2017 / 09
<< 2017 / 08  - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

ネットとマスコミ

 なんか麻生太郎さんの長男さんや親族が、ニコニコ動画の関連会社の運営などを行っているそうですね。

クリック→ポポンプグニャン

ポポンでは噂程度の話かと思っていましたが、ニコニコ大百科にも書いてあるくらいだから本当なんでしょう。

でも、この字幕での批判というか、中傷はヒドイですね~。

いくらテレビが酷いといえどもこんな書き込みはさすがに許されないでしょうね?書き込んでいる人達も匿名だからこそ、ここまで書けるんでしょう。

 よく、「ネットVSテレビ・新聞」みたいに論じられることが多いけど、どうなんでしょうか?
今、無作為に選んだ国民(あるいは有権者)100人に対する影響力はどのくらいの比率になるんでしょうね。

 先日も少し書きましたが、ネットとマスコミの世論調査の結果があまりにも違いすぎます。
Uさんの言うように、ネットには小沢信者の工作員も数多くいるでしょう。
でもニコ動なんかには安倍信者の工作員も数多くいそうだし、それが現実を反映した比率になっているかは、僕には判りません。

 たとえば株価などでは、ある会社の株が高騰しているとか急落しているとの情報があれば、事実がどうあれその情報によって株式を売買する人々の現実の行動を左右します。先に情報があって、後から情報に現実が近づくこともあるでしょう。

これは政党の支持率の情報でも、同じような現象を生じる要因になるにちがいありません。

 しかし、テレビ・新聞の協会は消費税が増税されることには賛成だが、自分の業界だけには適用しないように求めているそうですから、許認可権をもっている官庁に反対するような事を報道すれば、記者クラブなどを通じて規制を掛けるターゲットにもなるんでしょうね。フリー記者の排除なんかもその一例でしょう。原発報道なんかを見ても既存マスコミは官僚の思い通りに操られているとしか思えません。自主規制も多々あるでしょう。

 その点、いかに酷い書き込みが多くても、そのこと故にネットの方が自由度が高い、とも言えます。
玉石混交という感じでしょうか。情報の幅が圧倒的に広いことは誰もが認めるところでしょう。

 もし仮に、ネットと既存マスコミの影響力の比率が50:50として(僕の印象では、まだまだ既存マスコミの影響力の方が数段大きいように感じますが。)、ネット内部での玉と石の比率も50:50とすればネットでの玉の情報は全体の25%ということになるのでしょうか?(実際は玉の割合はもっと低い気がします。)

 もちろん既存マスコミの情報にも玉と石はあると思いますが、自主規制や官僚からの統制を考えると玉の比率はグッと下がることは間違いないでしょう。

 官僚がネットを規制したがるのは、その極わずかな玉に対しても、せっかくマスコミを統制して抑えた情報がそこから漏れることに危険性を感じるからなんでしょうね。

 アラブの春ではフェイスブックなどのSNSによる市民の発信が有力視されましたが、中東ではもはや政府がネットを牛耳って統制に都合のよい情報をSNSなどを使って流している、とも聞きます。

いろいろ書きましたが、ようするにマスコミが恐いんです。


この記事へのコメント:

この記事へコメント:する















ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR