2017 / 08
<< 2017 / 07  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

ショック。  ギターが・・・

ギターの持ち運びは重いのでハードケースは使ったことが無く、いつもソフトケース、それも単なる袋と言った方が良いようなペラペラの軽い物を使っていました。

 先日も黒山の打ち合わせの際にギターを持ってバスに乗って練習場所に向かったんですが、降りるときにギターの胴の横の部分がバスの手すり用の金属パイプにかる~く「コンッ」と当たりました。
その際、やけに大きな音がしたので到着してすぐに中を確認したところ、こんなことに・・・・

ギター破損 2016 (1)

ギター破損 2016 (2)
 
 これはヤバイなと思い、翌日が休みだったので四条大宮のきんこう楽器に行って早速リペアの依頼をしましたが、状態を見るなり「これは・・・」と絶句。
リペアマンらしき人も私とあまり目を合わさず首を横に振っていす。

一応メーカーにも修理できるか問い合わせてみるとのことで連絡先を伝えて帰りましたが、後日修理は出来ないこともないが20万近く掛かると言われたようです。

エンドピンの近くまで亀裂が入っているので、治そうとすれば一旦分解して型枠に嵌めて作り直さないといけないようですから、一から作る以上に手間が掛かるんでしょうね。

このギターは人前で演奏するときにメインで使っていたアリアのエレフラA-120-CWEという機種で、けっこう気に入って使っていたんですけど残念です。
適当に接着剤でくっつけても、演奏中にパカッと割れてバラバラになってしまうと困ります。
イベントの予定もあるので、仕方なく同じ機種を買いなおすことにしました。

フラメンコギターのエレアコは需要も少ないので他に沢山は選択肢がありません。
この際他のメーカーの物を買おうかと悩みましたが、実物を試奏して買おうとすれば時間が掛かります。
アリアの同じ機種なら個体差は当然あるとしても、試奏しなくても概ね安心感があります。

当時定価12万だったものを8万数千円で買った記憶があるんですけど、値段を尋ねると値上がりして今は定価15万円とのこと。
ガ~ン!それは高い。
と思っていたら、税込で10万数千円と結構値引きしてくれたので購入することにしましたが、やはり痛い出費です。

これからは運搬には気を付けないと・・・

反省。




この記事へのコメント:

買いなおしするにしても、これまでと同じという保障もないですし、なんとも言えないですよね(--
かといって胴の薄いほとんどエレキと変わらんものはアンプでしか鳴りませんし・・・
この際思い切ってセミハードケースも購入してみては?
思うほど重くもないですよ
ケースなんてネットで買えますしね
この前新しい同じギターが届きました。
全く同じと言う訳にはいきませんが、さすがアリア。
かなり均質なレベルで作製されています。

これから自分向けにチューンしていくつもりですけど、
やはり同じものなので新鮮味は感じられませんね。

壊れたギターはオシャカにすることも考えたんですけど、
これまで気に入って弾いていたものなのでさすがに忍びなく、
どうせならと接着剤でくっつけてみようかと、エポキシでくっつけてみましたが、
なんとか使えないことも無いですね。

この記事へコメント:する















ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR