2017 / 08
<< 2017 / 07  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

酷い女ですねぇ!

 相模原の障害者抹殺事件を受けての野田聖子議員のインタビューですが、曽野綾子って人は前から感じていたけど相当に酷い人間ですねぇ!
どうにかしているんじゃないでしょうか?

容疑者と同じ考え方の人間をどんどん煽っているじゃあないですか。

山東昭子ならGPS埋め込みですね。




一部引用
特集ワイド
相模原殺傷事件 感じた嫌悪「いつか起きる…」 長男が障害持つ野田聖子衆院議員
毎日新聞2016年8月17日 東京夕刊


 野田氏 
息子は、心臓疾患や脳梗塞(こうそく)などで11回もの手術を小さな体で乗り越え、来年からは小学生になります。その息子の治療について、インターネット上にはこんな声もあります。
ある人は
「野田聖子は国家公務員だ。
今、財政赤字で税金を無駄遣いしてはいけない、と言われている。
公務員であるなら、医療費がかかる息子を見殺しにすべきじゃないか」と。

これを書いた人は、作家の曽野綾子さんの文章に触発されたようです。

 −−確かに曽野さんは著書「人間にとって成熟とは何か」で、野田さんについて、<自分の息子が、こんな高額医療を、国民の負担において受けさせてもらっていることに対する、一抹の申し訳なさ、か、感謝が全くない−−>などと指摘していますが……。

 野田氏 
私、曽野さんを尊敬していたから、読んだ後に頭が真っ白になって。
要は障害があると分かっている子供を産んだ、その医療費は国民が負担する、ならば一生感謝すべきだ、と。
私は何を言われても平気ですが、私が死んだ後、一体息子はどうなるのか、と慄然(りつぜん)としました。


この記事へのコメント:

この記事へコメント:する















ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR