2017 / 09
<< 2017 / 08  - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

2009 マイケル・ムーア来日 会見





 アメリカの銃社会の歪みを描いたボーリング・フォーコロンバインや医療制度の問題を扱ったシッコなど、アメリカ社会が抱える矛盾を提示し続けているマイケル・ムーアが2009年に来日してこんな会見をしていたとは知りませんでした。

彼の声のトーンからだけでも問題の深刻さが窺えます。

 5月のボルチモアでの黒人暴動の後、ファーガソンでは昨年警官に殺された黒人少年の追悼デモでまたしても衝突が発生しているようです。

 アメリカ社会は人種差別問題と資本主義の過剰な進行による経済格差問題の両方で一般市民が分断され、大企業や大富豪などの一部富裕層は特権階級として膨大に拡がった貧困層がどんなに苦しんでいようが一切無視して更に利益をを追及するという、あからさまな資本主義の貪欲な、そして無慈悲で貧困な精神の社会になってしまっている様子が垣間見えるようです。


この記事へのコメント:

この記事へコメント:する















ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR