2017 / 08
<< 2017 / 07  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

超高齢化社会  遺体ホテル

Yahooニュースを見ていて気になったのが「遺体ホテル」

なんせ高齢化でどんどん人が死んでいくので火葬場が不足しているそうです。

火葬場は迷惑施設でもあるため、建設には反対運動もつきもの。
先日は保育園もうるさいからとのクレームで建設が中止になったそうですが、葬儀場や火葬場となると余計に嫌がられます。




遺体ホテル、献体――加速する「多死社会」の現実
4月12日(火)15時21分配信

「ご葬儀まで、1週間以上お待たせすることになります」
東京都内の斎場職員はそう話す。

いま、葬儀が希望の時間にできないために、何日も待たされる“葬儀難民”が増えている。
都内の葬儀会社アーバンフューネスによれば、昼の時間帯に告別式・火葬を望む場合、斎場が1週間以上先まで埋まっていてすぐに葬式が出せないケースが増えているという。

厚生労働省によると、現在、1年間の死亡者数は約130万人。団塊の世代が80歳代を迎える2030年には160万人に達するとされる。世界に先駆けて超高齢社会に突入した日本は、未体験の“多死社会”へと向かっている。
(Yahoo!ニュース編集部)


この記事へのコメント:

この記事へコメント:する















ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR