2017 / 05
<< 2017 / 04  - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

私も少し前から感じていました・・・・

日刊ゲンダイDIGITAL
口撃するほど票が逃げる 安倍首相の“反共”ネガキャン演説
2016年6月14


一部引用

 そもそも安倍自民は、選挙前から共産を異様に“敵視”してきた。「野党共闘」の動きが現実味を帯びてきた3月、安倍政権は「共産党は破防法対象」なんて仰天の政府答弁書を閣議決定。公党をテロ組織扱いするなんて、マトモな政府の対応じゃないが、呼応するように自民も「民共合作」のビラを作製し、共産へのネガキャンを展開してきた。
安倍首相の頭の中には、一昔前の有権者の共産アレルギーの印象が強く残っているのだろう。
それで調子に乗ってネガキャン“口撃”を続けているワケだが、効果は全く期待できない。

「野党で今、最も勢いのあるのが共産です。昨年の統一地方選では、県議がいなかった7県すべてで議席を獲得し、党史上初めて全国都道府県議会に議員が誕生しました。昨年1年間で、共産の地方議員は146議席も増え、議席占有率は8%強と過去最高です。参院選で野党統一候補の動きが加速したのも、共産が早々に独自候補擁立を見送るなどしたため。有権者はちゃんと理解していますよ。若い世代なんて、アレルギーどころかシンパシーを感じている人の方が多いくらいです」(野党クラブ担当記者)

一部引用終了



 安倍さんの反共アジの度合が、あまりにもハイテンションなので逆効果ではないのかと感じていました。
これだけやれば、逆に怖がっていることを宣伝しているようなもんですからね。

共産党 盛況
その影響かどうか知らないけれど、共産党の集会がかなり盛況になってきているようです。
実際、民進党の支持率が落ちていることもありますが、存在感が増しているのは確かでしょうね。

自民党は野中広務さんが復党したとのことですね。
どういう思惑があるのか判りませんが、野中さんも最近では赤旗のインタヴューを受けたり、麻生さんには以前から差別問題で不快感をもっていたり、と現政権にはかなり批判的だったような・・・・

よく判りません。


この記事へのコメント:

この記事へコメント:する















ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR