2017 / 05
<< 2017 / 04  - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

ほとんどの学者が違憲か・・・・


違憲の法律を通せばわが国の土台が崩れるんですね。
そういえば辻本議員も、違憲の法律は無効なのでその際どうするのかしつこく聞いていました。


引用
真実を探すブログ
2015.06.16 21:25|カテゴリ:政治経済|
日本メディア触れず!憲法学者の小林教授が記者会見で安倍政権を支配している「日本会議」について言及!エコノミスト紙や仏誌もその存在を指摘!

6月15日に憲法学者の長谷部恭男氏(早稲田大学法学学術院教授)と小林節氏(慶應義塾大学名誉教授)が開いた記者会見の中で、安倍政権を影から支配していると言われている「日本会議」について明確な言及がありました。

会見の質疑中に雑誌エコノミストの記者が『安全保障法制を「合憲」としている3人の学者は皆「日本会議」に属している。その意味や、「日本会議」の影響力をどう見ているか』と質問したところ、小林氏は『日本会議に沢山の知り合いがたくさんいるので私が答えますが、日本会議の人々に共通する思いは、第二次大戦で敗けたことを受け入れ難い、だから、その前の日本に戻したい』と述べ、日本会議の目的は戦前回帰であると強調しています。

更に上記の発言に続けて、『かれらの憲法改正案も明治憲法と同じですし、今回もそうですが、日本が明治憲法下で軍事五大国だったときのように、アメリカとともに世界に進軍したいという、そういう思いを共有する人々が集まっていて、かつそれは、自民党の中に広く根を張っていて、かつよく見ると、明治憲法下でエスタブリッシュメントだったひとたちの子孫が多い』と日本会議の正体を明らかにしました。

日本会議は安倍晋三首相を始め、安倍政権の閣僚が8割以上も所属している一大組織です。憲法改正や国家神道を強く掲げ、自民党議員を中心に野党系の議員らも多く所属しています。

また、大企業の関係者や知名度を持った有識者らも所属しており、正に日本の政治情勢を影から動かしていると言えるでしょう。
日本のメディアは小林氏の回答を報じないばかりか、日本会議の存在その物をあまり報じていません。

~中略~

記者会見を全て見てみましたが、安倍政権への批判よりも日本会議への言及は本当にビックリしました。教授らは別に隠しているような感じでないのに、日本のメディアが存在を殆ど報道しないのはちょっと異常です。
朝鮮統一教会との問題もそうですが、安倍政権を裏から支えている組織には妙にタブーが多い感じがします。



こんなツィッターも・・・
「「安倍政権の靖国参拝、憲法改正、愛国教育、歴史修正主義の背後に日本会議あり」:山崎 雅弘氏」  憲法・軍備・安全保障
https://twitter.com/mas__yamazaki
新しい歴史教科書をつくる会【公式】によると、日本会議の第四代会長に産経新聞の「正論」常連執筆者で「美しい日本の憲法をつくる国民の会」共同代表の田久保忠衛・杏林大学名誉教授が就任したという。
前者の「会」と日本会議の繋がりも示唆している。

~中略~

安倍首相は14日夜、維新の党最高顧問の橋下徹大阪市長と東京都内のホテルで約3時間、夕食を共にしながら会談した(時事)http://bit.ly/1MVbeNs
「首相は、最重要課題と位置付ける安全保障関連法案の今国会成立に向け、橋下氏との直接会談で維新の協力を要請したとみられる」

橋下氏は会談後、ツイッターを再開し「内閣における憲法の有権解釈者は内閣総理大臣。憲法解釈が時代とともに変遷するのは当然のこと」と書き込み、安保関連法案を合憲とする政府に理解を示した(産経)http://bit.ly/1L9nuM4

都構想を巡っては、自民党府連が強硬に反対するなか、首相はたびたび都構想に理解を示した(毎日)http://bit.ly/1Bgithw
「維新は安保法案の修正や、労働者派遣法改正案の採決に前向きな姿勢」
「首相側には会談を通じて野党を分断する狙いも」
結局、政局の話しか書いていない。

大阪市長は「自分は選挙で選ばれたのだから決定権を持つ。嫌なら次の選挙で落とせばいい」と、あたかも特定の選挙の当選者は全面的な白紙委任状を得るかのような論法で聞き手を錯覚させる術に長けているが、そういう勘違いした指導者が出た時に備えて憲法という高い柵を立てたのが「立憲主義」だろう。

辞めるはずの橋下さんも、安倍首相に呼ばれてからは急に元気を回復したみたいで忙しそうですね。
辞めるのをヤメそうな気配濃厚。

あの爽やか会見は何だったんでしょうか?


この記事へのコメント:

急なお礼で困惑させているかもしれないんですが…(汗)ラビット黒さんのブログ見させてもらって、下にばかり落ちてく気持ちを止めることが出来たというのか
気がついたら少し上向きになった気がしました。
良い言葉が出て来ずもどかしいのですが感謝してます。
厄年ではないはずなのに悪い事ばかり降りかかりため息ばかりの日々を過ごしていて
少しでも気分転換になればとブログのお散歩してたんですがだいぶ心が軽くなりました。

素敵なブログを書かれているラビット黒さんに今の悩みを聞いて頂けたらなとふと思い、勇気を出してコメントさせてもらいました。

突然でご迷惑ならすみません。
聞いてもらえるだけでいいので連絡してもらえませんか?
こんなブログで、もしも少しでも気持ちが軽くなったのでしたら幸いです。

最近は世の中の動きも悪い方向に向かって急ですし、個人でもロクでもないことが続く時期ってありますからね。
なかなか気持ちを切り替えるのが難しいときもありますが、ネットでいろんな配信を観るのもいいかもしれないですよ。

またヒマなときには覗いてみてください。
この記事へコメント:する















ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR