2017 / 05
<< 2017 / 04  - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

退職

 一昨日、勤務先の現場に我社の京都のリーダーKが来て、会社都合にするから退職したらどうだろ?との話がありました。

「どうだろ?」って、ネエ。

 元々、今の勤務現場は9月末で解約となることは最初から判っていたので10月以後はさらに他の現場に異動して来年の3月末頃で退職する計画でいましたが、会社側が半年ほど早く動いてきたわけです。

会社側がそういう方向性であることは推察していましたが予想よりかなり早かったので驚きました。

 というのも9月末で解約になる現場には正社員3名と定年後アルバイトでフルタイム勤務しているスタッフ1名の計4名が在籍していて、少なくとも正社員3名の雇用を確保することを優先に考えていました。

そこで他の現場に勤務している75歳に近い高齢スタッフ数名が9月末で雇用期間満了となるため、その雇用延長を止めて、そこに正社員3名を異動させる計画を立てて、私が現場勤務になる前から高齢者のスタッフには私から10月以後の雇用延長が難しい旨を説明していました。
そして、その計画については私からKにも事前に説明していました。

その後、後任者にも説明をして計画通りに話しを進めてたところ、Kから後任者にストップがかかったとのことです。
Kの案では解約となる現場に勤務している4名全員を会社都合で退職してもらうというものです。
取引先もろともサヨナラというわけです。

 話を聞いた後任者も驚いて
「どうせ高齢で近々辞めてもらわないといけないスタッフがいるのに何故・・・・・」と反論したそうですが
「そんなやり方は好きじゃない。」と言われたとのこと。

さらに「それなら高齢者が辞めた後はどうするんですか?」と尋ねたところ
「新しく採用すればいいじゃないか。」とのことだったそうです。

よっぽど私のことがキライみたいですね。
 
ちょっと巻添え感のある同じ現場勤務のスタッフには申し訳ないんですが、私が考えたことではないのでどうしようもありません。

そこまで嫌われるようなことをした覚えは全くないんですけどねぇ。



ちなみに・・・

・我社の規定では自己都合退職だと退職金が半分カットされること。会社都合だと満額支給。
・退職せず他職種への異動も可とのことでしたが、その場合は給与減額とのこと。
・退職金も失業手当も退職時の給与を基準として算定されること。
・会社都合であれば失業手当が待機期間がほとんどなく約1年間ほど支給されること。
 (自己都合なら待機3ケ月で、支給も3ケ月が基本。)
・技術系の資格取得を考えていたので、仕事しながらよりも失業手当をもらいながらの方が断然勉強時間が取れること。
・長く会社に残っていれば、担当していた職種でこの先発生するであろうトラブルの責任を押し付けられかねないこと。
・来春に自己都合退職すれば、後任者または他職種の責任者に僅かといえども迷惑を掛けること。

などを考えて・・・、

どうせ来春退職するつもりだったので給与は無くなるけれども、退職金や失業手当で金銭的にほとんど変わらないし、時間も取れる上、他のメンバーに迷惑を掛けることなく心置きなく辞められる、と渡りに船と言えなくもないので提案どおりに10月末で退職しようかと考えています。




この記事へのコメント:

初めから退職を計画していたのですから、仕方ないですかね。
でも巻き添え?食って退職させられる人も辛いですね。直ぐに新しい職場が見つかれば良いですか、その間に病気にでもなったら浮かび上がれませんね〜
> 初めから退職を計画していたのですから、仕方ないですかね。


丁度良かったです。

京都のKに限らず我社の上層部はかなり狂ってきていて、またしても利益の出ている部門を切り離して同業者に渡したり、6年ほど前に変えたばかりの社名をまた変えるそうです。
なんか変な占い師にでもハマっているんじゃないかと心配している従業員もいますね。

どんどん規模も縮小しているし業界内で変な評判が立ち始めている感じもあります。

>でも巻き添え?食って退職させられる人も辛いですね。直ぐに新しい職場が見つかれば良いですか、その間に病気にでもなったら浮かび上がれませんね〜。

もしそうなら申し訳ないんですけど、私情と区別のできないKの方がおかしいので気にしないようにしています。
それはメンバーも解ってくれているようです。

幸いこの手の業界は現在人出不足でハローワークで確認したところ条件の良い求人が沢山あります。
採用されるかは別ですけどね。
この記事へコメント:する















ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR