2017 / 11
<< 2017 / 10  - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

百井のとり幸

 昨晩は仕事の後、勤め先の仲間と一緒に左京区は百井にある「とり幸」というお店に行ってきました。
とり幸看板
 百井と言っても知らない人も多いと思いますが、僕の土地勘としては大原と鞍馬の間くらいの感じですが、違うかな?

あっと、とり幸のホームページがあったので載せておきます。

 大原自体も市内からは思ったより時間が掛かり、そこから先は夜には真っ暗な山道に入ります。
お店に着いたらおかみさんがお出迎えしてくれて早速店内に入りましたが、さすがに山間の村は既に寒く室内には石油ストーブが焚かれていました。

付出し



付出しや鉢物をツマみながら鳥すきの準備を待ちます。


鉢もの  鳥刺
               鳥刺しがコリコリして旨かったです。

とり皿鳥すきの肉も大量。







野菜もてんこ盛り。
野菜てんこ盛り

すき焼き作業中。
すき焼き作業中

大きな卵卵もやけに大きいです。






で、割ってみたらなんと双子。
ふたごの卵

ビックリしていたら、おかみさんが「全部そうですよ。」と言うので「ホンマかいな。」と4個全部割ってみたらアラホント。
ふたごの卵4

そして後は完成を待つだけ。
完成を待つだけ
鳥や野菜を次々に投入して、ひたすら食べます。

 いや~鳥とはいえども、やはり肉。お腹にズシッと溜まります。死ぬほど食ってきました。

次は水炊きもいいかも!



この記事へのコメント:

この記事へコメント:する















ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR