2017 / 08
<< 2017 / 07  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

高知で米軍機の飛行訓練 

高知新聞
米軍機訓練 これが「超低空」 香美市の女性が動画撮影
2014年12月23日08時08分
ネット再生8万回

 高知県香美市物部町大西の女性が12月15日、自宅から低空飛行する米軍機の訓練を動画で撮影し、インターネットで公開したところ、間近を飛ぶ訓練の実態に「ひどすぎる!!」などと反響が広がっている。ごう音を上げ、稜線(りょうせん)をなめるように旋回して飛び去る戦闘機と、恐怖に泣きだす3歳の男の子。22日までの8日間で動画の再生回数は8万回を超えた。撮影した女性は、静かな山の暮らしを切り裂く低空飛行に憤り、「動画で現状を広めたい」と訴えている。 

 この女性は藤田希民子さん(46)。15日午前10時半ごろ、スマートフォンで撮影し、直後に交流サイト「フェイスブック」に投稿した。
 畑の間に干された洗濯物が揺れ、その向こうにV字形に重なった稜線が映る。
 「あの谷(から)来るよ…」
 藤田さんがつぶやいてすぐ、「ゴーッ」という低い音が響き始める。5秒ほどで戦闘機が現れ、目の前で旋回しながら爆音とともに画面右手に飛び去る。その間、約7秒。次男の竜道ちゃん(3)は恐怖で泣き、その表情も映し出される。

  ■  ■ 
 
 藤田さんは2000年に奈良県から香美市に移住し、10年ほど前から大西地区で暮らし始めた。
 香美市に来て以来、米軍機に悩まされている。爆音で家が震え、電話中なら相手の声も聞こえないほど。今年5月に集落全体が見渡せる高台に引っ越すと、「真横を飛ぶような感じになった」。12月に入り、飛行回数が急増したため撮影を思い立ったという。
 米軍の訓練空域のうち、高知県と同じ「オレンジルート」下にある徳島県の友人と連携。動画を撮影した15日は県境の徳島県那賀町から、西の方向へ戦闘機が飛んだとの情報が伝わり、庭で待ち構えていた。
 米軍機の飛行を記録している長岡郡本山町の沢田和広総務課長は映像を見て、「これだけ鮮明な飛行が撮れているのは珍しい。かなりインパクトがある」と驚く。
 米軍岩国基地(山口県岩国市)を監視している戸村良人さん(68)も「めったにない映像。音が聞こえてからカメラを準備しても間に合わない」。
 この動画が撮影された15日も、戸村さんは岩国基地で戦闘機を監視していた。午前10時半ごろから午後4時ごろの間、戦闘攻撃機FA18ホーネット▽戦闘攻撃機FA18スーパーホーネット▽電子戦機EA18Gグラウラー―の3機種が少なくとも25回着陸したという。
 ただ、「3種類のどれかは、この映像では特定できない。飛行コースも断定はできない」と話す。

  ■  ■  

 藤田さんの動画が一気に広がったのは「フェイスブック」の効果が大きい。15日午前の投稿後、「戦争を見てるみたい」「ほんとひどい」といった反応が相次いだ。さらに、投稿した記事を共有する「シェア」機能で動画が広がった。
 藤田さんは「高知市内の人が(低空飛行の現状を)知らなかったのには驚いた。高知県内の人はみんな知っていると思っていた」と話し、今後も動画を広く公開していくという。

爆音で「子ども泣く」 撮影女性が高知県に中止申し入れ要請

 米軍機の低空飛行訓練を間近で撮影した香美市物部町大西の藤田希民子さんは22日、高知県庁を訪れ、米軍機の飛行中止を国に申し入れるよう要請した。高知県危機管理部は「低空飛行が長く続くなら、正式に(低空飛行の中止を)申し入れる」と応じた。
 藤田さんは夫の竜也さん(34)、次男の竜道ちゃんと一緒に出向いた。
 応対した野々村毅・危機管理部長に対し、藤田さんは「低空飛行が始まると、そればっかり(繰り返す)。パイロットが楽しんでいるように見える」「13歳になった上の子も赤ちゃんのころから(ごう音で)泣いている」などと訴えた。
 パソコン画面で映像を見た野々村部長は「う~ん、これは…」と見入った後、「低空飛行の情報があれば中四国防衛局に伝え、確認している」と答え、申し入れを検討する方針を伝えた。
 藤田さんは、動画に映った機体の高度について「(1999年に日米両国が合意した高度基準の)150メートル以下だと思う」と指摘。野々村部長は「映像では正確な高さが分からない。推測するしかない」とした。
 高知県が把握している米軍機の今年1月以降の飛行回数は計35回。うち21回が12月に集中している。長岡郡本山町役場などによると、米空母が横須賀基地(神奈川県)に帰港する冬から春にかけて集中する傾向にある。
 高知県によると、高知県はこれまで94年の早明浦ダム湖墜落事故のほか、昨年5月の4日連続の低空飛行後など、91年から計13回にわたって外務省などを通じ、低空飛行訓練の中止を米側に要請しているという。


動画はこちらから

この記事へのコメント:

この記事へコメント:する















ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR