2017 / 11
<< 2017 / 10  - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

京都市長選 2

ウ~ン、京都党の代表は辞任してたのか。
「責任を取り辞任・・」って、なんかトバッチリっぽいですけどね。
加えて1名離党とか・・・キビシイ!




京都新聞   2016年02月03日 22時50分
「第三極」擁立断念の傷深く 京都市長選

 政党が「非共産対共産」に分かれて候補を推す京都市長選(7日投開票)。各党が盛んに活動を繰り広げる中、「第三極」としての独自候補擁立に至らなかった京都維新の会と地域政党京都党は、ともに擁立断念で少なからずダメージを受けており、選挙からも距離を置いている。京都維新は別の選挙に注力して巻き返しを目指す。党代表の辞任や市議離党に見舞われた京都党は立て直しを急ぐ。

■京都維新、他の市長選に注力

 「よろしくお願いします」。京都市長選が選挙期間の折り返しを迎えた1月30日、京都維新の菅谷浩平市議は八幡市内のスーパー前に立ち、党が推す八幡市長選(7日告示、14日投開票)の立候補予定者のビラを配った。連日、京都維新の京都市議や府議が交代で活動する。

 京都維新の会は、おおさか維新の会の京都府総支部でもある。おおさか維新は夏の参院選京都選挙区(改選数2)に候補を擁立する方針で、京都維新の田坂幾太代表は「京都市長選で参院選に向けたアピールもできると考えていたので、擁立できなかった影響はある」とし、「その分、八幡に集中し、地道に支持を広げていく」と話す。

■京都党、再建急ぎ代表戦へ

 京都維新と京都党は、京都市長選で長く続く「非共産対共産」の対決構図を打破しようと、京都党代表だった村山祥栄市議の擁立を目指した。だが村山氏は、後援会の強い反対を理由に立候補を断念、責任を取り党代表を辞任した。

 さらに同党の山集麻衣子京都市議が1月18日までに、村山氏擁立をめぐり党運営に不信感を持ったとして、離党と会派離脱を届け出た。同党市議団は昨年4月の市議選で、市会運営委員会の委員が割り当てられる「交渉会派」の資格を得る5人が当選したが、離脱で市議選前と同じ4人に戻り、資格を失った。

 党への打撃は大きい。8日告示、16日投開票の日程で代表選を行う。金森隆代表代行は「今後は議会活動を通じて、京都党らしさを出していく。党運営で反省すべきところもある。新代表のもと、党を立て直していく」と話す。


この記事へのコメント:

この記事へコメント:する















ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR