたらまた店を再開したいようでした。

腕が上がらないので、少し離れたところに住んでいる叔母さん(母親の妹)やその娘(いとこ)が時々食事を持って来たり頭を洗いに来てくれたりして助かりました。

けれど一向に快方に向かわず、かといって悪化しているようでもなかったので様子を見ていたら、今度は頭が痛くて動けないとのこと。
病院で診てもらったところ三叉神経痛との診断で、短時間とはいえ劇痛で大変辛い症状だそうです。

薬を飲んでみたものの最初の一週間はあまり効かなかったようで、夜中も痛みであまり眠れないと言っていました。

翌週に薬を変えたら少しマシになったようですが、やはりまだ痛むようです。

大阪に住む姉も心配して帰省したみたいですけど旦那も一緒だったのと叔母さんやいとこも来て大勢になり、元来人と一緒に居ると気を遣って疲れる質なのでかえってしんどかったみたいです。

三日ほど前にいよいよ店を閉める決心がついたようで、閉店のお知らせを書いてくれと言うので、簡単なものを書いてメールで送って、それでいいかどうか電話で確認したところ読みながら泣いていました。

閉店のお知らせ



もう少しの間、せめて今年の年末の55周年まで開けていたかったみたいですね。





8.11 酒呑童子 衣笠ナイト

  祇園祭も終わり京都の次のイベントは五山送り火ですが、その前に平野神社向かいの居酒屋酒呑童子にて黒山&京都組2ndプレゼンツの衣笠ナイトがありますよ~!

酒呑童子もついにHPが出来たそうです。

20170811酒呑フライヤーB4


8.11の金曜は3連休の初日ということで、暑い盛りではありますが暑気払いにどうぞ。


あれからもう直ぐ1年かぁ。

もう決して帰ってきません。



引用
<相模原事件>娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否
7/22(土) 3:02配信 毎日新聞


<相模原事件>娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否

 19人の命を一度に奪った「津久井やまゆり園」の殺傷事件。
愛する長女(当時35歳)を失った父親(62)が口を開いた。
現実に向き合おうとしては思い出がよみがえり涙する。その繰り返しの1年だった。
自らは今春、がんと診断された。「もうすぐいくよ」。仏壇の前で毎朝、語り掛ける。【国本愛】

 長女の朝は、甘めのコーヒーを飲むことから始まった。大きなマグカップに母親が氷を一つ落とす。眠そうな顔で一気に飲む。足りないとテーブルをカップでコンコンとたたいた。父親のまぶたには、そんな日常が焼き付いている。

 仕事人間だった父親は49歳で早期退職してから、長女と一日中、一緒に過ごした。長女はソファに腰掛ける父親の足や肩をトントンとたたき、抱っこをせがんだ。本を読もうとすれば「かまって」とばかりにはたき落とした。夜中になると布団に潜り込んできた。

 長女が食事を粗末にした時、怒ったことがある。すねて口を利いてくれなくなり、最後には折れて「ごめんね、お父さんが悪かった」と謝った。「気まぐれでわがままで、甘えん坊だった」

 あの日の朝、テレビで事件を知った。駆け付けた園で職員から「亡くなりました」と知らされた。長女と対面できたのは午後8時ごろ。傷痕は見えなかった。「すごくきれいで、今にも起きそうだった」。家族だけの葬儀を済ませ、ひつぎには長女が大好きだった「となりのトトロ」の絵本を入れた。

 そばにいたくて、四十九日まで骨つぼを枕元に置いた。毎朝、仏壇にコーヒーを供えて「元気か?」と声を掛け、「元気ってことはねえか」とつぶやくのが日課になった。

 思い出が詰まった自宅での1人暮らしは、つらい。洗面所で歯磨きをすると、後ろから抱きついてきた長女を思い出す。トイレにも、リビングにも……。
施設に預けた自分を責めた。
少しずつ現実を受け止めようと生きてきたが、ふとした瞬間に「もういないんだ」という現実が去来し、おえつしてしまう。

 今年3月、がんと診断されたが、延命治療は選択していない。

 最後に会ったのは、事件の3週間前。
肩の具合が悪く、いつもする抱っこができなかった。「次はしてあげるね」。すねた長女に言って別れた。

父親は
「最後に抱っこしてあげられなかった。早く会って、抱っこしてあげたいなあ」

と、ぽつりと漏らした。



失敗から学ばないとね。

東芝の体たらくを見ていると悲しくなってきますが、これが私たち日本人のDNAなんでしょうか?

このIWJのインタビューは大変興味深いですね。

「米国は儲からない原発ビジネスを見切り、日本に押しつけた」〜
「東芝崩壊」に見る日本電機メーカーの危機!

『東芝解体電機メーカーが消える日』著者 ジャーナリスト 大西康之氏に 岩上安身が訊く! 2017.7.21



日本車もヤバイみたいですね。

絶望シュウマイ工場

絶望シュウマイ工場

旨いのか不味いのか?

一度食べてみたい気もします。


金田法相、死刑執行

アノ金田法相が先日2名の死刑を執行しました。
決定は法務大臣が判断しますが、実際の死刑執行は刑務官が実施します。

この機会にAmeba Timesで元刑務官へのインタビューがありました。
死刑囚、遺族以外に死刑制度に最も密接に関わる刑務官はどんな思いなんでしょうか。




「何十年も経ちましたが、全て鮮明に覚えています」
元刑務官が語った死刑執行の瞬間
7/15(土) 7:00配信


一部引用

 「夜勤明けのときのことでした。通常は朝の8時に集合して解散なのですが、その日は『今から呼ぶ者5名は、待機所で待機』という命令が出ました。
居残りの場合は、『今から誰と誰は裁判所に行け』などと言われるのですがが、“待機“というのは一体何だろうと。まさか、という気持ちでおりました。待機室で『どうも執行ではないか』と噂をしておりましたら、30分後くらいに管理部長室に一人ずつ呼ばれ『(死刑執行ボタンを押す)執行係を命ずる』と言われました。
みんな下を向いて、沈黙していましたよ」。

~中略~

 「その死刑囚はすでに70歳を超えていました。なぜ年老いた人を執行しなければいけないのか、そのまま老衰で死なせてやってもいいのではないかという思いもありましたので、自分を納得させるために記録を読みました。仮出所した際、お寺の住職さんが身元引受人になり、自宅に下宿させ仕事まで見つけてくれたそうです。その恩を仇で返すように、奥さんと娘さんを強姦・殺したのです。これは許せん、被害者遺族に代わって敵を討ってやらにゃいかんという使命感に燃えました。そういう正義感から躊躇なく押すと決意したことを覚えています。だから一切躊躇することはなかったです」。

一部引用終了

記事にはインタビュー動画もありますが、元刑務官の方は死への尊厳からこれまで誰にも執行の際の様子を話すことはなかったとのこと・・・確かに誠実に一生懸命お話をされているように感じました。

エッ、俺?

お呼びでない?
エッ

こりゃまた失礼しました。

ミサイル来たら危ないよ。

JWJ
被害は核兵器より甚大!? 
ミサイル攻撃想定し、市民が高浜原発運転停止の仮処分を申請!
河合弘之弁護士は「北朝鮮は日本の原発が防衛上の弱点と認識している」と懸念! 2017.7.6








地下鉄止めるくらいなら、原発止めろよ、と・・・・






なんやこれ?

これ書いたの2012年の1月ということですけど・・・

マジかよ!


https://www.facebook.com/akieabe/posts/10150571917471779
安倍昭恵
2012年1月6日 ·

以前ブログにも書いたのですが、
もしも私が放射能だったら・・・
人間のために一生懸命働いてきたのに、いきなり寄ってたかって悪者扱い・・・
悲しいだろうなあと思ってしまいます。
嫌われ者はいじけて大暴れするかも・・・。
原発を肯定しているわけではなく、自然エネルギーに移行していくべきだという考えです。
しかし、放射能自体が悪いわけではない。
悪いのは人間です。
私は放射能に感謝の気持ちを送ります。ありがとう・・・
意識の持ち方は大切です。
いいね!329件コメント184件シェア270件


どんなんや?

テレパシー駐輪場?

テレパシー駐輪場]

って何?

東京都議選で安倍政権に怒号!

ぽぽんぷぐにゃんSTREAMから


稲田防衛相の白紙領収書問題~大西英男議員のがん患者失言~森友学園問題~共謀罪金田法相発言~強行採決~加計学園問題~前川さん証言~萩生田さん逃亡~豊田真由議員の暴言~稲田ともみ防衛相の失言~下村博文都連会長の不法献金疑惑と、連発で膿が出てきて大混乱の東京都議選最終日です。

IWjから

中村あやさん、可哀想。

こんな声もあるようです。
「ここに来る前に自宅近くで自民党候補の街宣を見てきたけど、応援のマイクを持った人が『国政が悪いんです。安倍首相が悪いんです』と言っていた」

籠池さんも再び100万円を返しにきたようですね。


前日にはこれ
毎日新聞から

自民
二階氏「落とすなら落としてみろ」 メディアを批判
毎日新聞2017年6月30日 23時12分(最終更新 6月30日 23時39分

 自民党の二階俊博幹事長は30日、東京都国分寺市での都議選の応援演説で

「どういうつもりで書いているか知らないが、我々はお金を払って(新聞などを)買っている。そのことを忘れてはだめだ」とメディアを批判した。

「落とすなら落としてみろ。マスコミが選挙を左右すると思ったら大間違いだ」とも述べた。


ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR