2017 / 09
<< 2017 / 08  - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

高浜原発運転差止の仮処分

 普段穏やかな海渡弁護士もかなり憤慨している様子。


この決定に文句を付けている人達をよく覚えておく必要がありますね。




 このニュース映像は日本国内に向けて放映されたものに英語の訳?解説?が付いているので海外向けに編集されたものだと思いますが、反って客観的に映像を観れる気がします。
それだけに外国の人に、どう思われるのか心配にもなります。


 あれだけの事故を起こして、未だに収束させることも出来ず(ネズミで停電、凍土壁もダメ、アルプスも役に立たず、汚染水もだだ漏れで報告もせず、ロボットもダメ)、それを目の当たりにしたドイツを始めアメリカですら原発からは撤退する方向なのに、当事国では規制委員長が、「規制をクリアしても安全を保障する訳ではない。」と逃げを打っているなかで、裁判所が安全のために対策が採られるまで運転を禁止するという決定を出すことはごく当たり前の普通の判断であり小学生でも理解できることだと思いますが、国内ではそれが歴史に残る英断だと誉められ大ニュースとして報道され、支援者が涙を流して喜んでいる・・・・・

国(国を牛耳っている一部の人)の利益のためには多くの国民を危険な目に遭わせても平気で、支配者がマスコミを使って国民を騙そうとする国・・・・

従わないマスコミは放送を停止するぞ、と脅される国・・・・

本来は三権分立のハズの司法がやっとまともな決定を出したことで、嬉しさのあまりに涙する国民が住んでいる国・・・・

なんかSFに出てくる悪の帝国みたいで、どんな地獄のような国なのか・・・・と思われないか心配です。


この記事へのコメント:

この記事へコメント:する















ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR