2017 / 08
<< 2017 / 07  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

う~ん、やはりアメリカですか!


 東京新聞の記事で「原発ゼロ、変更余地残せ、米が要求」との記事がありました。
 こういう記事を読むと、先日読んだ「戦後史の正体」や、昔読んだ松本清張の「日本の黒い霧」などの記述に信憑性を感じざるを得ません。

 毎年々々アメリカから年次要望書という名目で内政干渉されているということは聞いていましたが、私たち国民に見えないような形で、アメリカが我国に相当な圧力をかけていることは何となく解ってはいたものの、これは露骨ですねぇ。

 「日本の黒い霧」で記述されていたような、日本の統治者がGHQ内部での闘争にいかに翻弄されていたかという描写は、まさに現在の日本の政治状況と符号することを考えるとゾッとします。

 アメリカと中国というスーパーパワーとお付き合いをせざるを得ない我国が、双方から都合よく利用されずに国益を確保しながらも生き残るためにはどうすればよいのでしょうか?

 僕は個人的に両国の友人は一人もいませんが、たまに接触する旅行者などから受ける印象は「どちらの国民も自己主張が強力過ぎて、あまりお付き合いしたくないな。」という感じです。
貿易の状況を考えると、お付き合いしない訳にはいかないんでしょうけどね。

 まあ、日本人にも付き合い難い人達は沢山いるので、僕の接触した両国の人がたまたまそういう人だっただけかもしれません。
なかには良い人もいるんでしょうけど偏見でしょうか?


この記事へのコメント:

この記事へコメント:する















ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR