2017 / 04
<< 2017 / 03  - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 >>
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

アフタービート 2016.12.25リポート

 久しぶりにアフタービートに出演させて頂きましたが、いや~今回はクリスマスに6組ということでクリボッチの音楽バカの集いのような雰囲気でしたね~。

いや、いい意味で。

アフタービート1225出演者
それぞれジャンル的にも多種多様で、お客さんを飽きさせないようにというお店側の気遣いを感じましたね。
しかも黒山は最年長ということからか出番が最後ということで、ほとんどのステージをゆっくり見ることが出来ました。

トップはなんとクラッシクギターのソロ、るっちーさんです。
るっちー
ソロギターの調べっていう感じで、僕たちの世代には懐かしいですね。
緊張していると言っていましたが、この堂々とした態度からはとてもそうは思えません。
落ち着いた演奏で初めからゆったりした気持ちになりました。


2番手は彩ちゃん。ピアノの弾き語りです。
彩
いや~、まるでアイドルみたいですね~。コスプレも程よくいい感じ。
もう何やっても許せちゃう~って感じです。
声のほうも見たままのアイドル声でカワイイですよ。


3番手はiroiroxxx。
iroiro ××× (1)

iroiro ××× (3) iroiro ××× (2) 
前に一緒に出演させてもらった梶原君がギターで参加ということで、これまではボーカルの女子と二人で活動していたところ、お店の紹介で今回ドラム・ベースが参加してバンドになったそうです。
梶原君のギター伴奏もボーカルを引き立てる的を得た演奏で「さすが解ってるな!」って感じです。
ドラムも歌モノをよく解っているドラミングで、歌の邪魔をせず締めるところを締めるので展開が判りやすいので、ベース女子も楽に弾けているような雰囲気でタイトなリズムで好印象です。
ボーカルも押しの強い良く伸びる歌声で、梶原君のギターに安心感があるからか不安なく唄っている感じが好印象。
これからが更に楽しみなバンドですね。


4番手は立川玄さん。
立川玄
いや~ビックリしたな~。京都にこんな人がいたとは・・・
全てオリジナル曲でしたが、どれも完成度が高い上に、ファルセットを多用した歌唱法もなかなかいないタイプ。
アル・グリーンのスウィートソウルを彷彿とさせます。
リズムのあるブルージーな曲はラップも混ぜながらダンス・ミュージック的な構成で、歌詞の内容は社会問題を抉るようなイタイ部分を突いてきます。
バラードは叙情的なフォークソングっぽい曲ですけど、歌唱法が独特なためか違和感無くステージのアクセントになっています。
素晴らしいので思わずCDを買ってしまいましたよ。


5番手がVingt Cinqさん。
Vingt Cinq
ちょっとホスト的なルックスですがどうなんでしょう。
ここは黒山の直前だったので生では1曲しか聴けませんでしたが、楽屋で聞いていると歌い上げるタイプで布施明のような感じ。
じっくり聴けなかったのでコメントは控えますが、ひとつ言えるのはギター1本の伴奏で1ステージ支えるのは大変なのに頑張っていましたね。



そして最後に黒山。
ということで、今回はクリスマスに華を添えるということでKaoruさんに参加して頂きました。
が、いつものように写真は無し。

Please come home Christmas
気絶するほど悩ましい
Ill be there
Me And Bobby McGee
Dont let me be misunderstood
Be Bap a Lula

の6曲に、最後のステージということでアンコールを頂いたので、いつものコーヒールンバでお開き。


いや~今回はホント多彩な演奏でレベルも相当高くて楽しめましたね~。
また何処かでお会いしましょう。
来て頂いた皆さん、本当にありがとうございました。









オスプレイ飛行再開

これは誰でも怒りまっせ・・・




ローレンス・ニコルソン四軍調整官「東京側と協議した結果・・・・われわれは戻ってきた。」
ローレンス・ニコルソン

国会議員団が沖縄防衛局長と日時を約束して訪れたら・・・・
中嶋浩一郎 沖縄防衛局中嶋局長が留守だったことで・・・

「ウチナンチュを馬鹿にして・・・・あんた方が如何に不誠実か隠そうにも隠せないんだよ。」

稲田防衛大臣「(Q:1週間経たないうちでの飛行再開となったことについては?)・・・(答えず立ち去る)」

琉球朝日放送 12月19日





もんじゅ廃炉

ま~た金をむしり取られるんでしょうか?

今度はフランスに・・・



山崎雅弘氏ツイッターより一部引用

高速増殖炉「もんじゅ」について、政府は今月中に廃炉を正式決定しますが、その一方で、技術的にもんじゅを廃炉にするめどは全く立っていないことが分かりました(テレビ朝日)https://t.co/0MFrU3Ypdo

「政府は廃炉に向けた研究拠点を福井県内に作るとしていますが、廃炉にする方策がないため、研究せざるを得ない実態が浮かび上がります」
「廃炉には巨額の税金が投入される見込みですが、政府は費用の見積もりを公表していません」

ここまで馬鹿げていると、もう笑うしかないように思えるが、後の世代の重い負担や生活破壊の危険という「罪の重さ」を考えると笑えない。
「廃炉にする方策がない」と簡単に書いているが、高速増殖炉で事故が起きれば、被害のレベルは原子力発電所の比ではない。
日本の中心に位置する福井でそれが起きれば、日本は物理的に滅亡する可能性が高い。

もんじゅは、後のことを考えず当座の利益のみを追求する日本の原子力政策の象徴的存在だろう。

「もんじゅ」の投入費一兆円、という数字は、単にお金が大気に蒸発したことを意味せず、一兆円の一部を受け取った人間があちこちに存在することを示している。
この期に及んでもなお利権に執着する地元や業界、政界の動きを見ると、重度の麻薬中毒患者なのかと思う。

得られる快感だけしか目に入らない。

ガイチ氏ツイッターより一部引用

で、もんじゅやめて次に何やるかというと仏と「アストリッド」という高速炉の共同研究に入るんですな、予定では。

ところがここの運営主体であるフランス電力と設計担当のアレバは経営破綻寸前で、兆単位の開発費用は日本が全額負担するかって話になっている。
どう転んでも最悪の結末しか見えてこないわな


創価学会の現在

 東京都議会では公明党と自民党が分裂して今後国政に与える影響が大きいのではないかとの予測がありますが、公明党の支持母体としての創価学会の内部でも組織が大きく揺れているようですね。





 僕の知っている創価学会の人は真面目ないい人が多いのですが、このIWJインタビューを観ると、そういういい人に限って、また池田大作氏の教えを信じる人ほど現在の創価学会のあり方や公明党との関係について、現状とのギャップに悩んでいるようですね。


いとうせいこうもベタ褒め

先日私も観てきた映画「この世界の片隅に」の評判がうなぎのぼりに上がっているみたいで、上映館もドンドン増えているそうですね。

大竹まことのゴールデンラジオでのいとうせいこうもベタ褒めです。

漫画も読んでみたくなりました。



美しい国 日本

沖縄では日本人が「土人」と言われ、飛行機が墜落しても「感謝しろ」と言われる。

日本人が言われているんです。




米軍高官「被害与えず、感謝されるべき」 沖縄副知事に
http://www.asahi.com/articles/ASJDG547DJDGTPOB008.html?iref=comtop_8_02

 沖縄県名護市沖に米軍輸送機オスプレイが不時着して大破した事故で、沖縄県の安慶田(あげだ)光男副知事は14日、在沖米海兵隊トップのニコルソン四軍調整官に対し抗議した。

安慶田副知事によると、ニコルソン氏は「パイロットは住宅、住民に被害を与えなかった。感謝されるべきだ」と抗議に不満を示したという。

 安慶田副知事によると、オスプレイの飛行停止と配備撤回を求める抗議文をニコルソン氏に手渡し、抗議したが、ニコルソン氏はかなり興奮した様子で「(事故を)政治問題にするのか」と言ったという。

安慶田副知事は「県民はオスプレイの配備も訓練も認めていない」と述べたが、ニコルソン氏は最後まで怒りが収まらない様子だったという。

 安慶田副知事は面会後、報道陣に「謝罪は全くなかった。本当に植民地意識丸出しだなと感じた」と述べた。


このネコを見かけたら。

近所に貼ってありました。

探しています

心配しているんですね。


観てきました。 映画「この世界の片隅に」

 イオンモール桂川で「この世界の片隅に」を観てきました。

この世界の片隅に

 「あまちゃん」の能年怜奈が主人公の声優をしていることも話題になっているそうですが、僕の場合は原作が以前に読んだ漫画 「夕凪の町 桜の国」 の作者こうの史代さんと知って観にいくことにしました。

 この映画、一部著名人の間で評判になっているらしいんですけど、戦時中に呉で過ごした女性の話だという以外には何も知らずに観てきました。

この映画は傑作ですね。

 リアリティのある描写からファンタジィ的な表現までアニメであることを生かした手法もさることながら、「お前だけは普通でおってくれ。」と言い残して出生していった軍人の言葉が示すように、普通の生活が異常な事態に飲み込まれていった当時の狂った社会状況をさりげなく、しかも抉るように描いています。

 主人公の送る普通の暮らしに突然暴力が雪崩れ込んでくる唐突さに、戦中の作家の「頭の上に爆弾が降ってくるまで日本人の多くは戦争とはどういうものかという実態に気がつかなかった。」という言葉を思い出しました。

 気付こうとすれば気付いていたハズでも、あえて気付こうとしない国民性があるのかな?気付いても「お上には逆らえない。」という考えが支配しているのかも・・・

 難しいことはともかく、僕たちの世代でもそれと判る懐かしい昭和の風物も存分に描かれていて、アニメといえども絵も素晴らしいし音響もよく考えられているようで2時間があっという間でした。

お時間あれば是非お勧めします。


宗教国家 日本

やっとテレビで日本会議のことが取り上げられたようです。


憲法改正と「日本会議」 投稿者 tvpicup2016



なんかオウム真理教みたいな・・・

誰も傍聴席にいない地方議会が狙われているんですね。

日本会議


しかし、公明党の石井啓一国土交通大臣一人を除いて全員が日本会議か神道政治連盟に所属しているとは・・・


シルバーウイングス 11.25

 11.25のシルバーウイングスは4組の出演でしたが、黒山以外は皆さんピンの弾き語りで他府県からの出張ということで演奏レベルが高かったですね~。

順番は

黒山
山田三太
田中眞紀子
やまよし


黒山は今回

More than I can say
君恋し
Every time you go away
気絶するほど悩ましい
Gentle rain
コーヒールンバ

の6曲でした。

今回は私が大変失敗をしまして、「ジェントル・レイン」と「あの日に帰りたい」を同じ松任谷由美の曲ということで完全に取り違えていて、曲が始まってからもしばらく何の曲をやっているのかわからないという状況で、Guppyさんほか関係者の皆さんには大変ご迷惑をお掛けしてスミマセンでした。
ま、それ以外はリラックスして演奏できたので概ねヨシとしておきましょう。


山田三太さんは僕たちの演奏の直後ということで余裕が無くて写真がありませんが、普段はロックバンドでの活動をされているそうで、弾き語りでも日本語ロックの雰囲気が濃厚です。またバンドでの演奏も楽しみですね。


田中眞紀子さんは東京からの参戦。
MCはその辺の普通のオバチャンみたいな感じなんですが、演奏が始まった途端・・・いや~ピアノも上手いし歌も素晴らしい。
ビックリしました。こんな人いるんですね~!
田中マキコ

演奏後もお茶を飲んでいて淡々と過ごして居られましたが、思わずCDを買ってお話をしてしまいました。
田中マキコ (2)

「ジャケットの写真とえらい違うやないか。」と言われるそうですが、20年ほど前の写真だそうですので・・・そこはひとつ。
2/24にはパーカーハウスロールでワンマンをされるそうですので可能なら観にいこうかな?


やまよしさんはニューミュージック系とでもいうんでしょうか。
やまよし

こんなこと言うとアレですが・・・メチャメチャ良い声で、声だけ聞いていると物凄いイケメンっぽい感じです。
こんな声で歌えたらな~とあこがれますね。曲もキャッチーな感じで売れていてもおかしくない。


今回は皆さん相当に演奏レベルが高く、黒山にご来場頂いた皆さんも最後まで残っておられ楽しめたのではないでしょうか?
僕も刺激を受けて、まだまだ精進しなければと改めて感じさせられました。





クリスマスは黒山と

12月25日は堀川丸太町のアフタービートにて黒山の出演予定です。

今年最後の黒山の演奏となりますので、お時間あれば是非お越しください。

20161225.jpg


障がいを持つ息子へ  神戸金史

障がいを持つ子供の父親が、相模原の障がい者殺戮事件を受けて書いた詩が共感を呼んでいるそうです。

大竹まこと
「社会は共存共栄していくっていうのは人間が知性を持って生まれたことの証ですよね。」
「本音ばっかり喋っていたらどんどん世界を狭くしていく世界を小さくしていくと、私もようやくこの年になって思うんですけども。」

大竹まことゴールデンラジオ 11.22
大竹メインディッシュ  神戸金史



京都ベジフェス 2016

 ベジタリアンではありませんが、梅小路公園で開催されたベジタリアン・フェスティバルに行ってきました。
あいにくの時雨空でしたが会場は大勢の来場者で混雑していて、大した雨でもなくわずかにパラついた程度で直ぐにあがったので助かりました。

スープやカレー、焼き鳥風のつくねにピザと様々な料理が並んでいます。
玄米、無農薬、雑穀、グルテンフリー、マクロビ、がんも、オーガニック等、それらしい言葉があふれていますね。

最近ではチーズまで植物性のモノが開発されているようで、とてもベジフードとは思えないような料理も沢山あります。


ベジフェス 2016 (2)

ベジフェス 2016 (1) ベジフェス 2016 (4)

ベジフェス 2016 (5) ベジフェス 2016 (3)

ベジフェス 2016 (6) ベジフェス 2016 (7)

ベジフェス 2016 (8) ベジフェス 2016 (10)

ベジフェス 2016 (9) ベジフェス 2016 (11)

ベジフェス 2016 (12) ベジフェス 2016 (14)

ベジフェス 2016 (13) ベジフェス 2016 (15)

ベジフェス 2016 (16) ベジフェス 2016 (18)

ベジフェス 2016 (19) ベジフェス 2016 (17)

ベジフェス 2016 (20) ベジフェス 2016 (21)

ベジフェス 2016 (22) ベジフェス 2016 (23)

ベジフェス 2016 (25) ベジフェス 2016 (24)






ベテランズ・フォー・ピース in 沖縄

 紛争を解決するために・・・・・
と南スーダンに向けて出発した自衛隊。

 (1)日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇、又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

 (2)前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

言い掛りみたいな変な解釈しないで普通に読もうよ。

それに、戦地に派遣される兵士たちは「紛争解決のため・・・」と思い込んでも・・・・

派遣する方は「紛争を解決しよう。」とは露ほども考えていないんですよね。



テレメンタリー2016
「テロリストは僕だった~基地建設反対に立ち上がる元米兵~」 11.20



テロリストは僕だった~基地建設反対に立ち上がる... 投稿者 tvpicup2016

悪いことが起こりませんように。

私の家族や親戚に自衛隊員はいませんが・・・・
高田渡が「自衛隊へ入ろう」と唄ったあの日から何十年か経ったこの日。




「奥さんは耐え切れずにハンカチで涙を拭き、家族3人が抱き合った」
ついに自衛隊が「駆けつけ警護」の新任務を負って南スーダンへ 隊員たちの生命は守られるのか――!?
IWJ 2016.11.20

一部引用

外川さん
「8時15分に空港国際線到着口に着いた頃には、自衛隊員の家族が花道を作っていました。隊員が乗ったバスが到着するたびに家族に近寄り、抱き合ったり、手を握り合ったり最後の言葉を交し合っていました。

子供は、お父さんの顔をずーっと見て、両手を広げて抱っこしてくれとねだる…。
隊員のお父さんは、思わず抱きかかえて顔をすり寄せる…。
奥さんは、耐え切れずにハンカチで涙を拭き、家族3人が抱き合う…。
お爺ちゃんとお婆ちゃんは、涙を拭いてそれを見守った…。
 
そんなシーンを思い出すと、涙があふれてきます」

 愛する家族は、南スーダンで弾丸に倒れないとも分からない――。戦地に見送る家族の心境は、想像に余りある。


涙して抱き合い分かれを惜しむ家族…

これは戦時中の出来事ではなく、2016年の出来事!


赤山禅院

 先日の桂離宮の紅葉がいい感じだったので、近所のオバチャンに聞いていた赤山禅院を観ようと、自転車で今宮神社から北山通りを通って松ヶ崎~修学院へ向かい、赤山禅院を見た後で修学院離宮の下見に入口の前まで行ってみました。

赤山禅院 (1) 

赤山禅院 (30)

赤山禅院 (2) 赤山禅院 (3)

赤山禅院 (28) 

赤山禅院 (4)

赤山禅院 (5) 赤山禅院 (6)

赤山禅院 (27)

赤山禅院 (7) 赤山禅院 (8)

赤山禅院 (9) 赤山禅院 (10)

赤山禅院 (13)

赤山禅院 (15) 赤山禅院 (12)

赤山禅院 (16) 赤山禅院 (24)

赤山禅院 (21) 赤山禅院 (14)

赤山禅院 (22)

赤山禅院 (23)

赤山禅院 (25) 赤山禅院 (19)

赤山禅院 (18) 赤山禅院 (20)

赤山禅院 (17) 赤山禅院 (26)

赤山禅院 (31)


びっくり箸

 お箸をもう一膳ほしいなと思っていたところ、今日北大路ビブレを通ったら木工製品を売っていて「びっくり箸」という看板がありました。

塗り箸で有名な福井県製です。
「びっくり箸、って何をまた大袈裟な・・・」と思いつつも手にとってみましたが特に違いが解りません。

びっくり箸

横を見ると普通のすべり止め付の箸とびっくり箸が並べて置いてあり、間にお椀に水を入れて中にはコンニャクがあります。
試しにつまみ比べてみてくださいということで、チョットつまんでみるとこれがもうビックリ!

すべり止め付の箸ではツルツル滑って全くつまめないコンニャクが、びっくり箸で軽くつまんだだけで吸い付くようにつまめます。
ほんとにビックリするほどつまめます。

大人用の長いほうが1300円弱と少し高めですが、箸の使い方が下手なのでこれは助かります。
早速一膳買ってきました。

これは重宝しそうです。


桂離宮に行ってきました。

 これまで一度も行ったことないので、時間があるこの機会に行ってみようと思い立って、先日御所の宮内庁京都事務所で尋ねたところ「紅葉の季節は3ヶ月前に抽選で満員です。」とのこと。
「都度キャンセルを確認するか、現地には当日分が60名分あるので早めに行って並んでみては・・・」というので、今日行ってみることに。
11時受付開始のところ8時に自宅を出て8時45分に桂離宮に着いたときには既に4~5人が並んでいました。
1人が4名分まで確保できるそうで、つまりその時点で20人分くらいは押さえられているということです。
10時過ぎにはもう無くなっていました。

13時30分、14時30分、15時30分の見学時間のうち13時30分からの時間帯が取れたので、それまでに桂駅付近で食事を済ませてから再び受付まで戻って先ほど貰った見学許可証と身分証明の運転免許証を提示して入宮。
案内のおじさんの説明を聞きながら1時間の見学です。

 いや~嵐山の大河内山荘も素晴らしかったけど、さすがに皇室は次元が違いますね。
どこから観ても遠景と近景が重なって見えて絵になります。

写真を沢山撮ったので載せておきます。


DSCN7920.jpg 

DSCN7937.jpg DSCN7935.jpg 

DSCN7936.jpg

DSCN7946.jpg

DSCN7956.jpg

DSCN7949.jpg DSCN7952.jpg

DSCN7957.jpg DSCN7964.jpg

DSCN7972.jpg

DSCN7969.jpg DSCN7986.jpg

DSCN7982.jpg DSCN7989.jpg

DSCN7988.jpg DSCN7996_20161116220909518.jpg

DSCN8010.jpg

DSCN8007.jpg DSCN8011.jpg

DSCN8016_2016111700145388e.jpg

DSCN8021.jpg DSCN8025.jpg

DSCN8029.jpg

DSCN8041.jpg DSCN8035.jpg

DSCN8033.jpg

DSCN8042.jpg DSCN8048.jpg

DSCN8044.jpg DSCN8045.jpg

DSCN8052.jpg 

DSCN8060.jpg DSCN8054.jpg

DSCN8058.jpg DSCN8062.jpg

DSCN8068_20161117100040297.jpg

DSCN8070.jpg DSCN8079.jpg 

 DSCN8073_20161117024853814.jpg DSCN8080.jpg


人目に触れない留置所の一角で・・・・って。

これ、スーパーJチャンネルっていうんですか?

しかし、警察側の説明は到底・・・・

取り調べ中に暴行され死亡か ほぼ全身に“内出血”(2016/11/15 16:58)


http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000087836.html



黒山、11月活動予定。

またまた演奏の日程が近づいて参りました。

黒山 in Silver Wings

これでもう3回目になるシルバーウィングスですが、いつも良い音を作ってくれます。
祇園なのでさすがに交通の便は良いですね。

お時間あれば是非覗いてみてください。


20161125黒山Sil


ラビット黒

Author:ラビット黒
いつも来てくれてありがとうございます。

疲れ気味の年代です。
毎日嫌なことが多いですね。
忘れることも必要です。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR