2018 / 02
<< 2018 / 01  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - - 2018 / 03 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
時事の記事一覧

全く「無償」ではありません。

学費“無償化詐欺”の本末転倒/政界地獄耳
日刊スポーツ 2017年11月6日10時5分 紙面から


一部引用

 ★先の衆院選挙では与党を軸に野党も巻き込んだ政策論争になった教育無償化。

2日、NHKニュースは
「自民党の教育再生実行本部は、大学などに在学中は授業料を支払わず、卒業後に一定の年収を超えた場合、所得に応じて国に納付する新たな制度の導入に向けた検討案をまとめました」
と報じた。

これでは今までと変わらず無償化とは言い難い。

 ★子供を持つ世代や学生たちからも懐疑的な声が上がるが、ネットでは「『無償』とは代償を支払わないことであり、その時支払わなくても後になって支払わなくてはならない以上『無償』ではありません。

例えば・・・・・




別にネットの見解じゃなくても「無償」じゃないですよ、これは。
誰がどう考えても「無償」ではないです。

何なんでしょうか?


また思い切ったことを・・・

広瀬隆さんが「東京に原発を」と言ったのはもう40年以上前になるかな?

しかし、田中俊一さんも在任中にこんなこと言ってたんですねぇ。




産経デジタル
北ミサイル「東京の真ん中に落とした方がよい」と原子力規制委・田中委員長
2017.7.6 20:31




原子力規制委員会の田中俊一委員長は6日、北朝鮮のミサイル開発に絡み、

「小さな原発にミサイルを落とす精度があるかは分からない。私なら東京の真ん中に落とした方がよいと思う」

と発言した。


また利用されるのかな?

いろいろ難しいそうですね。




リテラ >
横田早紀江さんがトランプ大統領に「戦争しないで」と伝えたい意思を明らかにするも、安倍応援団が発言封じ込め
2017.11.05



一部抜粋

「トランプ大統領と行った首脳会談で私は、『大統領、ぜひ11月に日本を訪問した際には、めぐみさんのご両親、拉致被害者のご家族に会う時間をとってください。会ってください』。こうお願いをしましたらその場で、『分かった、シンゾー。その皆さんと会うよ。ほんとにひどい話だ。日本の拉致被害者救出をするために、全力尽くしていく』と約束をしてくれました」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 その早紀江さんがトランプとの面会を前に10月17日行った会見でこう訴えたのだ。
「戦争などやらないように。平和にやるように期待している」(「サンデー毎日」11月12日号より)

もし本当に戦争になどなれば、拉致被害者が犠牲になる可能性は高いし、人質として盾のような扱いを受ける可能性もある。早紀江さんの発言は、拉致被害者家族としてはごく当たり前の心情だろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 にもかかわらず、一方では拉致被害者家族の当然の思いをトランプに伝えさせないよう、圧力をかけているのだ。


アベちゃんラインスタンプ

自民党から無料で配布されているそうです。


l_sh_jimin_04.jpg


ヨシッ、これで支持率アップだ!

「つまびらかには存じませんが」
「アナタ、そうおっしゃいますけれどね」
「総理の私が言うんですから」
「まさにそういったことを申し上げている訳でございます」

なんかも欲しいところですね。


税金は払ってください。

森友疑惑で土地の売却による損失が6億円程度との会計検査院の見解が発表されたのが選挙直後ということで、その時期についても疑義がもたれているようですが、それとは別に書類が無かったとの言い訳がどのくらい通用するのかも要観察ですね。

読んでみると国税の労働組合からも悲鳴が上がっているようです。

BLOGOS
国家公務員一般労働組合2017年10月30日 11:56
〈佐川宣寿国税庁長官〉苦情殺到の矢面に立たされている国税庁職員にも謝る姿勢なし

共同通信の報道です。


~一部引用~

 さて、この森友問題で、責任が改めて厳しく問われる財務省の人間の中でも、最も責任が問われているのが、佐川宣寿前財務省理財局長(現国税庁長官)です。

 「もう税金払わない」
 「税務調査されても知らぬ存ぜぬを貫けばいいということを、佐川さんが国会で身をもって教えてくれた」
 「税務署員に記録の不備を指摘されたら、うちのもあなたのとこの財務省と同じで短期間で自動的に消去されて復元できないシステムだからと許されると、あなたのトップの佐川さんが見本を示してくれてるでしょ」
 「国税庁長官が書類はどんどん捨てられるって言ってるのに、どうして私たち納税者だけ書類を保存しておかないといけないの?」
 「来年2~3月の確定申告で、私たち個人事業主は『書類は廃棄済みで、復元できません』と言えばいいんでしょ」
 「納税者には書類を出せと偉そうに言うのに、財務省、国税庁は書類出さなくて許されるどころか、佐川さんのようにいちばん偉くなるなら、納税者も種類を最後まで出さない人がいちばん偉いってことでしょ」

 などなど、いま税務署には佐川氏をめぐる苦情が殺到しています。


引用終了

こんなホットラインまであるとは・・・・
       ↓

佐川国税庁長官


これは本当なんでしょうか?

全くのガセネタかもしれませんが、こんな情報もあるようです。

11月中旬といえばもう直ぐですね。
真偽のほどはいかに・・・




本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」

加計学園「獣医学新設贈収賄事件」の証拠は、国家戦略特別区域諮問会議の有力な有識者議員が、捜査当局に提出した
2017年10月27日 02時16分16秒 | 政治


◆〔特別情報1〕 

 東京地検特捜部(森本宏特捜部長=9月11日付で就任)は、

今治市内の国家戦略特区に建設中の岡山理科大学獣医学部新設をめぐる「贈収賄事件」で

安倍晋三首相、萩生田光一自民党幹事長代行(千葉科学大学名誉客員教授、前内閣官房副長官兼内閣人事局長、元文部科学大臣政務官)を「収賄容疑」、

安倍晋三首相の40年来の親友である学校法人「加計学園」の加計孝太郎理事長を「贈賄容疑」

で内偵中のところ、11月中旬には、強制捜査に踏み切る方針を決めた。

これは、確たる証拠を手に入れているからだ。

犯罪を裏付ける証拠「関係資料」は、国家戦略特別区域諮問会議(議長:安倍晋三首相)の有力な有識者議員(一身上の都合で安倍晋三首相に辞表を提出しているけれど、正式に受理されていないという)が、幇助罪容疑を免れるために東京地検に提出していたので、もはや逃れる術はない。


いつの間に、こんな世の中になったのか・・・

警察に囲まれる安倍と国民に囲まれる枝野!!


安倍シンゾウ最後の街宣 秋葉原で異論の野次馬が入らないように排除する警官隊
第48回衆院選 最後の街宣 (2)

ガードの内側は、日の丸で応援する人達ばかり
安倍首相最後の街宣
頑張れ安倍総理、まけるな安倍総理の垂れ幕が見えます。
これ、森友学園とおなじ状態ですね。

応援ばかりで野次が無く、ご満悦の安倍首相
第48回衆院選 最後の街宣 (1)




枝野幸男の最後の街宣は警備もほとんど無く、
多くの一般国民が集まっていたようですね。

第48回衆院選 枝野最後の街宣
新宿南口での最後の街宣で国民に囲まれる枝野幸男


ソースはこちら

くろねこの短語
昨日の秋葉原はまるで戒厳令の夜!? 
警察に囲まれる安倍と国民に囲まれる枝野!!


田中龍作ジャーナル
戒厳令下のアキバ 「安倍辞めろ」を完全封殺
 


こちらもなんだか・・・

他党攻撃も度が過ぎると・・・

今回の選挙、前原クーデターから、いや冒頭解散から始まって排除したり欲得で右往左往したりと、議員達の人間性をこれでもかと見せ付けられ毒気に当てられて身体に堪えます。




公明党の山口代表、神戸で演説の時「鉄人28号」の替え歌。

神戸出身の故 横山光輝氏の作品で、阪神・淡路大震災の復興を願って新長田駅、若松公園内にモニュメントが立ってる。

みんなのヒーローである。
こんな使い方は悪気は無くても気分が悪い。


どうにかしてるぜ!

300議席確実とかで、もう大丈夫!ってことなんでしょう。




自民・丸山氏
「相手候補に投票する人は脳がおかしい」

10/20(金) 11:06配信 河北新報


 自民党の丸山和也参院議員は19日夜、岩手県一関市であった衆院選立候補者の個人演説会で「相手候補に投票する人は脳がおかしい」などと発言した。

 応援弁士として演壇に立った丸山氏は相手候補に投票する有権者を「認知症と言ったら怒られるけど、判断力、脳がおかしいとしか言えない」と批判した。演説会後「言い過ぎたかもしれない」と釈明した。

 演説会には約250人の支持者が集まった。



第48回衆院選

昨日、期日前投票に行ってきました。

次から次へ投票に訪れる人たちで役所が大盛況。

今回、盛り上がっているようですね



なんか間違ってるよ。2

この方も予想では当選とのこと。


稲田朋美




党内でのポジションさえ固めれば、どんなに国益を損ねても国会議員であり続けられるということになりますね~。

やはり小選挙区比例代表制は早く変えないと、とんでもないことになりますよこれ。




なんか間違ってるよ。

こういう人物が南関東ブロックで維新の比例1位で国会議員になるのかと思うと選挙制度がおかしいとしか思えませんね。

長谷川豊


「デマに決っている。犯罪として被害届を出す」〜スピード違反で話題の日本維新・長谷川豊候補にIWJが直撃!

衆院選、盛り上がっているみたい。

前原さんが民進党の仲間を裏切って出来たのが立憲民主。
安倍さんはステルス作戦とかで、人のあまり居ないところを狙って演説しているそうですが、立憲民主は新宿で大勢の前でも演説しているようです。


聴衆の盛り上がりもスゴイです。


希望の党から出馬となった松原仁さんの応援に駆けつけた前原さんと小池さん。


この映像では聴衆の様子が判りにくいですね。どうだったんでしょうか。


しかし、小林よしのりさんが立憲民主の応援演説をするとは・・・・

リベラルを排除する希望の党を極右政党だと批判していますが、ご本人が極右だと批判されていたことから考えると、やはり極右村の中に入ってみて相当嫌気が差したんでしょうね。



極右だったよしりんが批判するほど、世の中がもっと右に振れている時代なんでしょうか。


裁判官を国民が選べるのか!

最高裁裁判官国民審査も忘れないでね。


http://muranoserena.blog

今話題の希望の党☆です。

お早めにどうぞ。



前原さんと枝野さん






福山哲郎さんも大変苦しい決断だったと思います。


前原誠司さん

怨まれますね。




えっ、非難決議しないの?

いや~ビックリ。
あんだけ北朝鮮が・・・ミサイルが・・・世界中が協力して・・・
な~んて言ってたのに?

衆院
北朝鮮非難決議見送りへ 与党が不信任案提出を警戒
毎日新聞2017年9月22日 21時12分(最終更新 9月23日 02時49分)


と驚いているのは日本人だけなのかも・・・

そういえば先日の国連での安倍さんの演説・・・ガラガラだったらしいし。
7030.jpg

Screenshot_20170923-212929.jpg

Screenshot_20170923-212914.jpg



誰からも相手にされていない感じがビシバシ伝わってきます。

他国に制裁を呼びかけておいて自国は非難決議すらしない、
という驚くべき行動。
でも、他国の人たちには安倍さんがそんな人だということが解っていたんですね。


久しぶりに安斎先生

ビデオニュース・ドットコムを観ていたら久しぶりに安斎先生をお見かけしたのでプレビューですが貼っておきます。

マル激トークオンデマンド・プラス
安斎郁郎氏



使命感に燃えておられるのか、以前にも増してお元気そうで何よりです。




Jアラ-トが鳴った後・・・・頭の上から爆弾が降ってきて初めて戦争を実感

昨今のミサイル騒ぎで思い出したのがこの言葉。

そうなるまで気付かないのが日本人ってことでしょうか?


敗戦でも懲りない日本人 [日本ジャーナリスト協会]
http://www.asyura2.com/0403/war55/msg/287.html
投稿者 なるほど 日時 2004 年 5 月 17 日 13:30:56:dfhdU2/i2Qkk2


~転載
●敗戦でも懲りない日本人
 戦前戦中のリベラルなジャーナリスト清沢洌(きよし)が「暗黒日記(1942-1945)」(岩波文庫)で述べている。

 「1945年元日。昨夜から今暁にかけ3回空襲(東京)、焼夷弾が投下された。配給の餅を食べれば新年らしい気分になる。…日本国民は今、初めて戦争を経験している。戦争は文化の母だとか100年戦争だとか言って戦争を賛美してきたのは長いことだった。僕が迫害されたのは反戦主義だからということだった。戦争は遊山に行くようなものなのか。戦争を彼らは今味わっている…」

 つまり頭の上から爆弾が降ってきて初めて戦争を実感したといい、続いて記している。

 「だが、それでも彼らが本当に戦争に懲りるかどうかは疑問だ。結果は反対だと思う。第一に彼らは戦争は不可避だと考えている。第二に彼らは戦争の英雄的であることに酔う。第三に彼らには国際的知識がない。(この3つの理由から日本人は戦争に懲りないのではないか。)当分は戦争を嫌う気持ちが起きようから、その間に正しい教育をすることが大切だ。婦人の地位を上げることも重要だ…」

 戦後日本の戦争意識は「被害者意識」だった。
もう二度と戦争はしたくないというアレルギー、これは重要なことだ。
戦争反対の基盤は「殺し殺されるのは嫌だ」という気持ち、これが必要だから。
そこで「正しい教育」はされただろうか。私たち自身が戦争の実態を本当に知って、伝えているのだろうか。

●独りよがりの日本
 清沢は言う。「日本最大の不幸は、国際問題について日本に自分の立場しかないことだ」。
この日本のユニラテラリズムは、戦後も小泉政権に至るまで続いている。アジア諸国に対してはユニラテラリズムでずっときている。
 清沢によって日本人は「懲りるかどうか疑問だ」と予見された。
彼は終戦前に亡くなった。日記には「戦後は戦争の廃絶に向けて努力したい」とも記していた。

清沢は最も暗黒の時代に「戦争をなくしたい」と考えていた。これを記憶にとどめたいと思う。

(文責=広島支部・太田武男

http://www.jcj.gr.jp/branch.html



ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR