2017 / 05
<< 2017 / 04  - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

政府が右というものを左というわけには・・・

Yahooニュースを見ていたら最近「大本営発表」というタイトルの本が出版されたそうで、メディアと政府の歴史を振り返り、歴史から何を学ぶべきか、現状と比べてどうなのかといったことが脳裏をよぎりました。

籾井さん、ってまだNHK会長なんでしょうか?




一部引用
「政治とメディアの距離がおかしい」 いま問い直される大本営発表の歴史
BuzzFeed Japan 8月14日(日)6時0分配信


「ほんまのことは新聞には書かれへん」

戦局が悪化する一方だった1942年~43年には、国民から疑問の声があがるようになっていく。

辻田さんは思想犯を取り締まった、特高警察の資料を調べた。
「ほんまのことは新聞には書かれへん」
「本当は負け戦ばかりだ」
「勝った、というのに戦死者がいる。事実かどうかわからない」
という、国民の声が記録されていた。

「大本営発表=正確な情報」という当初の信頼は、すでに崩れかかっていたことがわかる。こうした声が拾われなくなったのは、軍部と癒着したメディア側に大きな問題があった。

戦争末期、「陸海軍」か「海陸軍」で5時間の言い争い
そんな時、軍部は何をしていたのか。

戦争末期になっても軍部では、大本営発表を巡ってこんな争いが起きていた。表記は「陸海軍」なのか「海陸軍」か。つまり、発表時に陸軍の名前を先に出すのか、海軍を先にだすのかでもめていたのだ。

戦局が悪化の一途を辿っているときに、軍内部の派閥争いに時間を費やす。これが日本軍だった。

「軍人といっても、幹部クラスともなれば高級官僚です。官僚独特の言葉をめぐる争いがあるのです。こんなくだらないことで、5時間も争っていたといいます」


そして、また新しい言葉も生み出される。

長崎の原爆被害は「比較的僅少」?

「これも有名ですが、広島そして長崎で使われた原爆は『新型爆弾』と発表されました。原子爆弾とはいわない。
広島は大本営が『相当な被害』、長崎は西部軍管区司令部から『比較的僅少』という表現で発表しました。
東京大空襲は、被害を発表せず、火災発生時刻と鎮火時刻を発表するだけ。
調査中として、その後は発表しないという手法も使われました」



「政治とメディアの距離がおかしい」 いま問い直される大本営発表の歴史

「終戦の詔書」
戦争継続派は最後まで工作を仕掛けた
なぜ、勝っているはずになのに、本土空襲が続くのか。そんな国民の疑問に答えもせず、大本営発表は最後の最後まで政争に使われた。

辻田さんはこんなエピソードを紹介する。

敗戦間際、戦争継続派の報道担当者は大本営発表風の文案を作り、記者室で勝手にレクを始めた。文書を捏造し、マスメディアを使って、戦争を終わらせない工作をした。

記者たちはさすがに、ここではツッコミをいれたようだ。いつも見ているハンコと違うなど、細部に目をつけて、上層部に確認をしたところ、戦争継続のための、勝手な発表であることが判明する。

ウソにウソを重ね、瑣末な文言一つで言い争い、そして内部争いから自壊していく……。これが政治とメディアが一体になった「大本営発表」の末路だった。


この記事へのコメント:

この記事へコメント:する















ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR