2017 / 05
<< 2017 / 04  - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

訃報 水木しげる

 とうとう水木しげるさんが亡くなりました。

子供の頃は「河童の三平」「ゲゲゲの鬼太郎」を、そして大人になってからはリテラの記事にも載っている「総員玉砕せよ。」「コミック昭和史」なども読んだことあります。


リテラから一部引用
前略~
追悼! 水木しげるが描いていたラバウルの戦争体験と慰安婦…「80人の兵隊を相手に…あれはやっぱり地獄だ」

 年老いた水木が、書斎で戦争中、ココポでの出来事を回想する。水木青年は、上等兵に「お前も行ってこい」と言われる。以下、水木のモノローグ。

〈というようなことでピー屋の前に行ったがなんとゾロゾロと大勢並んでいる。
 日本のピー屋の前には百人くらい、ナワピー(沖縄出身)は九十人くらい、朝鮮ピーは八十人くらいだった。
 これを一人の女性で処理するのだ。
 僕はその長い行列をみて一体いつ、できるのだろうと思った。
 一人三十分とみてもとても今日中にできるとは思われない、軽く一週間くらい、かかるはずだ。
 しかし兵隊はこの世の最期だろうと思ってはなれない、しかし……
 いくらねばっても無駄なことだ。
 僕は列から離れることにした。
 そして朝鮮ピーの家を観察したのだ。
 ちょうどそのとき朝鮮ピーはトイレがしたくなったのだろう、小屋から出てきた。〉
 朝鮮人慰安婦が便所で用を足すところを見て、水木は「はァ」と目を見開く。そして、頭を抱える。以下、再びモノローグ。
〈とてもこの世の事とは思えなかった。
 第一これから八十くらいの兵隊をさばかねばならぬ。
 兵隊は精力ゼツリンだから大変なことだ。
 それはまさに“地獄の場所”だった。〉
 場面はかわって、現代。書斎の椅子で目をつむる老いた水木は、〈兵隊だって地獄に行くわけだが、それ以上に地獄ではないか〉と物思いにふけている。
〈よく従軍慰安婦のバイショウのことが新聞に出たりしているが、あれは体験のない人にはわからないだろうが……
 やはり“地獄”だったと思う。
 だからバイショウは、すべきだろうナ。
 ……といつも思っている。〉
~後略

昭和史・・・と名の付くものは、この他は松本清張の「昭和史発掘」くらいしか読んでいません。(水木しげると松本清張ではかなり語り口が違いますけどね。)

そのほか戦記物のコミックや「娘に語るお父さんの戦記」などの文庫も読みましたが、戦争体験者だけあって生々しくも、水木サンのトボケた味わいがあって独特の世界です。

「ホンマにオレはあほやろか。」なども読みましたが88歳の記念出版のタイトルが「屁のような人生。」
(88歳になって、そう言い切れる人は少ないでしょうね。)

戦時中にニューブリテン島で原住民から「島に残れ。」と勧められ、かなり迷ったようですが、帰国後もずっと心残りだったようですね。いくつかのコミックや文章から想像するに、水木さんは死ぬことは全く怖くなかったような気がします。

今頃はニューブリテン島にでも行っているかもしれませんね。


この記事へのコメント:

この記事へコメント:する















ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR