2017 / 08
<< 2017 / 07  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

これは・・・「生き方否定にショック」

 小林よしのり氏も言っていたように、今の保守の有識者と言われる人たちは日本を保守しているのではなく安倍政権を保守しているだけ、ということでしょうね。

「今の保守」には尊皇の気持ちなど欠片も無いことがよく解る記事です。



<陛下>退位議論に「ショック」 宮内庁幹部「生き方否定」
毎日新聞 5/21(日) 6:30配信


一部引用
<陛下>退位議論に「ショック」 宮内庁幹部「生き方否定」
時代によって変わってきた天皇と国民の距離

 天皇陛下の退位を巡る政府の有識者会議で、昨年11月のヒアリングの際に保守系の専門家から「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たことに、陛下が「ヒアリングで批判をされたことがショックだった」との強い不満を漏らされていたことが明らかになった。
陛下の考えは宮内庁側の関係者を通じて首相官邸に伝えられた。

~中略~

 陛下の公務は、象徴天皇制を続けていくために不可欠な国民の理解と共感を得るため、皇后さまとともに試行錯誤しながら「全身全霊」(昨年8月のおことば)で作り上げたものだ。

保守系の主張は陛下の公務を不可欠ではないと位置づけた。

陛下の生き方を「全否定する内容」(宮内庁幹部)だったため、陛下は強い不満を感じたとみられる。




そりゃショックだと思いますね。

この記事へのコメント:

この記事へコメント:する















ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR