2017 / 06
<< 2017 / 05  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
雑記の記事一覧

父の七回忌

 この土日は父の七回忌で実家に帰って法事を済ませてきました。

 年老いた母親にあまり心配は掛けたくないんですけど、近々(と言っても来春頃までの間に)転職することになりそうだということを説明し、父の墓前にも報告してきました。

年を取っているせいか、あまり動じている様子はありませんでした。


ネットには気を付けましょう。

 こうしてブログなどを書くようになって5年経ちますが、これまでネットでのトラブルはありません。

今後もトラブルに巻き込まれないためにも次の記事は心に留めておきたいものです。



一部引用
ネット炎上で「人生無駄にしない」ために 年300回講演、プロの教え たった一枚の写真で伝える防止法
6月7日(火)7時0分配信

渋谷の交差点で、個人情報さらしますか?

 インターネット上で不謹慎な書き込みや違法行為を見せびらかし、猛烈な非難を受ける「炎上事件」が後を絶ちません。あまたの事件を分析し、学生や企業向けに炎上を起こさない方法を教えているプロがいます。年300回を超える講演をしている、IT大手グリーの小木曽健さん(43)です。
「炎上で人生を無駄にする若者をゼロにしたい」といいます。(withnews編集部、信原一貴)

ネット炎上の怖さ、防ぎ方……説得力抜群のスライド

渋谷の交差点で晒せる?
 今年4月、東京都立工芸高校(文京区)の大教室に、1年生約90人が集まりました。小木曽さんは、ショッキングな言葉から講演を始めます。

 「皆さんの中に今後、ネットで失敗して人生を駄目にする人が一人か二人います。私が話をすることで、この人数をゼロにします。それが、私の仕事です」

 スクリーンに東京・渋谷のスクランブル交差点の写真が映りました。真ん中で少女が、名前や携帯番号を書いたボードを掲げています。

 「みなさんにお願いがあります。ボードに自分の大切な情報を書いて、渋谷の交差点に30分ほど立っていて欲しい」

 子どもたちが「えーっ」と顔をしかめます。

 「そうですね。僕も、そんなことしたくない。でも実はこれ、毎日世界中で大人もやりまくっていることです。インターネットにものを書くということは、この交差点に掲げることと同じなんです」

 「まだこの交差点の方がましなくらいです。通る人は1日たった40万人。しかもボードを下ろすことができる。でも、インターネットは違う。一度あげたら二度と下ろせません。全世界に公開され続けます」

住所を世界中に公開
  ネットで起きるさまざまな問題。小木曽さんは「まず、軽いやつを見てみましょう」と、一枚の写真を映します。クッションや漫画がある女の子の部屋です。

  模様替えをしたので、ブログに載せる。こんな何気ない行為が、個人情報を世界中にさらすことになると小木曽さんは言います。スマホで撮った写真には、設定次第では位置情報が埋め込まれています。画像データを少し調べれば、住所や部屋がわかってしまいます。

 「家なんてバレたってかまわないよという人がいるかもしれませんが、その発言を将来自分を狙うストーカー、家族を狙う犯罪者にも言えますか。これ、大抵は大人がやっているんですよ。例えばキャラ弁の写真、ペットの写真。位置情報が残ったまま、ネット上にのせている人がたくさんいる。だから大人に、皆さんが教えてあげて欲しい」


~中略~

10分後に炎上開始

 では炎上事件は、どのように取り返しのつかない事態へと突き進んでいくのでしょうか。

 小木曽さんは、中学生3人が、同級生を暴行している「いじめ動画」をユーチューブに投稿した炎上事件を例にあげます。

 「少年たちは夜8時すぎに、スマホから動画をあげました。炎上が始まったのは、そのわずか10分後です。動画は2ちゃんねるに転載されました。ジャージのデザインから、通っている中学校が特定されました」

 「在校生名簿がすぐに転載され、動画内での呼び名と名簿との突き合わせが始まります。最初の一人目は50分後に、身元がばれています。残りの二人も、すぐでした」

 さらに父親の会社や電話番号、学校の担任、自宅の外観写真が次々と投稿されました。

 「すぐに家に住めなくなりましたよ。住めなくなったので引っ越します。すると引っ越し先はどこ、とネットで追及が始まります。今も3人分の引っ越し先の住所番地が載っています。終わらないんですよ、炎上って。一度はじまったら燃やし尽くすまで止まらないんです」


一部引用終了

5月2日は忌野忌だったのか。

 誰だか全く知らないんですけど、このG.D.Greenbergさんのツイッターはいつも上手いこと言いますね。


https://twitter.com/G_D_Greenberg
より一部引用

今日、5月2日は「忌野忌」。

忌野清志郎

「『これではいかん。やはり軍隊が必要だ』
と右の人達は随分前から言っている。
もって行かれるぞ。甘い考えで生きてるとあっという間にもって行かれてしまう。
『この国をたて直すためには戦争をするしかない』と考える人間が沢山居るんだ。
奴らはずっとチャンスを狙っている。気を付けろ」

「憲法第9条はまるでジョン・レノンの考え方みたいじゃないか?
 戦争を放棄して世界の平和のためにがんばるって言ってるんだぜ。
戦争はやめよう。平和に生きよう。そしてみんな平等に暮らそう」

「地震の後には戦争がやってくる。
軍隊を持ちたい政治家がTVででかい事を言い始めてる。
国民をバカにして戦争にかり立てる。
自分は安全なところで偉そうにしてるだけ」

「『日本の原発は安全です』 さっぱりわかんねえ、根拠がねえ これが最後のサマータイム・ブルース」

「オーティスが教えてくれた 愛し合うこと 君と歩くこと 笑うこと 涙を拭くこと しゃべること 信じること 抱きしめること 旅に出ること 叫ぶこと 愛し合うこと―――戦争をやめること」(忌野清志郎/オーティスが教えてくれた)


「3・11が起きるずっと前から、
原発は本当に怖くないのかと、忌野清志郎さんらがずっと訴えていた。
でも、私たちはそれに耳を貸そうともしなかった部分もあった。
そして、福島が住民が帰れない状況になってしまった」(大竹しのぶ)




そして懐かしい、COVERS 発禁の新聞広告も載せてくれていました。

RC ラブミーテンダー発禁


COVERS を発禁にして原発推進に明け暮れた東芝が、その後どうなったか・・・

皆さんご存知の通り。



ショック。  ギターが・・・

ギターの持ち運びは重いのでハードケースは使ったことが無く、いつもソフトケース、それも単なる袋と言った方が良いようなペラペラの軽い物を使っていました。

 先日も黒山の打ち合わせの際にギターを持ってバスに乗って練習場所に向かったんですが、降りるときにギターの胴の横の部分がバスの手すり用の金属パイプにかる~く「コンッ」と当たりました。
その際、やけに大きな音がしたので到着してすぐに中を確認したところ、こんなことに・・・・

ギター破損 2016 (1)

ギター破損 2016 (2)
 
 これはヤバイなと思い、翌日が休みだったので四条大宮のきんこう楽器に行って早速リペアの依頼をしましたが、状態を見るなり「これは・・・」と絶句。
リペアマンらしき人も私とあまり目を合わさず首を横に振っていす。

一応メーカーにも修理できるか問い合わせてみるとのことで連絡先を伝えて帰りましたが、後日修理は出来ないこともないが20万近く掛かると言われたようです。

エンドピンの近くまで亀裂が入っているので、治そうとすれば一旦分解して型枠に嵌めて作り直さないといけないようですから、一から作る以上に手間が掛かるんでしょうね。

このギターは人前で演奏するときにメインで使っていたアリアのエレフラA-120-CWEという機種で、けっこう気に入って使っていたんですけど残念です。
適当に接着剤でくっつけても、演奏中にパカッと割れてバラバラになってしまうと困ります。
イベントの予定もあるので、仕方なく同じ機種を買いなおすことにしました。

フラメンコギターのエレアコは需要も少ないので他に沢山は選択肢がありません。
この際他のメーカーの物を買おうかと悩みましたが、実物を試奏して買おうとすれば時間が掛かります。
アリアの同じ機種なら個体差は当然あるとしても、試奏しなくても概ね安心感があります。

当時定価12万だったものを8万数千円で買った記憶があるんですけど、値段を尋ねると値上がりして今は定価15万円とのこと。
ガ~ン!それは高い。
と思っていたら、税込で10万数千円と結構値引きしてくれたので購入することにしましたが、やはり痛い出費です。

これからは運搬には気を付けないと・・・

反省。




釣り中止。3

案内図によると、大野城は標高249mのこじんまりした亀山の頂上に建っているそうで、早速整備された坂道を登ってみました。

スーツ姿でも楽勝です。
越前大野城 (7)

10分も登ると直ぐに天守閣が見えてきました。
越前大野城 (8)

せっかくなので入場料200円を払って天守閣の中に入ってみました。
内部は資料館になっていて撮影禁止でしたが、内容が結構充実していて江戸時代末期には大野藩が藩経営のために蘭学を奨励したり洋式の帆船を所有して蝦夷地の開拓にも乗り出していたとのこと。
越前大野城 (9)

最上階から回廊に出てみると、周囲の街が一望できて気持ちいいですよ。


ソーラー充電器 2

 先日、災害時のために購入したソーラー充電器について、
20Wということで発電量はソコソコあるのでスマホの充電には十分という記事を書きましたが、よく考えたら毎日晴れている訳ではないし、昼間に晴れている日に充電をしている間は電話やメールが使えない、ということでは困ります。

 そこで考えたのは、モバイルバッテリーを購入して晴れている昼間にモバイルバッテリーに充電しておいて、夜にモバイルバッテリーから携帯やスマホに充電する方が便利だということに気が付きました。

いろいろ迷って購入したのがこれ。
モバイルバッテリー (1)
 EasyAccというブランド?の20000mAhのもので、届いた時には充電ランプが4つ全部点灯していて満充電の状態でした。

早速、その日からスマホと携帯への給電を開始しましたが、2つまでは急速充電可能とのことで、通常のコンセントから充電するよりかなり速く充電できます。

 そして7日間毎日充電して充電ランプが1つだけ点灯の25%の状態になった時点で、モバイルバッテリーへのソーラー充電を行いました。
モバイルバッテリー (2)

晴天の日に約7時間ほど屋外の直射日光の当たる場所に置いておいたところ満充電になっていました。
これでまた1週間ほど給電できるわけですが、この間に晴れている日にモバイルバッテリーに充電しておけばよいということになります。


釣り中止。2

事前に観ていた大野城の写真はこんな感じ.
越前大野城 (3)

どんな山の中にあるのか、と思ってカーナビに従って進んで行くと何故か車は山を下りて花で飾った田んぼの中を通っています。

そのうち市街地にお城が見えてきました。
越前大野城 (4)

アレッ、すごい山の中にあるんじゃなかったの?と思って、目の前のお城が見ていた写真とかなり雰囲気が違うので下まで近寄って見ると亀山公園と書いてあります。
越前大野城 (1)

違うのかなぁ?と思いながらも地図を見てみると、やはりここが大野城のようです。
まあ宣伝用の写真と現実は、このように食い違うことが多いものです。


つづく


ソーラー充電器

 熊本の地震で電気が復旧せず携帯電話を使えなくなって困った、というニュースを観て、確かに困るやろな~と思ったので早速アウトドア用のソーラー充電器を購入しました。

suaoki 20Wソーラー充電器というものです。

ソーラー充電器 (1)

ソーラー充電器 (2)
 
amazonで約5000円で購入しましたが、USBでつないで晴天の日に屋外に出しておいたところ、約1時間ほどで70%くらいから100%に充電されていたので十分に実用になるレベルの発電ではないでしょうか。

ちなみに薄曇りの午後3時過ぎだと発電のランプは点灯していましたが、充電はされていないようでした。
おそらく電圧が足りないとか、そういった理由だと思います。
薄曇りの日でもお昼の12時前後なら充電されているようでしたので、天候や時間帯にはかなり左右されるようです。



長浜には桜がまだ少し残っていました。

P_20160409_174015.jpg

P_20160409_145910.jpg

P_20160409_174048.jpg

P_20160409_175548.jpg


マイケル・ムーア「シッコ」を観ました。

 このマイケル・ムーアのドキュメンタリー「シッコ」は2007年に公開とのことなので、もう10年前の作品になりますが、アマゾンを見ていたら1000円以下で売っていたので買ってみました。

シッコ


 いや~、アメリカの医療費がバカ高いということは聞いていましたが、それがどんな社会状況を生み出しているのかということは知りませんでした。

医者が治療をしなければしない程、保険会社が儲かって医者の収入が増える・・・

多くの患者に対して治療をしないと判断した医師が懺悔して、保険会社の社員を「人間のクズ」呼ばわりしているシーンがありましたが、懺悔するだけまだ良心のカケラが残っていたんでしょう。
この医師も治療しないことによるボーナス欲しさに治療を拒み続けたことで、一般人よりも多い収入やステータスを得ていたわけです。

金持ち保険会社からすれば取るに足らない額のボーナスで医者がホイホイ治療を拒んでくれることにより、高額な保険金を支払わなくても済むという仕組み。

そんなバカな、ということが起こっているのに政治は金持ち企業・保険会社が牛耳っていて、国民皆保険制度を作ろうとする政治家が現れると「それは社会主義者の政策だ!」とレッテル貼りをしてTVコマーシャルによって社会主義に対する恐怖を植え付けることで、選挙でさえも金持ち企業によってコントロールされている状況。
選挙には金が掛かる。 

誰も止めることが出来ません。

このあと米国では、オバマ大統領がオバマ・ケアを制定しましたが、成立の過程でスッカリ骨抜きにされたため、現状では何も変わっていないと聞いています。


金のない患者が、文字通り病院から車で運ばれて捨てられている映像は衝撃的です。

あの怯えた目・・・

これが、かつて我々が憧れたアメリカなんでしょうか?




現在、大統領選でトランプ候補が大躍進している背景には、こうした市民の政治家に対する絶望がワシントン全体に対する反感となり、取り返しがつかない程大きくなっているのかもしれませんね。

世相を斬る あいば達也
トランプ旋風とアメリカ社会の歪み 金融経済の置き土産


TPPが批准されれば、この保険会社たちが日本の皆保険制度を壊しにかかるのは自明のことです。

その後に待ち受けているのは、この「シッコ」のような世界でしょう。

IWJの山田正彦・元農水大臣インタビュー(ダイジェスト動画)によれば、TPPにより卵かけごはんも食べれなくなるとのこと。





水木しげる  泉鏡花伝

 昨年末に水木シゲルさんが亡くなって、久しぶりに戦記物の「白い旗」を買って読んでみましたが、その際に意外と沢山の古典文学のマンガ化を出版されていたことを初めて知りました。

水木しげる   泉鏡花

今日、何気なく本屋に立ち寄ったら水木しげるフェアをやっていて、この「泉鏡花伝」が置いてあったので少し立読みしたところ結構面白そうなので気になっています。

泉鏡花とか高野聖など聞いたことはあったけど、これまで触れる機会が全くありませんでしたが、ネットで見てみるとどうやら立読みした部分は高野聖の一場面のようでした。その部分だけでもゾクゾクっとするようなエロかつ怖い感じが印象的で泉鏡花にも興味が出てきました。なんとなく江戸川乱歩の「人間椅子」に通じる雰囲気です。

とりあえず水木サンのマンガでも買ってみようかな。



預金封鎖 ニュースウオッチ9



携帯電話

この土日は長浜に行ってきましたが、土曜の朝の自宅を出て地下鉄に乗る前にガラケーを忘れたことに気が付きました。

でも、長浜ではお昼に食事の予約なんかもしていたり、取りに帰るのも面倒だったしスマホ(通話機能なし)は持っていたので、そのまま長浜まで行きました。

ガラケーは会社支給の物で、仕事関連の連絡は全てこれで行っています。

仕事柄もあるため食事をすませた頃から緊急の連絡が無いか心配になって、だんだん気になってきて落ち着かないので「しゃあない!」と京都まで取に帰ることにしました。

往復約4時間と運賃2640円が無駄になりますが、日曜の晩までに緊急の連絡が入った場合のことを考えるとやむを得ません。

急いで電車に飛び乗り自宅に戻ってガラケーだけつかんでトンボ返り。
再び長浜に着いたら、やはり4時間ほど掛かっていました。

でも。これで安心。

日曜日の晩まで長浜でゆっくり過ごして先ほど自宅に戻りましたが、その間いつもなら休みになると決まったようにロクでもない連絡が入ってくるにも関わらず、今回は必死で取に帰ったというのに何の連絡もナシ。
まあ、その方がいいんですけどね。

今回のことで僕の場合はスマホよりガラケーの方が格段に重要度が高いことがよく判りましたが、仕事上仕方ないとはいえ、こういうものに縛られているんだなあと実感した次第。

たまには解放されたいです。


パスタケ

 千本寺之内の南東角に出来た和風イタリアンのお店、パスタケに行ってきました。
本格イタリアンのシェフが、ご近所のお年寄りにも・・・・ということかどうか判りませんが少し和風にアレンジして出しておられます。
お任せで次々に出てきたお料理の写真をご紹介しておきます。

寺之内側に入口があって2階がお店になっています。
パスタケ (1)

入口を入るとすぐ階段を上がります。
パスタケ (15)

店内はこじんまりとしているものの、なかなか良い雰囲気。
これは窓際の席です。
パスタケ (12)

先ず出てきたのが、なんとお漬物。
あまり酸っぱくなく上品な漬物で結構いけます。
パスタケ (2)

そして鯛のカルパッチョ。
あっさりとした鯛とオリーブオイルがよく合います。
パスタケ (3)

玉ネギのリングフライ。玉ネギが凄く甘くて美味しいです。
2種類のソースでいただきます。
パスタケ (5)

ローストビーフはあくまでも柔らかいですね。
パスタケ (4)

中にマヨネーズと香草の入ったオムレツ。卵がとろけます。
パスタケ (6)

牛のホホ肉のシチューとマッシュポテト。濃厚です。
パスタケ (8)

鯛の香草焼き。とても香ばしくて箸がすすみます。
パスタケ (7)

カプレーゼ。クリーミーでかつあっさりとした逸品です。
パスタケ (9)

豚肉のロースト?
これは延着の人が頼んだものなので食べていませんが、とっても美味そうで食べたかったです。
パスタケ (10)

エビのロースト?
この辺りから酔ってきたので、名前を憶えていませんがエビの味が濃縮されたようにハッキリと味わえます。
パスタケ (11)

お年寄りにも好評という、ふんわり明太とろろオムライス。
たしかにフンワリで歯が無くても歯茎だけで大丈夫そうです。
パスタケ (13)

え~っと、おろし梅オムライスです。
大根おろしと梅の爽やかな酸味で、2皿目のオムライスでもお腹に入ります。
パスタケ (14)

確かに人数も多かったけど、どんだけ食べてんね、というくらい沢山頂いてお腹いっぱいです。
久しぶりに苦しいくらい食べました。

あっ、しまった。
肝心のパスタ。カルボナーラを撮るの忘れてた!



「バス」タオル

 仕事でもよく京都市バスに乗るんですけど、バスの行先の表示板デザインのタオルが発売されたと知って早速購入してみました。

DSCN4885.jpg

4種類ありましたが、馴染み深い「206」にしました。
なんでも実物大だそうです。
お値段は1500円ですが、ハッキリ言って質はそれほどよくありません。
ちょっとペラペラな生地ですが、一応使えます。

京都みやげにおひとつどうどす?


長浜の初秋

 ここのところ快晴が続いていて、長浜も気持ちの良い天候でした。

FSCN4602.jpg

FSCN4601.jpg DSCN4024.jpg

DSCN4051.jpg

DSCN4048.jpg

DSCN4572.jpg DSCN4589.jpg

DSCN4593.jpg DSCN4588.jpg

DSCN4597.jpg


もう秋

 今日は会社の親睦会でオジサン達と一緒に左京区の大森キャンプ場に行ってきました。
土日は人でいっぱいのキャンプ場も平日でシーズンオフということもあり来場者は私たちだけで貸切状態。
少し肌寒いくらいでしたが日も差してきて快適です。
山の中の静かなキャンプ場で昼間からビールを飲んで、のんびり会社の話をしてきました。

DSCN4106.jpg

DSCN4104.jpg

DSCN4114.jpg

DSCN4125.jpg

DSCN4129.jpg

DSCN4132.jpg

DSCN4130.jpg

DSCN4137.jpg

DSCN4118.jpg

名刺更新の計画

 2011年にこのブログを始めるきっかけになった遊び名刺ですが、最近ではネットで気軽に作成できるようですね。 

 あれから4年半が経ち少し人相も変わってきたので、ここらで更新しようかとVistaprintという会社のホームページで仮のデザインを作ってみました。


preview.jpg

 これはブルース映画の広告写真を、2004年に当時はまっていた水彩画で模写したものですが、これをスマホで写真に撮ってjpgにして加工したものを使用した裏面のプレヴューです。
まるで実際に出来上がった物みたいにリアルに出来栄えが実感できますね~。

表には用意されているテンプレートを選んで最近の顔写真を貼って作ろうかな~、なんて考えています。



共産党も変わってきたのか?

 安保法案の強行採決を受けて、確か翌20日に発表されたのかな?
これまでかたくなだった共産党の選挙協力を含む連合政府大同団結の呼びかけはかなりのインパクトがあったようですね。
 
 自民党の政権運営を原因として公明党が支持率を減らすなか順調に支持者を増やしている共産党ですが、ここにきてついに本気になったのかなりふり構わず政権を取りにきた感じです。

以下、転載
志位「協力の見返りは戦争法廃止だけでよい。入閣などの条件は付けない」すげー:インドア派キャンパー氏」 
 憲法・軍備・安全保障

志位さん、記者会見やってる。
ついに選挙協力やるぞ!

志位和夫委員長の記者会見
「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現をよびかけます


志位「政党によって方針の違いはもちろんある。それらの差異は、自公政権を倒し、この戦争法を取り消しするまで、いったんは横において戦いをすすめる」

志位「オール沖縄で実現できたことを国政にも」志位「戦争法を潰すために国民連合政府を作り上げていきたい」

これ、すごいニュースだと思う。

志位「閣議決定まで撤回させるには政権奪還が必要」

「選挙協力については相手もあることだから今の段階で具体的なことは言えないが、合意があれば色々な形で進める」

志位「選挙協力の合意が形成されれば、共産党独自候補擁立には拘らない」

志位「こういう事は党の歴史として初めてのこと」

志位「協力の見返りは戦争法廃止だけでよい。入閣などの条件は付けない」 すげー。

志位さんの、おれらアザラシになる、宣言だよ、これ。

志位「見返りなんかいらん。自公を潰すためなら」 だぜ?

閣議決定撤回まで視野なら安倍の70年談話も撤回できる。

ザマー。

笑 ウチの東京24区で言えば、民+共が連合出来れば確実に萩生田光一潰せる。

こんなに嬉しいことはない。

志位「私たちは誠実に他政党にこの方針をお伝えしていきたい。きっと実現できる」

「私たちのこの方針は国民の皆さんの声が導いたものだ」

「応援してください」

さぁ、自公の議員ども。

国民の7割がおまえらの敵になるぞ。

震えて待て。

>にや(スイミー) ‏志位さん記者会見最初、情勢報告みたいなところは厳しくおごそかな論調で始めたけど、質疑応答にすっごく「余裕」が感じられる。国民の運動に支えられてるからこその自信のあらわれ。

>なめとったらあかんど。そういうことやと思います。

>志位委員長、よくぞ言ってくれた。全力で応援させてもらいます。

>和夫「私たちがこういう決定をしたのは、運動の力」

>有田芳生 違憲の安保法制との国会内闘争で思ったことのひとつ。民主党は福山哲郎、蓮舫両議員の世代に移行していったほうがいい。福山さんの安保特、本会議の演説には感動した。理論的理解が感情と一体化しているからだ。だから言葉が生きている。しかも高貴な激情がある。それらすべてが血肉化しているのだ。

>次はコレ。

>こたつぬこいまの志位和夫の会見聞いて、自民党と公明党の幹部は頭抱えてますよ。かれらが一番恐れていたことですから。

>腕の一本や二本くれてやるから確実に息の根を止める、みたいな。共産党の本気、怖ええ。

>お…志位委員長、「来夏の参院選よりも前に衆院選に追い込む」と意気込み。「戦争法の廃止は早いほうがいいだろう。すみやかな解散総選挙を要求する立場で闘っていく」。会見終了。

>ウチの愛知7区だと鈴木淳司なんて楽勝で沈められます。

>これほど、具体的な可能性を感じさせる「〈暫定〉政権構想」ははじめての経験。まずは民主党が「大英断」を下すことに期待したい。

>Honami てか!!次の選挙まじで楽しみ!!!選挙権あってよかった!!!めちゃくちゃ嬉しい!!まじで一番最初の人生初の選挙が国民連合政府って!!やべーな!!テンションあがるわ!!!!

>千太郎 これな!(笑)

志位さん、国会前で声を上げていた創価学会の人たちも「連帯する個人」としていた。

これ、公明党は真っ青になる発言だよね。

仏罰始まった!

>あおざかな ‏ああ、この共産党の呼びかけは熱い。具体的になとこは詰めが必要だろうけどこれを打ち出したのは共産党の情勢感が生き生きしてるからだと思う。 「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現をよびかけます http://t.co/gijnIwk3UW #日本共産党

>丹野 成子 ‏ワクワクしてきた。強行採決で言うこと聞かへん安倍政権に苛立っていた皆さん、言うこと聞かせる政府を作ろう。そう呼びかける政党がいるよ。実現するのは私ら次第やで。

政党スイミー

>gigimaki ‏すごい時代だ。ワクワクしかないじゃん。

>掘削機 ‏共産の決断と覚悟、渋すぎる。

>BUZZZZ おう!日曜版でも赤旗でも持ってこい!取ったる!

>反響

>ひまわり(^o^) ‏自由民主党という名前の政党が議会制民主主義を怖し 共産党という名前の政党が壊された民主主義を取り戻そうとする国、日本。

>KaSuehiro そのためにも、大きな声では言えないけど前原、松原、野田、長島らを切って欲しいですね。

>こたつぬこ(スイミー) ‏大きな声に
--------------

「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現をよびかけます

2015年9月19日 日本共産党中央委員会幹部会委員長 志位和夫

 安倍自公政権は、19日、安保法制――戦争法の採決を強行しました。

私たちは、空前の規模で広がった国民の運動と、6割を超す「今国会での成立に反対」という国民の世論に背いて、憲法違反の戦争法を強行した安倍自公政権に対して、満身の怒りを込めて抗議します。

同時に、たたかいを通じて希望も見えてきました。戦争法案の廃案を求めて、国民一人ひとりが、主権者として自覚的・自発的に声をあげ、立ち上がるという、戦後かつてない新しい国民運動が広がっていること、そのなかでとりわけ若者たちが素晴らしい役割を発揮していることは、日本の未来にとっての大きな希望です。

国民の声、国民の運動にこたえて、野党が結束して、法案成立阻止のためにたたかったことも、大きな意義をもつものと考えます。

このたたかいは、政府・与党の強行採決によって止まるものでは決してありません。政権党のこの横暴は、平和と民主主義を希求する国民のたたかいの新たな発展を促さざるをえないでしょう。

私たちは、国民のみなさんにつぎの呼びかけをおこないます。


1、戦争法(安保法制)廃止、安倍政権打倒のたたかいをさらに発展させよう



戦争法(安保法制)は、政府・与党の「数の暴力」で成立させられたからといって、それを許したままにしておくことは絶対にできないものです。

何よりも、戦争法は、日本国憲法に真っ向から背く違憲立法です。戦争法に盛り込まれた「戦闘地域」での兵站、戦乱が続く地域での治安活動、米軍防護の武器使用、そして集団的自衛権行使――そのどれもが、憲法9条を蹂躙して、自衛隊の海外での武力行使に道を開くものとなっています。日本の平和と国民の命を危険にさらすこのような法律を、一刻たりとも放置するわけにはいきません。

戦争法に対して、圧倒的多数の憲法学者、歴代の内閣法制局長官、元最高裁判所長官を含むかつてない広範な人々から憲法違反という批判が集中しています。このような重大な違憲立法の存続を許すならば、立憲主義、民主主義、法の支配というわが国の存立の土台が根底から覆されることになりかねません。

安倍首相は、〝国会多数での議決が民主主義だ〟と繰り返していますが、昨年の総選挙で17%の有権者の支持で議席の多数を得たことを理由に、6割を超える国民の多数意思を踏みにじり、違憲立法を強行することは、国民主権という日本国憲法が立脚する民主主義の根幹を破壊するものです。

私たちは、心から呼びかけます。憲法違反の戦争法を廃止し、日本の政治に立憲主義と民主主義をとりもどす、新たなたたかいをおこそうではありませんか。安倍政権打倒のたたかいをさらに発展させようではありませんか。


2、戦争法廃止で一致する政党・団体・個人が共同して国民連合政府をつくろう



憲法違反の戦争法を廃止するためには、衆議院と参議院の選挙で、廃止に賛成する政治勢力が多数を占め、国会で廃止の議決を行うことが不可欠です。同時に、昨年7月1日の安倍政権による集団的自衛権行使容認の「閣議決定」を撤回することが必要です。この2つの仕事を確実にやりとげるためには、安倍自公政権を退陣に追い込み、これらの課題を実行する政府をつくることがどうしても必要です。

私たちは、心から呼びかけます。〝戦争法廃止、立憲主義を取り戻す〟――この一点で一致するすべての政党・団体・個人が共同して、「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」を樹立しようではありませんか。この旗印を高く掲げて、安倍政権を追い詰め、すみやかな衆議院の解散・総選挙を勝ち取ろうではありませんか。

この連合政府の任務は、集団的自衛権行使容認の「閣議決定」を撤回し、戦争法を廃止し、日本の政治に立憲主義と民主主義をとりもどすことにあります。

この連合政府は、〝戦争法廃止、立憲主義を取り戻す〟という一点での合意を基礎にした政府であり、その性格は暫定的なものとなります。私たちは、戦争法廃止という任務を実現した時点で、その先の日本の進路については、解散・総選挙をおこない、国民の審判をふまえて選択すべきだと考えます。

野党間には、日米安保条約への態度をはじめ、国政の諸問題での政策的な違いが存在します。そうした違いがあっても、それは互いに留保・凍結して、憲法違反の戦争法を廃止し、立憲主義の秩序を回復するという緊急・重大な任務で大同団結しようというのが、私たちの提案です。この緊急・重大な任務での大同団結がはかられるならば、当面するその他の国政上の問題についても、相違点は横に置き、一致点で合意形成をはかるという原則にたった対応が可能になると考えます。

この連合政府の任務は限られたものですが、この政府のもとで、日本国憲法の精神にそくした新しい政治への一歩が踏み出されるならば、それは、主権者である国民が、文字通り国民自身の力で、国政を動かすという一大壮挙となり、日本の政治の新しい局面を開くことになることは疑いありません。


3、「戦争法廃止の国民連合政府」で一致する野党が、国政選挙で選挙協力を行おう



来るべき国政選挙――衆議院選挙と参議院選挙で、戦争法廃止を掲げる勢力が多数を占め、連合政府を実現するためには、野党間の選挙協力が不可欠です。

私たちは、これまで、国政選挙で野党間の選挙協力を行うためには、選挙協力の意思とともに、国政上の基本問題での一致が必要となるという態度をとってきました。同時に、昨年の総選挙の沖縄1~4区の小選挙区選挙で行った、「米軍新基地建設反対」を掲げての選挙協力のように、〝国民的な大義〟が明瞭な場合には、政策的違いがあってもそれを横に置いて、柔軟に対応するということを実行してきました。

いま私たちが直面している、戦争法を廃止し、日本の政治に立憲主義と民主主義をとりもどすという課題は、文字通りの〝国民的な大義〟をもった課題です。

日本共産党は、「戦争法廃止の国民連合政府」をつくるという〝国民的な大義〟で一致するすべての野党が、来るべき国政選挙で選挙協力を行うことを心から呼びかけるとともに、その実現のために誠実に力をつくす決意です。

この間の戦争法案に反対する新しい国民運動の歴史的高揚は、戦後70年を経て、日本国憲法の理念、民主主義の理念が、日本国民の中に深く定着し、豊かに成熟しつつあることを示しています。国民一人一人が、主権者としての力を行使して、希望ある日本の未来を開こうではありませんか。

すべての政党・団体・個人が、思想・信条の違い、政治的立場の違いを乗り越えて力をあわせ、安倍自公政権を退場させ、立憲主義・民主主義・平和主義を貫く新しい政治をつくろうではありませんか。

コーヒービート

 スーパーをうろついている時に、明治のコーヒービートを見かけて「まだ売ってたんや!」「懐かしい~!」と思わず買ってしまいました。
P_20150909_084025_MT.jpg

 小学生の頃コーヒービートが好きで、これを持って吉備津神社に行ったのを思い出します。
今、食べてもなかなか美味しいですね。


ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR