2017 / 09
<< 2017 / 08  - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

公明党の行方



少し前から創価学会と公明党の関係がギクシャクしてきているとの報道が増えてきていますね。

朝日新聞デジタル
「平和の党の看板、洗い直して」 公明離党し町議3選
斉藤太郎2015年7月9日18時00分

 愛知県武豊町議の本村強さん(62)は創価学会員だが、与党として安倍政権を支える公明党には属さない。安全保障関連法案の国会審議で、違憲との指摘がやまないことに意を強くしている。

 「戦争ほど、残酷なものはない」。池田大作名誉会長の著書の言葉を肝に銘じる。自公政権は自衛隊の海外での活動を広げてきたが、学会員が支える公明党は「ブレーキ役だ」と思うように努めた。

 だが、他国の戦いに加わる集団的自衛権の行使容認は「いくら何でも違憲だ」と考えた。昨年6月、反対の意見書を共産町議らと議会に出し可決。会派の同僚と亀裂が深まった。昨秋に党を離れた。

 無所属で臨んだ今春の町議選。「あなた個人の票は得票の2%」と学会関係者からは言われたが、3選された。得票は党公認だった前回の9割を超えた。

 「集団的自衛権 断固反対」ののぼりを掲げた本村さんを陰で応援する学会員や、新たな支援者がいたからだと思う。古巣を恨まず、願う。「平和の党の看板を洗い直してほしい」(斉藤太郎)


2015/07/22
公明党が凍てつく『政党支持率の結果』、創価学会員による 「公明党バイバイ」のデモは何を予兆するのか。

リュウマの独り言

 大きく流れが変わった 「戦争法案反対デモ」。 自民党は 議席減で抑えられようが、 支持母体を失いつつある 公明党はどうなるのか。 創価学会が 『自由投票』を宣言すれば、 議席0 も現実になる。 まさに『仏罰』
6af7a2b8.jpg
                                                   盛田隆二 @product1954
創価学会員による「公明党決別宣言」デモ。すばらしい!

政党別支持率で 「共産党」が 「公明党」の2倍以上の支持を集めた。 民主党も10%を超えた。 無名の国民が「おかしい」と 考え込んだ結果である。 皆が 「意見を言える」自由主義、そして戦争法案反対の声


2015.07.20 リュウマの独り言

 世論調査での 『支持政党』の変化が面白い。 特に『共産党』の伸びと 『公明党』の凹みに目を奪われる。 劇的な変化が始まろうとしている。 

「共産党」は 主張がはっきりしている。 民主党の場合、 下手をすると 一部に 『自民党応援団』のような言動をはくものがいる。 民主が 野党第一党としての座を守りたいのであれば、 彼らと縁を切って 『はっきりした政党』に生まれ変わったほうがよい。 

それも面白いことだが、 共産党が 「野党第一党」になる可能性すらある。 こうなると、 経団連や右翼団体も 「これ以上の伸び」を抑えるために 国民の意見を聞くようになるだろう。 

 本当に 共産党との 立政権ができるような事態になれば、 自分たちの存立の危機、 言い換えると今まで 「共産党に対して行った数々の (違法行為を含めた) 行為」が 白日の下にさらされるのだから … まあ、 それは面白いことでもある。

        7/13NHK    7/18共同
      自民   34.7     31.9%
      民主    7.7    11.2
      共産    3.3     7.3
      維新    2.5     3.6
      公明    4.2     2.9
      社民    0.7     2.1
      生活    0.4     0.7
      次世    0.1     0.4
      無党    39.3    36.8
                                                          nakas @nakas16
 支持率急減のうえに、その残った数少ない支持者ですら「説明は十分」ゼロなのですから、要するに元々の公明支持層は戦争法案に関しては100%離反したということです。公明党というより、創価学会の存立基盤を脅かしかねない、衝撃的数字ですよ。

盛田隆二のツイートから

いや~、もう凄い展開になってきましたね。
この先、いったいどうなるんでしょうか?


この記事へのコメント:

この記事へコメント:する















ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR