2017 / 05
<< 2017 / 04  - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

情報コーナー(特に推奨するわけではありません。)

 もう通知カードが届いた方もおられるかもしれませんが、相変わらずよく解らない制度で「急ぎ過ぎじゃないの?」ってよく耳にします。
何のためにこんなに急ぐのか・・・・


触らぬマイナンバーに祟りなしって、面白いこと言いますね。
(特に推奨するわけではありません。)
一応、こういうことを言っている人もいるってことです。



マイナンバー

「「マイナンバーは“相手にしない方がよい”」「触らぬマイナンバーに崇りなし」:ネコには都合が多い氏」  税制・年金
https://twitter.com/TryToFollowMe
>junko [街の弁護士日記]マイナンバー 朗報! 事業者も要らない・各省庁がお墨付き 最善の対策は何もしないこと https://t.co/iFkSziWTpU

「マイナンバーは“相手にしない方がよい”」「下手に従業員の個人番号を集めると、“とたんに事業者に過大な義務が発生する”」「触らぬマイナンバーに崇りなし」。

こりゃいいわ。必読。⇒[街の弁護士日記]マイナンバー 朗報!事業者も要らない https://t.co/2H9gxhXGl1


151020 『マイナンバー』ちょっと待って!!どこが便利?プライバシーは大丈夫!? ~講師 白石孝さん
Movie Iwj

Mo


【IWJ特別寄稿】『共通番号いらないネット』代表世話人・白石孝氏 企画・制作『個人番号カードは申請しない!』キャンペーン動画

 マイナンバーの通知カードの送付が始まって、はや2週間。すでに簡易書留の封筒が自宅に届いた人もいるのではないか。

 同封されているのは「通知カード」と呼ばれる紙のカードだ。このカードには、氏名、生年月日、住所、性別、カードの発行日、そして、12桁のマイナンバー(個人番号)が記されている。

 通知カードと一体となって、「個人番号カード申請書」と「説明書」も同封されている。個人番号カードは、プラスチック製で、通知カードに記載された情報が表示されている他、「顔写真」と「ICチップ」を搭載する。交付開始は、来年1月からだ。

 この個人番号カードに強い警鐘を鳴らすのが、「共通番号いらないネット」の代表世話人・白石孝氏だ。

 白石氏は、政府がこの個人番号カードのICチップに「クレジットカード機能」や「健康情報」に加え、指紋や顔貌などの「生体情報」を盛り込む計画であることを指摘し、個人番号カードを申請することは、そのような重大な個人情報を自ら政府に渡すようなものである、と訴える。

 2015年9月のマイナンバー法改正により、2018年以降、銀行口座やメタボ検診の情報などがマイナンバーに紐付けられると決められた。政府は今後も利用範囲を拡大していく姿勢を明確に示している。

 カードの機能が増えれば、「便利さ」も増しそうだが、共通番号の先進国・韓国での取材経験も豊富な白石氏は、その分個人情報流出のリスクも高まる、と懸念を語る。

 現在、この個人番号カードの申請は「任意」だが、通知カードに同封される「説明書」や政府広報を見ると、「個人番号カードを申請しましょう」とあり、「申請しなければならない」かのような印象を与える。

 自分の重要な個人情報を、国に渡すかどうかは、あくまで個人が自由に選択できるものだ。個人番号カードを「申請しなければならない」と思わせる政府の広報は、個人の選択の自由を奪うものになりかねない。

 国民に誤解を生じさせる表現に危機感を抱く白石氏は、「個人番号カードは申請しない」という選択肢もあることを知らしめるべく、自身の制作したメッセージ動画を公開した。



 いよいよ都市部でも12桁の個人番号を通知する簡易書留の配達が始まった。

 通知書の受け取りを拒否してもいいが、大半の方はそのまま受け取ってしまい、そして中に入っている「個人番号申請書」を送り返してしまう可能性がある。スマホでもカード申請が出来る。

 ところが、このカードを持っていると将来は面倒くさいことになるから、申請しない、持たないというキャンペーン動画を作成した。(白石孝)

※IWJ注 : 「通知書の受け取りを拒否してもいい」とあるが、通知カードを拒否しても、「付番」自体を免れることはできないことに留意しなければならない。
通知カードの拒否は、政府に「マイナンバー反対」の意思表示をできるメリットがある一方、付番されている以上、個人情報の流出を防ぐ手だてにはならない。
さらに、万が一自分のマイナンバーが流出した場合、自分のマイナンバーを知らなければ、流出した事実に気付きにくくなるデメリットも考えられる。
「個人情報を守るために、通知カードは受け取らない」と考えている人もいるかもしれない。しかし、通知カードの受け取り拒否だけでは、個人情報を守ることにはならないので、要注意だ。


この記事へのコメント:

この記事へコメント:する















ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR