2017 / 09
<< 2017 / 08  - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

アフタービート 2016.12.25リポート

 久しぶりにアフタービートに出演させて頂きましたが、いや~今回はクリスマスに6組ということでクリボッチの音楽バカの集いのような雰囲気でしたね~。

いや、いい意味で。

アフタービート1225出演者
それぞれジャンル的にも多種多様で、お客さんを飽きさせないようにというお店側の気遣いを感じましたね。
しかも黒山は最年長ということからか出番が最後ということで、ほとんどのステージをゆっくり見ることが出来ました。

トップはなんとクラッシクギターのソロ、るっちーさんです。
るっちー
ソロギターの調べっていう感じで、僕たちの世代には懐かしいですね。
緊張していると言っていましたが、この堂々とした態度からはとてもそうは思えません。
落ち着いた演奏で初めからゆったりした気持ちになりました。


2番手は彩ちゃん。ピアノの弾き語りです。
彩
いや~、まるでアイドルみたいですね~。コスプレも程よくいい感じ。
もう何やっても許せちゃう~って感じです。
声のほうも見たままのアイドル声でカワイイですよ。


3番手はiroiroxxx。
iroiro ××× (1)

iroiro ××× (3) iroiro ××× (2) 
前に一緒に出演させてもらった梶原君がギターで参加ということで、これまではボーカルの女子と二人で活動していたところ、お店の紹介で今回ドラム・ベースが参加してバンドになったそうです。
梶原君のギター伴奏もボーカルを引き立てる的を得た演奏で「さすが解ってるな!」って感じです。
ドラムも歌モノをよく解っているドラミングで、歌の邪魔をせず締めるところを締めるので展開が判りやすいので、ベース女子も楽に弾けているような雰囲気でタイトなリズムで好印象です。
ボーカルも押しの強い良く伸びる歌声で、梶原君のギターに安心感があるからか不安なく唄っている感じが好印象。
これからが更に楽しみなバンドですね。


4番手は立川玄さん。
立川玄
いや~ビックリしたな~。京都にこんな人がいたとは・・・
全てオリジナル曲でしたが、どれも完成度が高い上に、ファルセットを多用した歌唱法もなかなかいないタイプ。
アル・グリーンのスウィートソウルを彷彿とさせます。
リズムのあるブルージーな曲はラップも混ぜながらダンス・ミュージック的な構成で、歌詞の内容は社会問題を抉るようなイタイ部分を突いてきます。
バラードは叙情的なフォークソングっぽい曲ですけど、歌唱法が独特なためか違和感無くステージのアクセントになっています。
素晴らしいので思わずCDを買ってしまいましたよ。


5番手がVingt Cinqさん。
Vingt Cinq
ちょっとホスト的なルックスですがどうなんでしょう。
ここは黒山の直前だったので生では1曲しか聴けませんでしたが、楽屋で聞いていると歌い上げるタイプで布施明のような感じ。
じっくり聴けなかったのでコメントは控えますが、ひとつ言えるのはギター1本の伴奏で1ステージ支えるのは大変なのに頑張っていましたね。



そして最後に黒山。
ということで、今回はクリスマスに華を添えるということでKaoruさんに参加して頂きました。
が、いつものように写真は無し。

Please come home Christmas
気絶するほど悩ましい
Ill be there
Me And Bobby McGee
Dont let me be misunderstood
Be Bap a Lula

の6曲に、最後のステージということでアンコールを頂いたので、いつものコーヒールンバでお開き。


いや~今回はホント多彩な演奏でレベルも相当高くて楽しめましたね~。
また何処かでお会いしましょう。
来て頂いた皆さん、本当にありがとうございました。









この記事へのコメント:

この記事へコメント:する















ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR